ミニScalaまつり@青山 第2弾 ~今回は、ケーキ出せました!~



みなさん、こんにちは。

ファンコミュニケーションズ エンジニア採用担当の内田です。



前回、好評だったScala勉強会の第2弾開催しました。

今回は、F@Nのエンジニアだけでなく

セプテーニ・オリジナルさんから門脇さん、

スタートトゥデイテクノロジーズさんからタラソワさんにも登壇していただきました。


合計5名の登壇者で開催した第2回Scala勉強会!今回も大盛況でした!


1人目は、やっぱりこの方!はらけんこと原君です!

『初心者でも分かるbuild.sbt』について発表してもらいました。

原君は、viidleの配信部分の開発をしており、そこでbuild.sbtを使用しているそうです。
第1回よりパワーアップした発表をしてくれました!



2人目は、株式会社スタートトゥデイテクノロジーズからタラソワ ダーシャさん!

ScalaMatsuriで運命的な出会いをし、今回、登壇していただくことになりました。

ありがとうございます!

最近、Reflectionを使うことが多く、辛い思いをいっぱいしたそうなので、その共有発表でした。
本当にあった怖い話も交えてw発表してくれました。

笑顔がかわいく、とても癒された発表でした!



3人目は、F@NのTechLead 酒井君!

『GraalVMがScalaに与える影響』について発表してもらいました。

GraalVMは、4月に正式リリースされたものらしいです。
今までのJVMより速いということでベンチマークの結果を発表してくれました。



4人目は、株式会社セプテーニ・オリジナルから門脇拓巳さんです!

第1回のScala勉強会では参加者ですが、今回は登壇者として参加してくださいました。

ありがとうございます!

『Ammoniteで始める Scala Script』について発表していただきました。
デモンストレーションでは、Ammonite-Scriptを実際に実行してくれました。

次回も是非登壇したいです!とのことでとっても嬉しいですね!



最後は、この人!ダイナミックこと石川くん!

こちらも酒井君同様、4月に正式公開されたばかりのライブラリで『arrowsというライブラリ』について発表してもらいました。
arrowsの実行方法や他のライブラリとの比較を発表してくれました。



もちろん発表の後は、懇親会!

お寿司も!

そして待望のケーキ!エンジニアのグルメ大臣からのおすすめでとても美味しかったです!



懇親会も大盛況で第1回同様、2回も締めをしましたw

寿司だけ食べて帰る職人も現れずw、ケーキも無事に出せ(詳細は、こちらをご覧ください)w

登壇者のみなさんおよび参加者のみなさんのおかげで

無事に第2回を終えることができました!

ありがとうございました!



ということで次回も開催します!!!

勉強会などの情報は、こちらから~!

株式会社ファンコミュニケーションズ's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings