Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【Inside】CEO×編集長 対談 「STYLERを起業しようと思った理由

STYLERに入る前

こちらの対談記事のwantedly版です。
【Inside】CEO×編集長 対談 「STYLERを起業しようと思った理由」 http://stylermag.link/2015/06/11/inside-styler-ceo-editor-in-chief/
今回大きくリリースが出て、ありがたいことに多くのニュースサイトに取り上げて頂きました。皆さんに、STYLERがどのようなサービスなのかを知って頂くことができたのかなと思います。
今後はどんな人がこのサービスを作っているのかをお伝えするために、定期的に社内メンバーのインタビュー記事などを掲載していき、皆さんに少しでもSTYLERについて知って頂けたらと思います。
今回は第一弾としてCEOのTsubasaとSTYLER MAG 編集長のYuyaの対談をお届けします!
・ファッション×ITで起業しようと思った理由
Tsubasa : 僕は以前からファッションが好きだから起業しようと考えていた。それでAmazonとかに身を置いていたんだけど、常日頃からWebで服を買うのは不便だなと思っていて。
例えば、最近履いてるHender Schemeのローファーを買ったときも、情報はWebで仕入れたけど、買いに行くときはまずHender Schemeに電話して、どこの店にデリバリーしているのかを聞いて、次は店舗に電話して入荷日を聞いて、それでようやく実店舗に行って購入できた、みたいな。
この流れって全然Web的ではないなと思って、それを変えるサービスを作りたかった。Yuyaとしてやりたかったことは?
Yuya : 僕は昔からファッションとネットが好きだったので、自然とECとかWebサービスに興味があって。それで4~5年前からファッションとWebで何かやれたらいいなと漠然とは思ってました。でも、今あるサービスはどこも欧米のサービスを国内に輸入したみたいなものが多いなと感じていたので、やるならオリジナルで作っているところがいいなと。それで今回の話を頂いたので、参加させて頂いているって感じですね。
Tsubasa : 今回プロジェクトに参加してくれる人もファッションが好きだから参加してくれる人が多いんだよね。もちろん、そうじゃない人もいるけど、それが新しい組織としては面白いところだと思う。
・ふたりの出会い
Tsubasa : 元々、僕がYuyaのブログの読者だったので、ブログからコンタクトして相談しに行ったんだよね。なんで声を掛けようかと思ったのかというと、ファッションとWebが両方得意な人があまりいなかったから。自分の周りからも探したけど、ファッションが好きな人はWebに苦手意識があるし、Webが好きな人はファッションに苦手意識がある。両方得意な人は本当に少なかったんだよね。
あと、今はいろんなファッション系ベンチャーが出てきているけど、僕からすると感度が低い気がしていて、それと同じになるのは嫌だなと思っていた。STYLERはユーザーに本当に格好良くなってほしいし、生活を豊かにしてほしいという気持ちがあって始めているので、ファッション感度の低い情報やサービスを提供するのは求めてない。だから、その両方の条件に合う人を探しているときに、Yuyaに会いに行ったというところ。
Yuya : 僕はブログにコンタクトが来て、「新しいアプリの話を聞いてくれ」って言われて、正直そこまで期待はしていなかったんだけど、話を聞いたらシンプルに良いアイデアだなと思って。僕もアプリの構想とかはよくしてたんですけど、それに近い、というかそれを発展させた形だったので、参加したいと思いました。
あと、今のファッションアプリって、ZOZOTOWNがあればいらないようなものが多いですよね。ブランドの差別化ができていないので、どのサービス使っても同じブランドが出てくる。システム以前に新鮮味がなくてつまらない。
でも、STYLERのシステムだとファッション好きが満足できるようなブランド、服が提案できる可能性があって、それが面白いなと。

現在

・STYLERに参加してみて
Tsubasa : 実際、STYLERに参加してみてどう?Yuyaはスタートアップは初めてでしょう?
Yuya : 初めてですね。僕はブロガーとして以外は実家で農家やったりとか、スタートアップとは関係ない世界にいたので、モノじゃなくサービスを作るっていうのが新鮮で楽しいです。
でも、やっぱりまだお金が動いてないのに働いているっていうのはちょっと不思議な感じがしますけど…。
Tsubasa : でも、お金も動いてないし、組織としてあるのかないのかわからない状態でも人が集まってきて社会的なところが広がったり、いろんな人が関わってきたりする、そこのダイナミズムが面白いんだよ。それこそ、スタートアップの魅力だと思う。
Yuya : そうですね、僕はまだわからないことが多いので、そこは追々体験して実感していきたいなあと思います。
Tsubasa : そういえば、なんで最初にファッションブログやろうと思ったの?
Yuya : 3.11のときがちょうど卒業の時期で、就職も決まってないので実家に帰って。このまま何もしなかったら、もう東京にも戻れないだろうなあと思って、何か始めようと思ってブログを始めました。元々、14歳くらいからずっとブログ書いてたので、文章書くのも好きだったし、伝えたいこともあったので。あと、そのころはいろんな方にアドバイスをもらったりとかもしてたので、その影響も大きいです。
Tsubasa : ファッションブロガーがこういうスタートアップに関わる意義ってある?
Yuya : 日本だと、まだイケてるメンズサービスっていうのがあまりないし、メンズファッションブロガーの数も少ないので、欧米に比べるとかなり遅れているように思っていて。
Tsubasa : 海外だとブロガーで億稼ぐ人もいるよね。
Yuya : Bryanboy(ブライアンボーイ)とかですね。日本だとまだブロガーではなく、雑誌の編集長がWebに移るとか、そういう上の話しかないんですよね。まあ、日本だとブロガー自体の影響力もあまりないせいもあるんですけど。でも、そういう中で僕がSTYLERに抜擢されて、メディア運営やクリエイティブの担当任されているっていうのは誇らしいことだと思います。
Tsubasa : だよね。w
Yuya : ファッションアプリでオウンドメディアを持っているところは少数だし、あってもキュレーションメディアとかなので、オリジナリティを出して、STYLERを成長させるための原動力になったらいいなと思います。

STYLERについて

・STYLERで買ったもの
Yuya : 僕はアプリ経由というよりも取材経由で買うことの方が多いのですが、Tsubasaさんはどうですか?
Tsubasa : 5月に買ったものを挙げると、まず、TerroirでKIITのサマーワッフルビッグTシャツ。ボトムはLow Loomのテーパードのデニムパンツ。あと、STYLER MAGでピックアップしたNike SBのEric Kostonモデルとか。STYLER参加店舗と、MAGに載ったやつしか買ってないかな。w
Yuya : 僕は最近ならdwellerのデイパック。ずっとシンプルなデイパックを探していたのですが、まさにこれ!という感じで即決買いしました。見た目も良いし、価格もリーズナブルだし、もう1つ欲しいくらいです。あとはSTYLERに参加して頂いているTerroirで、Highland Parkの撥水の7部袖スウェットも。洗濯しても撥水機能が続いており、雨の日にはすごく重宝しています。他にもMAGで記事書いたものをちょいちょい買ってます。
Tsubasa : やっぱり、こういうブランドが買える、ファッションアプリってうちしかないよね。
Yuya : そうですよね。これが自分の中ではSTYLERの一番の強みかなーと思ってます!
・ユーザーへのメッセージ
Tsubasa : 今回資金調達をして、夏にはオープンβをスタートします。ファッション感度の高い人にも満足していただけるサービスを提供するので、期待して待っていてください!
Yuya : オウンドメディアであるSTYLER MAGは、初心者向けのハウツー記事から参加ショップのインタビュー、アイテムのレコメンドなどをやっているのですが、実際ユーザーの方が服を買うのって月に1〜2回だと思うので、MAGで服と服を買う間の期間を埋めたいなと思っています。皆さんに充実したコンテンツを届けられるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします!
Text : Yuya Iwasaki

STYLERでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 いいね!
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon