1
/
5

博報堂で10年間鍛え上げたディレクターが、独立と同時に社員10名の会社へジョインした理由

みなさん、こんにちは。MEJ人事の矢島です。

本日、突撃でインタビューを行っていくのは、新卒で博報堂に入社し10年間勤め上げたのちに独立し、現在は(株)クリエイターボックスの代表取締役を務めながらも、MEJにマーケティングディレクターとしてジョインされた篠崎さんにインタビューしてきました。

篠崎さん、社内では「しのさん」という愛称で親しまれていますが、見た目からしてユニークなキャラクターなのが伝わってくる方です。MEJではマーケティング事業部をリードし、マーケティングからブランディング、商品企画まで幅広く活躍されています。今日はそんなしのさんを深掘っていきたいと思っています。

—しのさん、本日はよろしくお願いします!まずは簡単に自己紹介をお願いします。

今日はよろしくお願いします。慶應義塾大学の理工学部を卒業し、新卒で博報堂に入社しました。広告制作サイドに配属となり、広告のクリエイティブやプロモーション、PR、デジタルマーケティングなどを総合的にプランニングするという仕事をしていました。

2回留年からのプチ起業。Mr.慶應コンテストを作った男。

博報堂時代:撮影終了後の集合写真

—まずはオーソドックスな質問からいきましょう。なぜ新卒で博報堂を選ばれたんでしょうか?

いずれ自分で会社を起こした際に、どんなビジネスでもいけるようにしたいと大学生の頃に思っていたので、あらゆる商品の売り方を考えられる広告代理店に行きたいと思っていた中で博報堂とのご縁をいただくことができました。

広告代理店の仕事は、世の中全ての業界がクライアント。だから、全ての業界の裏側を見ることができます。さらに魅力的なのは、様々な人や幅広い仕事仲間と片っ端から繋がることもできる。強いパイプを作れる会社だったこともありますね。

—すでに起業もされてますけど、大学生の頃から起業したいと考えていたんですか?

幼少期からエジソンと安藤百福の伝記を読んでから自分で会社作りたいとはうっすらと思っていたけど、具体的に決意をしたのは大学3年生の時ですね。実は大学で2回も留年してて。笑

—わー、2回はやばいですね。笑

そうなってくるともう、僕が大学生のままなのに同級生たちはスーツを着て就活して、明らかに一流の会社に行ってるわけですね。めっちゃ羨ましくて。

「何やってんだろ、自分」みたいに思うじゃない。笑

普通に人生の遅れを取り戻したいと思いましたね。逆にいうと「あと2年間も、社会に出るまでに猶予があるじゃん」とも思って。その期間はいろんなこと試して、僕より一足先に社会に出た人たちよりもめっちゃ稼いでやろうとシンプルに思ったんです。

なので留年を告げられた翌日に、仲良い友達へ電話しまくってメンバーを集め、大学の学事センターへ学生団体申請をして、事業っぽいことをする団体を作りました。

—その行動力を単位取ることに使ってください。笑 その団体は何をやっていたんですか?

ちょうど「R25」が出版されてフリーペーパーが流行り出した時代だったから、それを大学に持ち込んだら流行りそうだなーと思ってフリーペーパーを作りました。

フリーペーパーは印刷代や取材代を広告費でまかなっているので、いろんな会社に営業したり、イラレとフォトショでデザインしたり、記事のライティングしたりとなかなかいい勉強になりました。

あとはMr.慶應コンテスト。

それまでミスコンはあったけど男の方はなかったんです。もともと慶應ボーイって単語もあるし「これならミスコンより注目されるんじゃないの?」という仮説のもとやり始めました。そしたら、ミスター慶應のグランプリや準グランプリが何人もアナウンサーになったりして。

—え、Mr.慶應を作ったのってしのさんだったんですね。

そうそう。笑 学生なので規模は小さいけれども、そういうチャレンジをいくつもしてましたね〜。

博報堂で培った「コンセプトメイキング力」

博報堂時代:水野しずさんとフクロウと撮影

—学生時代からクリエイティブなことをしていたのもあって、博報堂なんですね。最初は営業だったんですか?

ううん、最初から制作サイドでした。1年目の最初の1ヶ月に研修があって、そこで営業とバックオフィスと制作に振り分けられるんだけど、一応希望通りの部署に振り分けられました。

—どういう部署だったんですか?

えっと、名前は「プロモーションクリエイティブ部」っていう部署で、販促の企画を作る仕事なんだけど、ここでの経験が僕のキャリアの基礎になってます。

ただ「販促」っていう言葉の定義は曖昧なので、作る企画の手法はどれもバラバラで。最初はイベントやキャンペーンを考えて、途中からはWEBサイトやアプリを作ったり、CMとか映像を作ったり、世の中でニュースになるようなPRを考えたり、コピー書いたり、WEBメディアの運用をやったり......。

領域が広い分、いろんな会社さんと仕事させてもらいました。車ならトヨタとかマツダ、化粧品なら資生堂やKOSE、パソコンならAcerとかHUAWEI、ケータイならdocomoやau、メガネならJINS、百貨店ならパルコ、マルイ。得意先だけでも100社以上あったので、ここでは言い切れません。笑

—なんでも屋ですね。笑 博報堂に入って良かったこととか学んだことってなんですか?

良かったことは全部かな。中でもコンセプトを作れるようになったっていうのが1番大きい。

会社、ビジネスモデル、商品、広告、忘年会の企画から結婚式二次会の出し物まで、あらゆるモノを生み出すときに共通する感覚を磨けたことだと思います。

あとは一流が集まってくるというところかな。特に一流の営業は一流のスタッフと、一流のクライアントを持っていて、一流の仕事をする。一流を間近で見てると、自分の基準も上がっていく。

全ての起点は人だからこそ、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

会社パンフレット用の写真撮影

—「一流の基準」みたいな話が出ましたが、仕事をする上での基準みたいなのはありますか?

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉が好きなんですが、どれだけスキルが上がったり、キャリアを積んでも、常に初心に戻って仕事をしている人は一流だと思っていて。僕もそうなれるように頑張りたいなと思っています。

実績を出したり、肩書きがついたりすると、余計なプライドができて「もう、自分はこれでいいや」とか思っちゃうと、自分の成長を阻害するうえに、なんかめんどくさいオッサンになってしまうので、人が離れていってしまうと思います。

なので、実った稲穂のように、僕も仕事をしていきたいと思っています。

MEJには、全く別の世界が広がっている。

—ちなみにそんなしのさんですが、なぜMEJにジョインすることを決めたんでしょうか?

博報堂という大手企業の経験だけではまだ足りないと思っていたので、少人数で急成長しているベンチャーに関わって、ゼロから商品やサービスを開発する過程や、会社を成長させるという視点など、色々吸収したいなあと思っていました。

そんなときに、古賀さん・大槻さんの2人と出会って「うわー、この人たちと一緒に仕事したら圧倒的に面白そう!!!」と直感で思ったんですよね。

—その直感にはめちゃめちゃ共感できます! もう少し具体的に、どういうところが圧倒的に面白そうだなと思ったんですか?

ベンチャーの経営者は自社サービスにこだわりを持っていたり、アツく語ることが多いと感じるのですが、古賀さんや大槻さんが時代を読みながら壮大なビジョンを中心に説明してくれたことです。「社会問題」をキーワードに、果てしなく先のことを見ている。目線が、目先の収益ではなくもっと遠くのほうにあって。

そんなに姿に惹かれましたし、時代の先をいく組織作りを目指し、経営しているなと思いました。そして実際に実績が伴っていて、着実に有言実行をしている。これはやっちゃう会社だな、と。笑

あと早速、古賀さんをFacebookで検索して共通の知り合いがいないか探してみたんです。

そしたら......ほとんどいなくて。普通は誰かしら共通の友人がいたのですが、同じ国で生きているのに僕がこれまで過ごしていた世界とは全く別の世界が広がっていることにワクワクしました。

世の中の広さを感じるとともに「この世界で一緒に過ごしてみたい」と思ったこともきっかけの1つです。きっとそこには、今まで出会ったことのない価値観や能力を持っている人がいっぱいいるだろうと思ったのです。

—なるほど。しのさんはMEJは今後、どういう会社になって行くと思いますか?

古賀さんはシリコンバレーなどの世界を見てきているからか、日本の常識に縛られない考え方の組織をしっかり作られていると思います。例えば、”Fail fast(最速で失敗せよ)”とかも、口で言っているベンチャーは数あれど、実践できている組織は少ないと思います。その点、矢島くんも記事で語ってたように盛大にコケまくって失敗しまくってるよね。笑

—いやほんと、恥ずかしい限りです。笑

あと、”Hard think”の考え方が好きですね!

時代の流れがよく汲まれているし、社会に対して「そうなっていかなければいかないよね」という未来を打ち出している。メッセージとしても強く、古賀さんの先を見る力が長けていることを感じますね。

先ほどコンセプトの話をしたけれど、成長を続けてきた会社は必ずコンセプトが組織にもビジネスにも一貫しています。そして、それが社会にとって意味があるものでなくてはならないと思っています。

だからMEJの今後は、古賀さんのイメージどおりの会社になっていくと確信しています。そしてMEJメンバーたちの”Hard think”に支えられ、かつ柔軟な組織のまま規模がどんどん大きくなっていくのではないでしょうか。


—人脈の広いしのさんと共通の知り合いが被らないってすごい面白いですね。しのさんは、これからどういうことを実現していきたいですか?

MEJでは個人でミッションを掲げているけど、僕のそれは「アイディアで世の中をHAPPYに変えたい」というのが根本的にあって、それを一生曲げない、変えない生き方がしたいですね。

僕は仕事と遊びの境界は、お金のやり取りがあるかどうかだけだと思っていて。素人でも、超面白いイベントを考えて、仲間内だけで遊んでいたものを外に広げてみたら人が集まった。それがお金になったら立派な仕事だと思う。最初は普通の人でも「プロ」になるんです。極論だけど、そういうことだと思っています。

遊びも仕事になりうる。だから、僕が大事にしていることは、「これ好きだなー」っていう感覚。好きなこと、好きな相手のためなら頑張れる。ずっと、そういう感覚で生きていきたいと思っています。

— ありがとうございます!今日は今までの経験から、培った仕事観、そして人生観までまるっとお話しいただきありがとうございました!

今回インタビューの答えていただいたしのさんからは、非常にいいメッセージをいただけました。

特に印象的だったのは「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の言葉。MEJでも最近、”All trust”という言葉がバリューになりました。顧客を始め、会社のメンバーや取引先、その先にある社会との信頼を築いていこうという意味が込められています。

しのさんの話を伺って、やはり優れた会社にしていくためには、そういう謙虚さや素直さが欠かせないなと実感しましたし、「いいやつ」という採用基準は非常にクリティカルだなとも改めて思いました。

今回、ここに書ききれない話がたくさん出て、みなさんに共有できないのが残念でならないくらい、面白エピソードが満載でした。また機会があれば、しのさんをターゲットに追加を書きたいと思います!

改めて、しのさん、今回はお付き合いいただきましてありがとうございました!

また、MEJでは積極的にメンバーを募集してます。もしご興味あれば、ぜひご応募くださいー!

株式会社MEJ's job postings
27 Likes
27 Likes

Weekly ranking

Show other rankings