Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ビットプロパティーの華、稲村香織さんに迫る

こんにちわ。BTP広報の高坂です。   本日はビットプロパティー社の数少ない華である、稲村 香織さんにインタビューをさせて頂きました!     高坂: 稲村さん、本日はよろしくお願いします。(緊張気味)     はい、よろしくお願いします。あまりインタビュー経験がないので、少し緊張してます。笑     高坂: いえ私もインタビューをする経験(受けた経験もありませんが)がないので、ちょっと緊張しています。いろいろお話を伺いたいので、リラックスして話してください。それでは始めさせていただきます。  

まず、ビットプロパティーに入る前は何をされてたんですか?

メーカーでの貿易事務や営業、ゼネコンでの営業アシスタントなどを経て、前職は3年ほど外資系企業の役員秘書をしていました。とてもグローバルな企業で、働いている方々も多国籍の方が多かったので、毎日とても刺激的でしたね。     高坂: 外資系企業で役員秘書ですか、すごいですね。しかも噂で、稲村さんは韓国語がネイティブ並みに話せると聞きました。まさに才色兼備ですね!憧れます。     ありがとうございます。笑  

そんなザ・出来女の稲村さんだったら今後の選択肢はたくさんあったと思うのですが、設立して間もないベンチャー企業を選んだ理由を教えてください。

何か新しいことにチャレンジたいなと思っていたところに、以前一緒に仕事をしていた先輩から、「一緒に仕事をしよう!」と声をかけていただきました。3年と区切りもよかったですしね。 暗号通貨については全くの素人でしたが、暗号通貨に留まらず「ビットプロパティー」の可能性を感じたのと、設立間もない会社だからこそ色んな職場を経験した自分が役に立てるのではないか、と思ったのが入社を決めたきっかけです。     高坂: なるほど。ブロックチェーン技術を使用していろんなアプリケーションを作ろう!なんて、可能性しか感じませんよね。笑 すごくわかります。  

ビットプロパティーで担当しているお仕事について教えて下さい。

営業アシスタントやカスタマーサポート業務がメインですが、総務や庶務、社長の秘書的な部分も含み、結構幅広く担当しています。 小さなことから大きなことまで、やったことのない業務ばかりで、トラブルも少ないわけではないですが、ここに来なければ出会えなかった濃いキャラクターのメンバー達とワイワイ仕事するのはすごく楽しいです。     高坂: このワイワイガヤガヤのドタバタ感ってベンチャーの醍醐味でもありますよね。笑 自分の領域を超えて仕事ができるのは学びも多いですし、自分のキャパシティを広げることができるチャンスですね。  

稲村さんがビットプロパティーで達成感を感じる時ってどんな時でしょう。

組織として求められている役割を遂行しながら、期待された以上の仕事ができた!と実感した時、達成感を感じます。言い換えると「自己満足」ですね。笑 というのも、これまでの職場はどれだけ頑張っても、どれだけ良い仕事ができた!と自分で実感できても、周囲から満足いく評価を受けれたことがなかったんです。   個人的な今年の目標に「自分の評価を他人に委ねない。自分の評価は自分でする」というのがあるので、自分自身が納得出来るクウォリティーとスピードで仕事をしていますが、今の職場では、それが結果的に「上から、周りからの評価やフィードバック」がダイレクトで届くのでより良い達成感を感じられるようになりました。     高坂: 評価制度の違いや、目標値などの違いは大企業とベンチャーでかなり大きな違いがありますよね。 両方とも、良いところと悪いところがあるので一概には言えませんが、今のワークスタイルが稲村さんに合っていることが分かったので、なんだか嬉しいです。   

スピードが求められると言っていましたが、残業する日も多かったりしますか?

残業は基本的にはないです。 スピードは求められますが、それと同じくらい日々のプライベートも実りのあるものにしなさいとの社風があるので。お言葉に甘えて、早めに仕事が終わった後やオフの時間を使って、趣味の延長で韓国語の先生をしています。   あとはスポーツが好きなので、スカイダイビングやパラグライダー、ヘリコプターなど、空友といつも空を飛ぶチャンスを窺っています。ランチをするためだけに羽田空港へ行っちゃうこともしばしば。笑    あとは、日本酒が好きなので、友人と飲みに出かけたりもしますね。     高坂: オフの時は語学を教えているのですか!文学だけではなく、スポーツもされているなんて、、アクティブで素晴らしいですね! お酒でしたら高坂も嗜むので、今度是非ご一緒させてください。

※インタビューの後、しっかり飲みに行きました。  

向上意識が高い稲村さんですが、今後、さらに挑戦していきたいことは何でしょう。

暗号通貨の基盤技術である「ブロックチェーン」の魅力をもっと多くの人に知っていただきたいです。 そのために、今はバックヤードで後方支援をしていますが、もっと知識をつけて、自分なりにブロックチェーンがもたらす可能性をいろんな方に伝えていければと思います。     高坂: なるほど。バックヤードだから関係ないではなく、自身でも理解を深めていくという前向きな姿勢はとても素敵ですね。皆で一緒に頑張っていきましょう!     では最後に、ビットプロパティーに対して一言お願いします。   社長をはじめ、様々なバックグラウンドで活躍した精鋭達が集まっているので、本当に「愉快な仲間達」感がはんぱないですw 今後とも、大好きな仲間たちと頑張っていけたらと思います。  

香織さん、インタビューありがとうございました! 今後のご活躍を期待しています!

ビットプロパティー株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 いいね!
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon