TikTokを運営している「オペレーション」の仕事とは?

今回イベントを行わさせていただいたのは、シリコンバレーのスタートアップ支援組織として有名な 「Plug and Play by 東急不動産」が日本進出と共にオープンした渋谷にある拠点。本イベントではTikTokと一番近い距離で働いており、アプリを盛り上げるために様々な活動を行うオペレーションチームについてご紹介させていただきます。当日は、TikTokで働くことや、オペレーションチームの仕事内容について興味を持ってくださった方が、30人以上参加。また、TikTok社員とのネットワーキングを楽しみにお越しいただいた方もいました!

ソーシャルメディアのクリエイターマネジメントに興味がある方や、ソーシャルメディアやゲームアプリのコンテンツ企画に興味がある方、また、TikTokで働くことに興味のある方はぜひご一読ください。
最初に登壇したのはTikTokオペレーションチームでクリエイターパートナーシップを担当する渡辺。TikTok内で様々なジャンルの良質な動画を投稿してくれるクリエイターをTikTokが裏側からどのようにサポートしているのかを説明しました。

クリエイターパートナーシップ担当として渡辺は主に

  • クリエイターの発掘と育成
  • 他部署との連携した企画
  • コンテンツ調査
  • オフラインイベント企画

を行っており、クリエイターの発掘から活躍の場の提供までをサポートしています。

また、自身が最もやりがいを感じる瞬間として、自分が発掘し育て上げたクリエイターがTikTokで非常に人気になった時、そして自分がデザインしたハッシュタグチャレンジが高いユーザーエンゲージメントを記録した時の二つをあげました。

次に登壇したツール企画担当の斎藤が、まずハッシュタグチャレンジのマインドマップを紹介しました。マップは縦軸が難易度の高低、横軸が多様性の有無の程度を表しています。そして各エリアに該当するハッシュタグチャレンジを紹介しました。

新たなスタンプを開発と、ユーザーがより手軽に動画を投稿することができるようになります。

スタンプを作るプロセスは
ステップ1:ブレインストーミング
ステップ2:審査
ステップ3:スタンプ制作
ステップ4:デモ動画作成
ステップ5:修正
ステップ6:公開
ステップ7:ユーザーからのフィードバック
があります。

説明の中で、#誰でもダンスや#髪色チェンジ、#アイドルシャッターなど非常に人気だったチャレンジの共有も行い、TikTok内でのスタンプが持つ重要な役割を参加者の皆様にご理解いただけたかと思います。

その後のQ&Aと懇親会では参加者のみなさんから多くの質問があり、TikTokについてより深く知っていただきました。参加者の方からは、「非常にフラットでフレンドリーな職場環境が魅力だと感じました。」「若く優秀な人材を集めており、さらに大きな裁量を任せていることがすごいと思いました。」「このイベントを通じて、転職先として一番魅力的な会社だと感じるようにまりました。」といったコメントをいただきました。

参加者の方々にTikTokオペレーションチームがどのようにTikTokをより魅力的にしているかを知っていただいたと同時に、このようなフィードバックもいただくことができて非常に光栄です。

このイベントを逃してしまった方もご心配なく!TikTokは今後もイベントを開催します。ぜひ次のイベント情報をチェックしてみてください!

TikTok's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more