1
/
5

Interview #01「良いものを作る」環境を探して、たどりついた場所

社員インタビュー第一弾は、エンジニアの高山さんです。「良いものを作る」ことを信念に開発を続けてきた高山さんがZaimへの入社を決めた理由と、そして家族との時間を大切にする働き方についても聞いてみました!


Interview #01

Kyosuke Takayama  高山 恭介

エンジニアマネージャー, iOSアプリチームリーダー



Q  Zaim で働こうとおもった理由を教えてください

もともと開発にあたって「便利なものを作る」ということにしか興味がありません。なかでも「自分自身が使うもの」ならより一層気持ちが入るはず、と思いその観点で仕事を探していました。そんな中で知ったのが Zaim というサービスでした。話を聞く中で、Zaim は「使ってくださるユーザさんの体験を向上させる」ということをものすごく重視しているという印象を持ちました。「良いものを作る」ということに集中できそうな環境だと感じられたことが入社を決めた理由です。また、技術者の採用は慎重にして少数精鋭だとのことで、レベルの高いメンバーと交わることが自身の技術力向上にもなりそうだというところにも大きな魅力を感じました。


Q  今取り組んでいることを教えてください

iOS 版のクライアントアプリ開発チームのリーダーをしています。自分自身でももちろん手を動かしますが、リリーススケジュールや進捗タスクの調整も重要な仕事です。また、マネージャーとして各エンジニアのマネジメントも行っています。業務を管理しながら目標を定めたり、「よもやま」という1on1の時間を設けて日常や会社のことを話し合いながら、エンジニアの業務の評価やレビューを行います。また、外部の会社と一緒に社内エンジニア勉強会の企画し開催もしています。
Zaim ではスケジュールやスピードだけを重視して、プロダクトの内部の設計や品質を犠牲にすることはまずありません。想定以上に時間がかかる場合でもじっくりと設計やテストに取り組みながらチーム全体で開発を進めていきます。安心感を持って開発を継続する環境があることは、エンジニアにとって大きなメリットだと感じます。

Q  Zaim のここがいい!を教えてください

わが家はまだ小さい子どもがいて夫婦交代で送り迎えをしているので、週に2,3回はそれなりに早く帰ることができる職場を探していました。Zaim では社員のそういった状況に応じた制度が豊富にあるので助かっています。例えば、フレックス制度はもちろんですが基本的に10時からの始業時間を前倒しにして早朝に勤務し、その分早く帰ることが出来る早出制度なども。1日の勤務時間が短くても、全体で調整すれば良い点など柔軟な働き方ができます。もちろんその分アウトプットの質を上げていかなければというプレッシャーはありますが、もともと家庭を優先しつつも仕事で成果を上げていきたいと考えています。限られた時間のなかでも最大限のパフォーマンスを発揮するための良い刺激になっています。




株式会社 Zaim では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング