学業とお店を両立してきた23歳の学生店長が入社してから、わずか9か月で独立できたサブライムの秘密とは。

――23歳、サブライムに入社してからわずか9か月。

ちょうど明日2月1日(木)からの独立が決まっている、まさに準備真っ只中で忙しいはずの古川さんを新宿まで呼び出して

「そもそもなんで学生で店長をしていたのか?」「15キロ痩せた理由」「なぜ入社から9か月で独立できたのか」「社長になりたかったワケ」など、アレコレずけずけと聞いてみました!すいません!

それでは早速、いってみましょう~~

――本日はよろしくお願いします! いきなりですが、「小さい頃から社長になりたかった」と聞いたのですが、それは何でなんですか??

いきなりですね(笑) 実は、小さい頃に父が自営業をしていたんですが、僕が小学生の時に一度失敗してしまって。その頃はサイズの合わない小さい上履きをずっと履き続けていたぐらい貧乏でした。(笑)
そのこともあって、「お金持ちになりたい、社長になりたい」ということは漠然と考えてたんですが、将来やりたいことは明確に決まっていなくて。
周りからのアドバイスもあり、生涯身になる資格を取得しようと思い、消防士になるための救急救命士コースがある大学に進学しました。

――そうだったんですね…!そこからまったく違う飲食の世界に飛び込む事になったきっかけは何だったんですか??

大学生の時は飲み歩いていることが多かったんですけど、何人かの飲食店のオーナーさんと仲良くなり、「飲食オーナーって稼げるんだ…」ということを知りました。(笑)
飲食自体は稼げるイメージが無かったので、とても意外でしたね。

――(笑) それでそのまま独立を目指したんですか??

実は転機は別にあるんですけど、学生時代に居酒屋でアルバイトしていたんですが、近くに競合の居酒屋があって、そこの呼び込みをしていた店長と仲良くなりました。
その方が働いていた会社が、自社内にグループ会社を作り、FCとして子会社の社長を作っていく仕組みがあると聞いて、自分も社長になりたいと思ったのがきっかけですね。

――アルバイトしてたお店じゃなくて、近くの居酒屋の店長?!(笑)

そうなんです。(笑) すごく息が合って、いろいろと話をするうちに、「うちで店長をやらないか?本気でやるなら環境は作るよ」と声を掛けてもらって。
そこで、チャレンジしてみようと思い、最初はアルバイトで入り、翌月には社員として店長になっていました。

―― スピード感がサブライム並み! それで学生店長が誕生したんですね!実際やってみて、どうでした?

たとえば、金曜日は営業時間が、仕込みを始める11時から朝5時までぶっ通しでした。
夢中になり過ぎてしまい、食事も食べず営業していたので、体重が15キロ落ちましたね。(笑)

――15キロ?!皮と骨だけになってしまう…(恐怖) でも、そのぐらい飲食の楽しさにめり込んでたってことですね!

そうですね(笑) ひたすら毎日仕事が面白かったですし、「やっぱり仕事にするならコレだな」とその時に感じました。

――ところで当時まだ学生だったかと思うんですが、そんなに働いていて、学業との両立は大丈夫だったんですか??

4年生の時は、前期はほぼ学校に行かず働いていたので単位が取れていなくて、後期は20単位も残ってる状態だったので、秋からは学業優先にしてしっかり単位を取って卒業しました。(笑)

――安心しました!(笑) 卒業後はそのまま、その会社に入社したんですか?

声を掛けて頂いた当時の店長が子会社の社長になっていたので、その会社に入社して、1年間働いていました。
でも、親会社の方針で一部上場するために子会社をなくしていくことになって。
このままだとこの会社で独立することは難しいと判断したので、退職することにしました。

――なるほど。 そこから、サブライムを知ったきっかけって何だったんでしょうか?

きっかけは、ステーキけんを経営する井戸さんのメルマガでした。
その中に、経営者を紹介する記事があり、サブライムから独立して、約50店舗を展開している(株)StyLeの石川さんが出てたんです。
"一年以内に独立したい"とは考えていたんですが、実際にお金も知識もないし、どうしようと思っていたのもあって。ホームページを調べて、独立支援制度やサポートも充実してることを知り、すぐに応募しました。

――ちなみに、飲食で独立したいという夢は、一度自営業を経験されているお父さまには反対されなかったですか??

父はお前がやりたいことなら、と応援してくれましたし、自分の経験を活かして、こういう数字を勉強すると良い等のアドバイスもくれて、後押ししてくれました。

――すてきなお父さま…! 実際に他社さんで店長を経験してからの入社でしたが、サブライムに入ってから勉強になったところはありましたか??

まず最初に、新宿の教育旗艦店舗(現在は新橋)で2週間の研修をしてもらったんですが、研修では座学を受けながら、店舗で接客を学び、様々なアドバイスを頂きました。
正直、研修はいらないと思っていたんですが、PDCAやタスクブレイクのやり方など、座学研修での考え方等は特にとても勉強になりましたし、今も日々意識しています。

――9か月での独立はサブライムの中でもかなり早い方ですが、独立が決まるまでの道のりはスムーズだったんでしょうか?

昨年8月までは、北の家族平和島店のホール社員として働いていたのですが、店長では無かったので「店長として売上を上げる力、コスト管理が出来ていることが証明出来ていない」と、人事考課に落ちてしまって。
店長として売上向上させること、コスト管理が出来ることを証明する為にも、少し後にエビス下丸子店の店長が空いていると聞いたので、すぐにやらせてくださいと直訴しました。

その後は、売り上げを上げるためにどうしたらいいか、客数を上げる為にランチの時間もお店を開けて営業してみたり、休みの日にもひたすらPLを見たり、利益を上げるために試行錯誤しましたね。そして、12月に人事考課をクリアして、そのあとチャレンジした独立面談でもOKをもらってホッとしました。

――そうだったんですね。 独立目指して入社した古川さんにとって、サブライムのここが良かったと思うところはありますか?

そうですね、何より独立したいという熱い想いを持った人が多いですし、同じ時期に入社した同期にも独立志望のメンバーが2人いて、お互いに切磋琢磨したりと、常にいい刺激がありました。
通常だと店長が参加しない会議でも、手を挙げれば参加することが出来たり、独立に向けた勉強会やサポートも手厚いです。
何より独立制度も充実してますし、0円独立や既存店舗の委託、子会社の社長など多くの選択肢から自分に合ったものを選ぶことができるので、独立したい人には本当にいい環境だと思います。

悩んだ時にすぐ相談できる人がいたり、自分が知らないことをすぐ聞ける環境ですし、きちんと教えてくれるのも有難かったですね。
あとは、実際に社長や副社長にもトークノートで話を聞いて頂けたり、会食を開いて頂いたりと他社ではあり得ないほどの距離の近さで、改めて風通しの良い会社だと思ってます。

――では、最後に古川さんが将来的にこうなりたい、という目標を聞かせてください!

まずは、自分の中で勝てるやり方を見つけ出し、そして30歳までに100店舗を展開したいと思っています。居酒屋、イタリアン、焼肉から高級業態まで色んな業態をやりたいですね。
あとは、サブライムのビジョンと似ていて少し言いづらいんですけど笑、僕も将来的に、旅館をやりたいと思っていて。真似したわけではなく、幼少期にどこかに泊まるのって凄く楽しかった記憶があって、飲食で会社が安定してから、そういった空間も作りたいと考えています。

他には様々な人が働けて輝ける環境を作りたいので、僕が憧れたように子会社の社長になれる、とか独立できる制度だったり、夢を与えられるような会社を作っていけたらいいですね。

ですが、まだスタートラインに立てたばかりなので、これからたくさん吸収して、成長していこうと思います!

――古川さん、お忙しいところありがとうございました!☆

サブライムでは、独立制度が充実している他、未経験からの独立が8割、在籍期間は最短半年~平均2年未満とスピードも早く、頑張った分だけ早く夢を叶えることができます。

夢や目標を実現したい方も、ちょっとやってみたいと思った方も。
独立したいという熱い想いを持っている方、サブライムでチャレンジしてみませんか?

ぜひお待ちしております!

株式会社subLime's job postings
Anonymous
Anonymous
Picture?height=40&width=40
07b862ea 2372 4c24 944a ee17aa660cd7?1551095415
7f8d75cf 7532 45c6 8286 5b97677f1fed?1550547794
Picture?height=40&width=40
12 Likes
Anonymous
Anonymous
Picture?height=40&width=40
07b862ea 2372 4c24 944a ee17aa660cd7?1551095415
7f8d75cf 7532 45c6 8286 5b97677f1fed?1550547794
Picture?height=40&width=40
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon