This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

#1【スタートアップで働く女性たち】 仕事を通して強くなる。3ミニッツ女帝の働くモチベーションとは?

3ミニッツのインタビュー連載【スタートアップで働く女性たち】 第一回はエージェント事業部 / プロデューサーとして活躍する村越のインタビューです!社内外から絶大な信頼を誇る彼女に、これまでのキャリアと現在の3ミニッツでの仕事について伺いました。

<プロフィール> 村越清香(SAYAKA MURAKOSHI) エージェント事業部 / プロデューサー 北海道出身。高校卒業後、18歳で上京。働きながらミュージカル活動と仕事を両立する。その後、ウエディングプランナー・ラジオ局・広告代理店等の職を経験し、2015年4月に3ミニッツに入社。現在は、エージェント事業部でタレントやインスタグラマーのキャスティングを担当。

夢と仕事に、がむしゃらな20代前半

18歳で初めて就職した会社は、初任給12万円・平均年齢48歳くらいの職場でした。当時ミュージカルスターを目指していたので、歌やダンスレッスンをしながら家賃も払わなければならず、生活はギリギリ。土日には焼肉屋のアルバイトを掛け持ちして……。石の上にも3年ということで、そんな生活を3年続けました。その後は焼肉屋のアルバイトを続けつつ、飲食店のオープニング、美容院のレセプション、地元で1ヶ月間ウグイス嬢、スタイリストアシスタントなど、とにかく目の前のことに挑戦しながら色々な経験を重ねましたね。

仕事の繋がりからプライベートでも友達が増え、上京当初は知り合いもいませんでしたが、いつのまにか「顔の広い人」へ。当時の出会いが現在になって仕事に結びつくこともあります。そんなに色々な人と出会っていると良いこともあれば悪いこともあるのでは?と思うかもしれませんが、不思議と嫌な思い出はないんです。苦手な人がいても「自分はそうならないように気をつけよう。」と気持ちを前向きにシフトできていたからかも。自分の周りに喜んでくれる人が一人でもいれば嬉しいと思うので、そのスタンスが結果的に現在に繋がっているのだと思います。

導かれるように見つけた「束ねる仕事」

そして27歳のときに、ウエディングプランナーの仕事に出会いました。自分は何がしたいのか考えた時に、友人にドレスプランナーやヘアメイクなど個人で活躍している人が多かったので、彼女たちを「束ねたい!」と思ったことがきっかけです。学校には行かず現場で学ぶという主義で、2年ほど働きました。このときに多くの現場をプロデュースして人の喜びに触れられたことは大きかったです。プライベートでも友人のベビーシャワーをプロデュースするようになり、人が喜んでくれることが好きなのだと実感。それに人を束ねた経験は、現在のキャスティング業務にも役立っています。

その後は、TBSラジオの営業局にて系列局とのCM素材やりとりを担当したり、ラジオCMの校正をしたりと細かい業務にも従事しました。現在の仕事では広告案件に関わることが多いのですが、この時の経験のおかげで、例えば、文字ひとつでも相手のことを考えて裏方として指示できるようになりましたね。

人が喜んでくれることがモチベーション

3ミニッツに入社したきっかけは、15年来の親友でもあるCOO細川の紹介です。実はフリーター時代に働いていた飲食店で、当時大学生アルバイトだった細川と出会い、それが十数年経った現在に繋がっています。細川には「3ミニッツでの仕事は、絶対に天職だと思う。」と言われました。15年も知り合いなので疑うこともなく「じゃー、いっか!」と思い、当時働いていた広告代理店を辞めて3ミニッツへの入社を決意します。このように、とにかく人に必要とされたり、人が喜んでくれることが大好きな性格。仕事へのやりがいやモチベーションもそこがポイントだったりします。

スタートアップへ転職するということに対しては、特にイメージがなかったということもあり迷いはありませんでした。信頼するCOO細川もいたので。ただ私が入社した当時の3ミニッツは立ち上がり間もない会社。前職を辞める数週間前になっても連絡がなくて若干ヒヤヒヤしました。会社へ行ったら代表の宮地が階段から裸足で降りてきたり(笑)だけどこれまでの経験を踏まえて、個人として生きていく確固たる自信があったので環境に対する不安はありませんでした。自分次第だと思うし、とてもタフだし。だからこそ「今」を楽しんで何事にもチャレンジできているのだと思います。

愛ある指摘が会社の信頼をつくる

現在のメイン業務は、タレントさんやインスタグラマーさんのキャスティングです。さらに今までのありとあらゆる経験を活かして、スタイリストや撮影周りのプロップスタイリング、イベント事業の運営や企画も担当させていただいています。仕事で海外を飛び回ることもしばしば。

基本的には「ヒト対ヒト」の仕事なので、相手の思いを大切にすることを心がけています。各々に今まで築いてきたものがあると思うので、そこを上手く引き出しつつ会社にとってもプラスになるよう良い落としどころを探します。人を扱う仕事なので、自分から先の人(タレントさん)を守るために、ときには社内で戦うことも。だけど、一度ぶつかっても、相手と話す中でしっかり折り合いをつけます。お互いの意見をぶつけられるのは、3ミニッツの良いところ。良いモノを協力してつくりあげるためだし、言いにくいことも愛を持って指摘するのであれば、最終的にはそれが会社の信頼にも繋がると考えています。

またスタートアップは良くも悪くも基準が曖昧な部分がありますよね。みんな忙しいのもわかるけれど、自分たちの時間で生きてしまっているように感じることも。だけど、それで社外からの信頼を無くすのは勿体ない。間違った基準が当たり前にならないよう、若いメンバーには外からの信頼を勝ちとれるよう裏方としてアドバイスすることもあります。自分が相手の気持ちになって考えて、先回りして動けるように。

成長を後押ししてくれる環境

3ミニッツでの仕事の面白さを挙げると、 ・たくさんの人と出会えること ・皆で何か一つのモノを作りあげていけること ・自分の意見やアイデアが採用されるチャンスがたくさんあること ・確かな意志があればチャレンジさせてもらえること ・いろいろな国へ行けること(笑) など本当にたくさんあります。

この環境で私自身も強くなりました(それ以前も強かったですが)。覚悟を持つようにもなりました。部下や若いメンバーたちのために自分がお手本になれるような行動もしないといけない。だけど自分自身もまだまだと思っているので、これからもっと仕事に繋がる「自分の武器」を身につけたいです。語学やファッションなど、説得材料になるものがもっと欲しいですね。

最後に、村越清香にとって仕事とは?

「自分を表現するもののひとつ」です!

※︎そんな3ミニッツの女帝こと村越が一緒に働きたい人は、 「ガッツがある、オシャレが好き、素直である、自分を持っている、そしてポジティブ!」な人とのこと。女帝村越とともに3ミニッツで活躍したい女性Wanted!

https://www.wantedly.com/companies/3minute-inc/projects

(text:Shihomi.K)

株式会社3ミニッツでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Feb0414d 1691 4036 856f f452899795a1
Picture?height=40&width=40
5099ac8c 299b 4f75 a8c9 0bc91508e01d
1e7f7829 703c 4fa4 8d0d 277622448947?1513688655
19 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Feb0414d 1691 4036 856f f452899795a1
Picture?height=40&width=40
5099ac8c 299b 4f75 a8c9 0bc91508e01d
1e7f7829 703c 4fa4 8d0d 277622448947?1513688655
19 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon