1
/
5

クリニックの要、事務長職!

CAPSグループでは、365日年中無休の小児科・内科を中心とした「キャップスクリニック」の多拠点運営クリニックチェーンマネジメントのサポートをしています。その中心である医療法人社団ナイズの理事長室長兼総事務長の横山の記事のシェアです。

開業医をサポートする総合情報誌「BAMBOO」12月号に、診療所事務長マネジメントのすべてという対談記事が掲載されております。

横山は、創業メンバーであり、キャップスクリニックの運営における数々の困難を一緒に乗り越えてきました。

医療法人焔やまと診療所の清水雅大さん、医療法人翔誠会ふくだ内科の福田篤史さんとの対談です。どこも同じような悩みを抱えつつ、それぞれ独自の解決法を見出し、前に進んでいるんですね。

クリニック運営では、医療職以外のマネジメントが運営のキーとなります。事務長は、医療のことを医師と同じくらい理解し、ビジネス的な側面を医師以上に理解し、そして、人のマネジメントについては、医療機関ではない企業と同じくらい理解する必要があります。

相当負荷のかかる仕事ではあるものの、かなりやりがいがある職種だと思います。

資格がない人でも、医療機関で活躍できる魅力的なキャリアですね!

クリニックマネジメントをやってみたいという方いらっしゃいましたら、是非ご連絡ください!

CAPS株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
CAPS株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?