エンジニアインタビュー「STYLERはエンジニアとしての意気が上がる場所」

STYLERに入る前

前回はCEO×編集長の対談をご紹介しましたが、今回は第二弾としてテクニカルディレクターであるエンジニアのYujiのインタビューをお届けします。
STYLERに参加した理由や実際にどのようにサービスをつくっているか、エンジニアの道を選んで感じたことなど、これからエンジニアを目指す人にとっても興味深いエピソードを聞くことができました。
・プログラミングに興味を持ったのはいつですか?
中学生の頃ですね。当時からパソコンやゲームをさわるのが好きで、その中身(プログラム)に興味があった。どのように作られているんだろうって。ただ、当時はプログラミング自体に関わる機会がほとんどなかったので、エンジニアという職業は自分とは違う世界だなと思っていましたね。
・本格的にプログラミングを学ぼうと思ったきっかけ
以前、中学生・高校生向けのプログラミング・ITキャンプにメンター(講師)として参加する機会があって、それがプログラミングでつくられたサービスを利用する側から、つくる側に一歩ふみ込むきっかけになりました。
そのプログラムへの参加が終えたあと、知人からノリで「Webサービス(スマートフォンアプリ)をつくろう」と誘われたんですよ。知人の自宅で「こんなサービスがあったらいいよね」「こんな機能を追加すれば面白いよね」と夜通し話し合って、いよいよ「サービスをつくろう!」となったとき、ある重要なことに気づいたんですよ。「どうやって製品化するの?」ってね(笑)。結果的に実現するまでに至らなかったものの、これをきっかけに「人が楽しめるような、集まるようなサービスをつくりたいな」と思ったんです。そこでサービスをつくる技術として“プログラミング”を本格的な勉強をしようと決意しました。
・STYLERに参加する前はどんなことをやっていたの?
あるIT系ベンチャー企業にiOSアプリ「ライフログサービス(SNS)」のバックエンドの開発担当として参加しました。以前からサービスづくりに興味はあったものの、そのサービスをつくる技術=プログラミングを教わる機会はほとんどなくて。だから、その企業でサービスづくりに関わりながら技術を学ぼうと思ったんですよね。
・その企業ではどんな技術を学んだの?
そこで初めてRubyとRails(Ruby on Rails)を触りました。まずはRubyとRailsに関する技術書を読み漁るところから始めましたね。その技術書の書いてある内容を頭にインプットすると同時に実践を繰り返す。そうやって徹底的にサービスづくりの基礎を学びました。そのあと、Railsを使ってiOSアプリ「ライフログサービス(SNS)」のバックエンドの開発を担当することになった、という感じです。
・その企業からSTYLERに心が動いたきっかけを教えて
同社が新たに非エンジニア向けのプログラミング教育事業をはじめたんですよ。僕はプログラミングを教えるメンターに抜擢され、サービスづくりから距離を置くことになりました。そのとき、僕は「サービスづくりに関わりたい」という強い想いでこの企業に参加したこともあってか「自分のやりたいことと少し違うな」と感じはじめていて。そうやってだんだん気持ちにズレが生じてきたときにCEOのTsubasaさんと出会ったんですよ。その出会いがSTYLERに心がうごくきっかけになりました。
・CEOとの出会いについて
ある日知人から「あるサービスをつくりたくてエンジニアを探している人がいる」「面白い人だから会ってみない?」と言われ、紹介された人がTsubasaさんでした。
Tsubasaさんの第一印象は背が高い、猫好き、変わった人という感じでした(笑)。でも、それは最初だけ。社会人だけど良い意味で学生臭さが残っていて、会話をしていくうちにアイディアも人柄もすごくユニークだと気づきましたね。そしてそのTsubasaさんに対する面白さがだんだんfun(楽しい)からinteresting(興味深い)に変わっていったんですよ。これがTsubasaさんとの出会いでもあり、STYLERとの出会いでもありますね。
・STYLERのどんなところに惹かれた?
Tsubasaさんの面白さ、その人柄に惹かれました。もちろんSTYLERのプランも収益性が望める理想的なビジネスモデルを確立していると感じたし、サービスをつくるうえで利益を上げる方向に常に動き続けていくのは大切であって不満足ではない。ただ、僕は純粋にサービスづくりに関わりたいなって。STYLERというサービスで利益を望めることよりも、サービスづくりが楽しそうだと感じることができたTsubasaさんの話が魅力的でしたね。

現在

・実際にSTYLERに参加してみてどう?
イチからサービスをつくるということが楽しいし、嬉しいです。また、今いろいろなファッションをテーマにしたサービスが存在するけど、一方的に人にものを与えるサービスが多いなと感じます。そういうものをつくるよりも、STYLERのコンセプトでもある「人と人とのつながりでファッションを楽しくする」といった“新しい形のサービス”を一からつくりあげることにやりがいを感じますね。STYLERはエンジニアとしての意気が上がる場所でもあります。
また、このプロジェクトに参加する人(メンバー)がどんどん増えていくことにも驚いていますね。STYLERが株式会社として設立した日が2015年3月ですから、たった数ヶ月でメンバーが集まっていることになる。スタートアップながらも自然に人を弾きつけるところが、会社として、サービスとしての「STYLER」の魅力でもあるのかな。
・STYLERでのポジションは?
主にRailsを使ってSTYLER(現在はwebアプリ版)の開発を担当しています。 “イライ”をタイムラインに投稿できる、ショップスタッフがその“イライ”に対して“テイアン”を返す、ユーザーとショップスタッフが1対1でメッセージの交換ができる、誰かの“イライ”に「イイネ」をつける……そういった人と人が新しい形でつながることのできるサービス・機能をメインに、日々サービスの改善、品質向上に取り組んでいます。
・STYLERをつくっていくなかで感じたことはある?
自分でコーディングしたものが機能としてアプリに適用され、いろんな人に利用してもらい、実際にそれが機能として成りたつ、そういった過程(サービスがどんどん変化していく様)が面白いなと。また、ユーザーやショップにとって本当に必要なサービスとしてSTYLERが機能するためにはどのようにプログラミングをすればよいか考えるのも面白い。STYLERのサービスはもちろん、僕のエンジニアとしての技術も向上していることが実感できますね。
・エンジニアの道を選んで良かったと思う?
僕はエンジニアになって本当に良かったなと思います。それはエンジニアを始める前よりも、明らかに自分の可能性が広がっているから。例えば「英語を学ぶことで世界が広がる」と言いますよね。プログラミングもそれと同じこと。僕自身もプログラミングを学んだことでサービスを“利用する側”から“つくる側”の世界に踏み込みました。つくる側になったことで利用する側の立場では見ることのなかった部分や面白さを発見することができたんです。これはプログラミングを学ばなければ到達できなかっただろう世界、可能性だと思います。
それは「人とのつながり」といった部分でも同じことが言えます。僕自身もプログラミングを学んだことで、プログラミングを学ばなければ出会えなかっただろう人たちと出会えることができました。その出会いはエンジニアとしての糧にもなる。そういった世界も広がることも、エンジニアならではの魅力だと思います。
・最後にユーザーへのメッセージをどうぞ
サービスづくりに関わるうえで大切なことは“ものづくりが好き”であること。単にプログラミングをするというより、サービスづくりを楽しみながらプログラミングを学ぶという姿勢の方が重要だと思います。楽しむことで自ら技術を学ぼうという意識が芽生え、技術を磨きつづけようと思える。その磨いた技術をどんどん活用することで可能性が広がるからです。そういった意思を持ってサービスづくりの世界に飛び込んで欲しいですね。

STYLER's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Like
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon