1
/
5

未経験からのチャレンジも可能!暗号資産のカバーディーラーにジョブチェンジした小島さんにインタビュー!

金融機関や外資系コンサルティングファームを経て、会社の急成長フェーズにあった2017年にカスタマーサポートを担当する業務管理部に入社。
その後転機が訪れ社内でカバーディーラーにジョブチェンジしたという異色の経歴を持つ小島さん。

そんな小島さんの異動後の仕事の様子やチームの雰囲気、カバーディーリング業務を行っているポジション管理グループに向いている方などについて聞いてみました!

入社理由とポジション管理グループへの異動の経緯

ーコインチェックに入社しようと思われた経緯は?

これまで銀行や官公庁等、主に金融に関わる仕事に従事してきました。
マーケットを見ることが好きで日々様々な金融商品に接点を持ち、立場上自身で金融商品を取引する事が許されない環境の時期もあったため、将来はマーケットに携わりながら取引も仕事も出来る環境に身を置きたいと感じていました。そこで出会ったのが暗号資産です。

2017年、暗号資産市場はすでにボラティリティが高くとても注目されており、面接時に当社が抱えている課題や問題点等を知り、これまでのキャリアを活かして経営陣、現場メンバーを支えられる人材になりたいと思ったことがコインチェックへの入社の決め手です。

ー初めはカスタマーサポートを担当する業務管理部に入社されたとのことでしたが、どうやって部署異動をされたのですか?

2つの要因が上手く重なってくれて今があります。

1つ目は、2019年の終わりぐらいに、会社として今のポジション管理グループの人員を強化していくことが決まり、そこで全社的に異動の募集がありました。

2つ目は、大塚さんと1on1で、そこで「将来何をやっていきたいか?」と質問されて、「暗号資産のトレードに関わるような業務を行えたら」と伝えたところ、ポジション管理グループへの部署異動の面接を受けてみないかと案内されて、今に至ります。

1日の仕事の流れ(日中)

ーそれでは早速、小島さんの1日の流れを追ってみます!

<7:00 or 7:30 起床>

  • 犬の散歩
  • 家事手伝い
  • マーケット動向チェック

<9:00 or 10:00 出勤>

ーあれ、小島さん出社しないんですか?

そうですね、面接でもよく驚かれるんですが、所属しているポジション管理グループは出社が必須ではなく、リモートワークでも仕事ができるように環境が整備されています。出社頻度は月に1回出社するかどうかですね(笑)部内メンバーも大体みんな同じぐらいの頻度です。

ーカバーディーラーというと、仕事場は画面いっぱいのようなイメージがありますが、実際の環境はどうですか?

マーケットやポジションの監視は行っていますが、イメージされているような常に画面に張り付いていたり、たくさんの情報をモニターにいくつも表示している感じではないです。個人的にも情報や機材は必要最低限が良いと考えているので、今はノートPCだけで業務を行っています。

<10:00~11:00>

  • ポジション管理グループのMTG
    • 当日のタスク、認識合わせ
    • 前日マーケットに関して情報共有
    • 業務連絡

<11:00~12:00 昼休憩>

基本的に自宅で済ましますが、時間がある時は家族で外食に行くことも。
出社している時は、他部署の方とランチにいくこともあります!

<13:00~18:00 業務時間(プロジェクトの打ち合わせ、作業など)>

ー作業内容はどういったものでしょうか?常にトレードされるような感じですか?

いえ、上記でも少し回答してしまいましたが、当社の取引システムのほとんどが自社開発で自動化されており、手動でポジション調整をする機会は殆どなく、日常的に行う業務は、システムの閾値検討や設定などの操作をするようなイメージです。
マーケットの状況次第ですが、カバーディーリング業務は全体の2〜3割ぐらいで、その他のリソースについては適材適所で各メンバーが担当しているプロジェクトやミーティング等に割り当てています。

ーいくつか具体的な業務を教えていただけますか?

  • 新入社員のオンボーディング
    • 取引システムの説明や実践的な作業などの多岐に渡る業務を、1~2ヶ月ほどかけて新しく入ってきた人が一人で行えるようにレクチャーなどを担当しています。
  • 様々なプロジェクトの打ち合わせ
    • ポジション管理グループは社内の多岐に渡る部署と関わりますので、新規通貨や新規事業に関わるプロジェクトなど、顧客取引に関わるプロジェクトには、基本的に全て参画しています。
  • 対外的交流
    • 国内外の競合事業者や連携企業などと意見交換をしたり、新しい提携などを模索しています。
  • 業務改善・サービス改善
    • 日々の業務で、定常業務やサービスで課題を感じた部分を洗い出し、必要部署などと連携して業務効率向上やサービス改善などの活動も行っています。

<18:00 一時離脱 or 退勤>

ーお疲れさまでした!この「一時離脱」とは何ですか?

コインチェックの社内では、「一時離脱」を活用している人が多いです。
フレックス制度✕リモートワーク体制のおかげで、子育てとの両立がしやすいのが特徴です。なので、この時間で子供のお世話や寝かしつけなどを行っています。

<20:00~22:00 作業>

やり残した作業などがある場合には、子供が寝た後のこの時間を活用しています。

ポジション管理グループについて

ー夜間や土日祝日もマーケットは動いていると思うのですが、具体的にはどういった業務が発生するのでしょうか?

そうですね、暗号資産は24時間365日休み無く動き続けていますので、夜間や土日祝日でも何かが起きたら誰かが対応出来る状態にしていなければなりません。そこで、ポジション管理グループには、交代制で夜間の臨時対応に備えるという「待機業務」が存在します。

ただし、こちらは待機と言っても、先程お話したようにほとんどシステムによる自動化が進んでいますので、ずっと画面に張り付いて何かを監視しているというイメージではなく、アラートが飛んできたらそれに対応するというような感じです。

ーどんな方がポジション管理グループに向いていると思いますか?

そうですね、スキル面では以下のような方が向いているとは思います。

① 日々の業務を見直して常に改善していける方
業務の効率化の余地であったり、新しい価値を発揮する機会がまだまだ沢山あると思っていますので、そういう取り組みができる方が向いていると思います。

② 常に社外のニュースにもアンテナを張って、情報の整理が出来る方
日々様々なニュースが世界中で流れていて、業界の新しいトレンドがすぐに業務へ影響するような会社なので、暗号資産関連の情報収集や整理が得意な方は活躍出来ると思います。

③ 暗号資産の相場が好きな人
最後に、やっぱり暗号資産のマーケットが好きな方でないと、特に夜間や休日の待機業務などはモチベーションが続かないと思います。

ーチームはどんな雰囲気なのでしょうか?

チームの空気感や上下関係については、年齢や勤続年数、キャリアに関係なく、対等に意見交換ができて、互いに尊重し合えるいいチームだと思っています

ー現在チームとしては、どんな課題を認識されていますか?

着手したいことは数多くあるものの、ポジション管理グループも開発側(トレーディングシステム開発グループ)もリソースが足りていない点を課題として認識しています。ただ、現状は大抵の場合はメンバーが様々なプロジェクトに企画の段階から参加することができているので、裁量も大きくやりがいはあると思います。

小島さんのプライベートの時間について

ープライベートの時間はどのように過ごしていますか?

① 家族との時間
外出することがほとんどでしたが、今はステイホームなので、妻と娘、愛犬との時間を楽しんでいます。

② トレード
10年以上トレードも続けています。主に暗号資産、FX、米国株が長いです。

③ 読書
本が好きで、福利厚生(※ポジティブラーニング制度)で、主にビジネス書や取引システム、プログラム関連の書籍を購入させてもらっています。

※ポジティブラーニング制度:3,000円/月 書籍購入や勉強会、セミナー参加費用などを補助する制度

最後に、これから入社を検討されている方へメッセージをお願いします!

マーケットが好きで、今後マーケットの領域でキャリアアップしていきたい方、そして同時に家族との時間や自分の趣味の時間なども大切にしていきたいという方には、とても充実感がある職場環境だと思います。

担当する範囲やソリューションの幅は他社では経験できないほど広く、とても多くの経験を積むことができるとも思っています。日々マーケットと向き合い、会社の収益に直結する責任・緊張感のある仕事ですが、そんな環境に身を置いて、楽しさや充実感を見出せる方と一緒に働きたいと思っています!

小島さんありがとうございました!ポジション管理グループでの働き方についてもよく理解することができました!
コインチェックには、小島さんの他にも子育てしながら働く方がたくさんいらっしゃいます!
この記事を読んで少しでも興味をお持ち頂けたら嬉しいです! ぜひ求人もご覧ください💁

コインチェック株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
コインチェック株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?