1
/
5

リモートワークは大変?フルリモートを成功させる3つのポイント!

こんにちは、はじめまして!株式会社NAVICUSで働く、かおたすと申します。

今日は、NAVICUSのワークスタイルとも密接に関係する「リモートワーク」についてお話します!

ここ1,2年で急速に浸透しつつあるリモートワーク。おうち大好きな私としては「リモートワークに日和ってる奴いる?いねえよなぁ!?」というスタンスなのですが、どうも世間的には、諸手を上げて歓迎!という感じでもないようで。
株式会社パーソル研究所の調査によると、コロナ終息後にも毎日リモートワークをしたい!という人は全体の約20%未満。5人のうち4人は、「まったく出社のない、フルリモートワークはちょっと困る……」と思っているみたいです!
ちなみに、この「コロナ収束後のテレワーク希望頻度」という質問に対して最も多かった回答は「1週間に2~3日程度」。この回答内容から、リモートワークに魅力を感じる一方で、デメリットもあり全ての業務をリモートで行うことは難しいと思っている人が多いことが読み取れます。

そこで今回の記事では、フルリモートの会社であるNAVICUSで働く私が、考えうるリモートワークのデメリットにこう対策しているよ!というTipsのようなものをお伝えしようと思います。この記事が、「リモートワーク、良いんだけどしんどいところもあるよね」という人や、「リモートワークは働きづらくて嫌い!」という人にとって、快適に仕事をするためのヒントになれば幸いです。


目次
1. デメリット①:家だと集中できない……⇒対策①:在宅ならではの自由さをフル活用して、自分の「集中スイッチ」をONにしよう!
2. デメリット②:がんばっていることが人に伝わりづらく、モチベーションが保てない……⇒対策②:自分のモチベーションが上がるツボを把握し、自分で自分の機嫌をとろう!
3. デメリット③:オンオフの切り替えがしにくく、絶えず仕事のことを考えちゃう……⇒対策③:「儀式」を設けて強制的にオフモードに入ろう!
4. おわりに


続きはコチラ



.

株式会社NAVICUSでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング