1
/
5

【ITプロパートナーズの休日】:青春を探しに




みなさんは、先週末は何をされていたでしょうか?

日本人の休日といえばおおよそ、「ウエイト」・「一人のみ」・「一人銭湯」・「筋トレ」

といったところでしょうか。


僕も休日はだいたい上記のように過ごすのですが、

先月はなんと、はるばる徳島までいってきました。



青春を探しに。




【チャットモンチーの偉大さ】







先月末、7月22日は、日本のガールズロックバンドの巨匠、チャットモンチーの最後の活動でした。


チャットモンチーといえば、言わずと知れた日本のガールズバンドのパイオニア。

徳島で結成され、2005年のメジャーデビューから2年4ヶ月、

当時の最短記録で武道館でのマンワンライブを成功させた、2人組のガールズバンドです。

当時はガールズバンド自体が今ほどメジャーではなかった時代。その前に武道館でライブを行ったガールズバンドは、1996年のPRINCESS PRINCESSが最後でした。


つまり、21世紀のガールズバンドはチャットモンチーが作ったのですね。





【チャットモンチーが最後に選んだ舞台とは】









そんなチャットモンチーが活動を「完結」させる場として選んだのは地元徳島。


それもワンマンライブではなく、大学時代から振興のあるバンド、事務所の先輩など、

関係性の深いバンドが総勢11組が出演するフェス形式でした。


ライブの最後にみんなで阿波踊りをするというのも、チャットモンチーらしいですよね。





【チャットモンチーを受け継いだのは】







今回のフェスは、 14年間歌い続けたチャットモンチー最後のライブ。

通常ならば、本当に悲しいライブになると思うのですが、そうではなかったんですね。


その理由は、トップバッターとして出演していたhump buckというガールズバンドでした。

元々チャットモンチーのコピーバンドとして結成されたhump buck。


彼女たちもまた、チャットモンチーに憧れ、チャットモンチーとともに青春を過ごし、

そうやって大きくなっていったバンドなんですね。


実際のライブでは、ボーカルの林ちゃんが号泣しながら、こう叫んでいました。





❝チャットモンチーは私たちの青春だった❝





❝今度は私たちが誰かの青春になる❝





彼女らが涙を流し、声を震わせながら、それでもまっすぐ会場中に響き渡っていた歌声に、

希望を持った人は多いのでは無いのでしょうか。


林ちゃんはライブ後、こんな言葉を残しています。





❝ずっと信じて来たふたりが、あたしたちの音楽を「信じる」って言ってくれた。❝




❝永遠なんてどこにも無かった。だからこそ美しい。❝




❝心の底から大好きです。青春をありがとう、チャットモンチー!❝




【最後に】



チャットモンチーへの愛が溢れすぎて、危うくこのままブログを終えるところでした笑

非常に思い出深いライブで終わりましたが、全てのアーティストを見て、

「やっぱり何かを全力でやってる人ってかっこいい!」

と心のそこから思いました。

自分がそういう人になり、周りにそういった人々が溢れれば、

悔いのない人生になるのではないかと。


そのために、明日からまた愚直に頑張らねばと思った、

そんな休日でした。

株式会社Hajimari(旧:株式会社ITプロパートナーズ)では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
今週のランキング