【満員御礼】カケタス-超実践型プロジェクト展-実施しました!#イベントレポート

こんにちは!G-net新卒4年目の掛川遥香です。2019年6月2日に名古屋国際センターにて【カケタス-超実践型プロジェクト展-】を実施いたしました。当日の様子をお知らせします!

🔹カケタス-超実践型プロジェクト展-とは?

超実践型プロジェクト受入れ企業の魅力的な経営者と出会える、話が出来る、プロジェクト内容が分かるイベントです。

わたしの想いと地域の課題、わたしの行動と企業の想い、異文化・異分野を掛け合わせることで、0から1を生みだし、1を何倍にもする。「カケタス」はそんな出会いと実践の場です。6か月の長期実践型プロジェクトで、日本のローカルを熱くしたい。そんな思いで開催したイベントですが、当日は満員御礼。100名近くの方にご参加いただく盛況ぶりでした!

🔹超実践型プロジェクト

企業がこれから取り組もうする新規の事業を半年間という期間を区切ってプロジェクト化しています。アルバイトではなく、社員でもなく、学生メンバーとして企業のチャレンジに主体的に参画します。

募集している企業は地域に密着した小さな企業ばかり。名前を聞いたことのある企業はほとんどない中でどんなことをするのでしょうか?小さな企業のプロジェクトに参加するメリットは?
超実践型プロジェクトで求められているのは、指示待ち人間ではなく仕事を作っていける人間です。さらに社長のミギウデとして働ける人材を求めています。
中小企業の経営者は、社員数が少ないことから単にマネジメントをしているわけにはいきません。営業をして、新規事業を考え、挨拶回りをして、製造をして…と一人で様々なことをこなしています。そんな社長がこれから取組むことに対して、社長と同じ目線で事業を動かしていける人、それがミギウデ人材です。規模が小さいからこそ、そして社長直結のプロジェクトだからこそ、スピード感をもって進められる・会社の挑戦を背負う責任感を感じて取り組むことができます。
半年間がむしゃらに走ることで出来ることが増え、関われる世界が増え、自分自身のことを考える機会、社会について考える機会が増えることで参加する学生の成長、募集する企業の事業の加速を実現します。

🔹カケタス開催の背景

G-netは2003年から長期実践型インターンシップのコーディネートを行っています。半年間企業の成長と自分自身の成長を重ねながら弟子入りする若者のキャリア支援と、意欲ある企業の新たな仕掛けに対しての経営支援を行ってきました。

現在は大学生といえば、就活といえば「インターン」となるまでに様々な場所でインターンシップは活用されています。採用のため、地方創世のため、キャリア教育のため…とあらゆる場所でその言葉が使われています。社会が変化する中でインターンシップの持つ意味や価値が変わることも致し方ありません。G-netとしても今の社会にあったプログラムは何か?日々議論を続けています。

終身雇用が崩れていく中で、副業兼業という働き方が増える中で、通年採用という流れが出る中で、
もっと多様な働き方やもっと多様な社会との接点の仕方があって良いんじゃないか。
先陣を切ってそれを見せていくのが地域でプロジェクトを生み出し続けてきたG-netの担うものなのではないか。

今回のカケタスはそんな議論の中で生まれたG-netの挑戦の一つでした。「長期インターンシップ」ではなく「超実践型プロジェクト」に参画するメンバーを募集するイベントと形を変えました。今後は社会人が隙間時間で関われるプロジェクトが増えたり、学生という立場でも仕事として事業に携わる形がもっと増えても良いと思っています。
「インターンシップ」「新卒採用」に拘らない地域や社会、企業との関わりを作り、
地域で挑戦する若者、その受け皿である企業を増やしていくことを目指します。

🔹カケタス当日の様子

オープニング・体験者プレゼン

当日キャンセルも少なく序盤から大人数で盛り上がりを見せたカケタス。まずは今回のイベント趣旨やG-netの現在の取り組みについてお伝えしました。

そして実際に長期プロジェクトに参加した経験者からのプレゼン、受け入れ企業からのコメントも聞きながら徐々に企業にジョインして経営者のミギウデとしてプロジェクトに参画するイメージを持ってもらいました。

企業による課題プレゼン・アイディアソン

プロジェクトメンバーを募集する企業による120秒プレゼンです。
企業がこれから取り組もうとしているプロジェクトに紐づいた課題を提示してもらい、それをもとにアイディアソンを行いました。
・お風呂カフェで実施できる新たなイベントを考案せよ!
・今までの採用方法からあえて外れる、アウトロー採用について企画案を考えよう!
・防水×おしゃれ 既存技術を生かした新商品アイディアを考案
などなど、企業課題に沿ったお題を出していただき、関心のあるテーマで参加者が考えます。

これから取り組む事に対してのアイディアのため、そのまま採用される可能性有り!のとても熱いディスカッションがされていました。最後は企業に向けて発表。実践を求める意欲的な猛者たちのアイディアを少しでも取り入れようと経営者たちも真剣に話を聞いていました。

ブース交流会・フリー交流会

気になる企業の話をブースに分かれて聞く時間や、もっとラフに話ができるフリー交流会も実施。午後いっぱい長時間のイベントでしたが最後まで参加者と企業の熱気であふれる会場でした。
学生・社会人・経営者の垣根を越えて話ができたこと。そして就活ベントのような「採る」「採られる」といった関係性ではなく、プロジェクトにジョインする、ともに課題解決に取り組む仲間探しの場所になっていることが大きな特徴でした。

🔹現在募集しているプロジェクト(一部)

カケタスイベントで募集しており、現在もWEB上で引き続き募集している企業を一部紹介します。

♨️『おふろcafé湯守座』から文化を発信する企画の立案・実行/(株)旅する温泉道場

企業の成長にジョインする。
三重県四日市市にある『おふろcafé湯守座』にて、お客様のおもてなしと、日本文化発信のワークショップの企画・実施。経営陣と店舗の経営数字を見ながら、経営の勉強。インバウンドのおもてなしから、観光・旅行事業にも同行。

🧵創業98年、老舗カッパメーカーの縫製工場から発信するおしゃれ雑貨開発プロジェクト/ (株)船橋

愛知県の老舗カッパ屋の技術を活かして、新商品開発にチャレンジ!
普段は給食センターや飲食店で使われる防水エプロンを生産している国内工場。高価な機械や特殊なミシン、腕のいい職人もいるのに上手に活かしきれていません。新しいアイデアでおしゃれな新商品開発を目指せ!! <続きはこちら>

そのほか募集中の企業はこちらから!<プロジェクトを探す>

次回、G-netで主催するイベントは「#さよなら就活

5月27日に実施したキックオフイベントに続き、#さよなら就活のコンセプトに共感してくれた方で集まり意見交換、新たなプロジェクトづくりを目指します。
【日時】6月20日(木)19:00~21:00(予定)
【場所】NPO法人G-net(JR岐阜駅すぐ)
【さよなら就活とは】https://byebye.jp/
【前回の様子】

既存の就活に感じる疑問・不満の洗い出しや、今後こんなことをしてみたい!というブレストを行いました。

こんな方にオススメ

・既存の就活の方法に疑問を感じる人
・大学生という枠を外して働くことや価値を生み出すことに関われる場所を作りたい人
・自分らしく意欲的に働きたいけど、どうやってその場所を見つけたらいいかわからない人

是非イベントにお越しください!

若者と企業をつなげて地域の最先端の挑戦を生み出す我々のミッションに関心ある方は是非ご応募ください

NPO法人G-net's job postings

Weekly ranking

Show other rankings