1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

ボルダリングは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの公式種目にも選ばれ、大変注目が集まるスポーツになりました。 特に日本人はボルダリングに適した体系とも言われ、日本人の選手が世界でも活躍をしており、オリンピックではメダルが期待されています。 若い人にしかできないスポーツかというと、そうではありません。実は、スポーツの中でも生涯ずっとできる「生涯スポーツ」としてシニアの方も楽しめるスポーツです。 高齢化社会が問題となっている日本では、「健康寿命」をどう伸ばすかが課題とされていますが、ボルダリングは楽しみながら全身運動ができることから、今後も需要が伸びると言われています。 私たち「ボルコム」は、年齢や性別など関係なく楽しめるスポーツの「ボルダリング」を一人でも多くの方に知ってもらいたい、楽しんでもらいたいと思い2016年5月に新宿駅から徒歩5分の場所に1店舗目をオープンさせました。 人が集まる、居心地の良い空間をこれからも提供できるよう、全国に今後も展開をさせていきます。

なぜやるのか

私たちの想い・・・ ボルダリング(Bouldering)を通して対話(Communication)を紡いでいく…そんな機会を提供する場所づくりをしたい。そんな想いでBOULCOM(ボルコム)という言葉をつくりました。 誰もが、物怖じせず、気軽に、居心地よくいられるきれいな空間で、自然と会話が生まれる空間づくり、そのために必要なすべてを用意したいとBOULCOMは考えてます。

どうやっているのか

多くのメディアから取材いただいてます。◇メディア例◇ めざましテレビ、NEWS ZERO、NHK、テレビ朝日 等
スタッフ同士はもちろん、私たちはお店に来られるお客様とも大変仲がよく、とても雰囲気の良いジムと評価をいただいております。 ジムの近所に有名な「サンドイッチ屋さん」があるのですが、すぐに売り切れてしまう「厚焼き玉子サンドイッチ」をお客様が朝活でジムに来られる際にわざわざスタッフに買ってきてくださったこともありました。 「ありがたい」と思って働ける環境、 お客様との距離の近さも私たちの魅力です。 オーナーはまだ若干33歳と若く、1年前まで大手シンクタンクのサラリーマンをしてましたが脱サラしてボルダリングジムを立ち上げました。スタートアップの勢いと風通しの良い雰囲気で楽しく働くことができます。