2026年の島事業に向けて始動!「古民家リノベーションホテル」の工事進捗状況!!


こんにちは~!そしてはじめまして、株式会社subLime広報担当の田中です!

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ春の訪れを感じますね🌸


サブライムでは代表花光の夢でもある、リゾートアイランドを2026年までに作るための第一歩となる新たな試み。
「古民家リノベーション事業」を本格的にスタートいたします!!


そこで2019年春、オープン予定の「古民家リノベーションホテル」の工事進捗状況をご紹介していきたいと思います~♪


サブライムでは、初となる「宿泊事業」への参入!!!


その第1弾目となる、古民家リノベーションホテルの場所はというと、

本州最南端の海街、和歌山県串本町(くしもとちょう)

太平洋に突き出すように位置するこの街は、海と太陽に愛される風光明媚な歴史のある街です!

そんな街に点在する古民家をリノベーションし、ホテル、レストラン、カフェなどを作り上げていきます。街全体がホテルレストランというコンセプト!

2019年春に2棟3室、その後2年ほどかけて15~20棟に広げていく予定です☆

この春のオープンに向けて、まずは2棟同時に工事を進めております。

そこで今回は、1棟目をメインにご紹介いたします!


ーーー 1棟目『 稲村亭 』


1棟目のホテル名は ”いなむらてい” ではなく ”とうそんてい” と読みます(^_^)/ 

和歌山県JR串本駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

『稲村亭』の入り口部分・外観の様子です。こちら正面から入るとレストランスペースがあり、右手にある小道を進むと客室となる入口があります^^


築約140年となる『 稲村亭 』


※稲村亭は明治初期に串本に住んでいた資産家・神田直堯(なおたか)氏が建てた邸宅(棟上げは1874年)です。海岸に漂着した1本のスギの大木から奥座敷2間(8畳と10畳)の柱や壁、障子の桟や衝立などの小型の家具までを造り、その大木が” 稲村崎 ”の海岸に流れ着いたことから” 稲村亭 ”と名前づけられたそうです。なお、スギの流木は、その昔大飢饉や自然災害で地域の人々が食糧難に見舞われたとき、神田家から人々へ米を無償で提供し、飢饉を救ったその恩返しとして地元の漁師が神田家へ贈ったものです。明治時代にあった人と人が取り結んだ心の交流から、稲村亭が建てられたというストーリーがあります^^


稲村亭は、2018年4月頃に着工し、ほぼほぼ完成に近づいてきている状況です!

築約140年という歴史的建造物を再生、そして活用。

当時のままの状態を残すように、建物が最も輝いた時代に戻すように

と思いを込めて。

利用された方々が、古き良き日本の家屋で、のんびり過ごすことで心と体が休まるような空間になるようにと完成に向けて改修・再生を進めています!

なので改修工事は、屋根や壁を壊しながら柱と梁を外していき、外した材木が使えるかの傷み具合の点検や実際に使えるかの判断をしながら取り掛かっています。

木の温かみを感じることができるレストランのカウンター。
一枚板を使用し、紀州備長炭を囲うように作られており、今朝獲れの鮮魚を原始焼きで焼き上げるのを目の前で楽しんで頂けます。
(まだ未完成なのでイメージしにくかったらすみません!乞うご期待・・・!)


古き良き、風情ある縁側。この先には日本庭園があり、夜になるとライトアップされるなどなんとも幻想的な空間が楽しめます。日本や歴史、趣を感じられる瞬間です。
(なんだか懐かしい気持ちになりますよね。ほっこり。)



お昼間の庭園の風景。
こちらはレストランスペースから覗くことができるようになっており、縁側の奥に佇む日本庭園を眺めながらお食事をお楽しみいただけます^^


こちらはまだ未完成な状態ですが、ホテルの名物でもある内風呂と露天風呂だけのために作られた離れのお部屋です。稲村亭は客室1室のため1日1組限定。

メインのお部屋から、歩いて1分もかからない離れの空間。

ここでは極上のプライベート空間を堪能でき、のんびりと優雅に過ごすことができます。

お風呂の後は、冷えたシャンパンを飲みながら贅沢な時間を過ごせるようなサービスも☆


露天風呂からは、しだれ桜と梅の木を眺めることができるので、季節により多様な趣が楽しめます。

今の時期は、梅の花が徐々に顔を出し、春の訪れを感じさせてくれます(´▽`*)


このような感じで、1棟目の『稲村亭』は完成間近というような状況です!!


続きまして、


ーーー 2棟目 『 園部邸 』


2棟目のホテル名は” そのべてい ”です!

入口から味のある雰囲気。2棟目は、客室2部屋でのご用意。


築約100年となる『 園部邸 』


2棟目は2018年の9月頃に着工し、完成に向けて着々と工事が進んでおります!

改修中の様子。今は2棟目の解体は終わりました!


実は1棟目と2棟目は、歩いて3分程で行ける距離にあるんです!

冒頭でもお伝えしましたが、「街全体がホテル」というコンセプト。

2棟目で新たに作るレセプションスペースでは、今後、街全体に作る全ての宿の鍵をこちらでお渡しします。
ただ宿泊するだけではなく串本の「1日まちビト」として街に溶け込み、少しでも串本を知り、
体験していただきたいという想いを込めて、串本の街を探索ながら歩いていただきます!

(私も実際に探索しましたが、大きな網元のお屋敷や、古い蔵、煉瓦造りの建物、レトロなお店など古い街並みを楽しむことができ、狭隘な道には大正や昭和の歴史を感じさせられる風情が漂っていました!)

串本の街並み、歩いているだけで昭和にタイムスリップしたかのような体験ができます^^




外枠は大分できてきました!


さてさて、2棟目はまだまだ工事中なので短いですがそろそろこの辺で・・・


今回は、1棟目をメインで串本古民家リノベーションホテルの工事進捗状況をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか~~?!


これからまた工事進捗状況や、新たなテーマでも串本・古民家リノベーションホテルの発信をしていきたいと思います!(また見ていただけると嬉しいです('◇')ゞ)


初の古民家リノベーションの様子について、最後までご覧いただきありがとうございました☆


それでは、また次の投稿でお会いしましょう~!!

株式会社subLime's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
28576404 1358018580971477 4100672239773417472 n
Anonymous
11 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
28576404 1358018580971477 4100672239773417472 n
Anonymous
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon