配属から1週間、新卒エンジニアに聞きました「AbemaTVってどう?」

技術広報担当の植木です。先日の投稿ではAbemaTVで活躍する新卒エンジニア 山中をご紹介いたしましたが、今回は同時期にAbemaTVにジョインした新卒エンジニア8名に集まってもらい、AbemaTVの開発環境について聞いてみました。

サイバーエージェントでの全体の技術研修を終え配属から1週間、彼らは日々AbemaTVで開発する上でどんなことを感じているのでしょうか。


サーバーサイドエンジニア
芝田 将
山本 聖大


iOSエンジニア
横山 祥平
石川 諒
森下 侑亮


Androidエンジニア
仙波 拓
竹田 智
纐纈 雄士




最初の自己紹介では少し緊張していた様子の新卒メンバーでしたが、話を聞いていくうちに次第にリラックスした雰囲気に。



(1)配属直後に即アサイン

まずはじめに新卒エンジニアたちが口を揃えて言っていたのは、配属後すぐに責任ある開発を任されていることへの嬉しさと大きなプレッシャーでした。AbemaTVでは新卒向けの研修などはあえて用意せず、新卒メンバーは配属後すぐに各機能の担当を任され、実装に入っています。



「新卒だからといって過保護に扱われることなく、配属した翌日からエンジニアの一員として普通にチケットが切られていたのは嬉しかったですね。AbemaTVで初めてのタスクはユニットテストを書くことでした。AbemaTVにはそれぞれのAPIをまとめてフレームワーク化しているのですが、一つ一つのリクエストによってテストの書き方が異なり、見落としがあるとサービスにとって致命的なので丁寧に作業する必要があります。今後開発をしていくでプロジェクトの根幹を知ることができたので、とても勉強になりました。」
(石川)


「エンジニア全体の新卒研修の後、配属後すぐに実装できる環境を用意してもらっていたのがありがたかったです。会社によっては配属後もまだ研修が続く場合もあると思うので。」
(纐纈)


「最初は新卒向けの小さなタスクを任されるのかなと配属前は思いましたが、現在iOSエンジニアとしてAbemaビデオを担当しています。配属後すぐに大きな機能の開発に携われるのはもちろんプレッシャーもありますが、その責任の大きさに日々やりがいを感じています。」
(森下)






(2)学生時代から知っているエンジニアと働ける喜び

AbemaTVで働くエンジニアは “インターネットテレビ局” というこれまでにないサービスの開発で得た知見を皆積極的に社外にアウトプットしています。

ただそういった環境で働ける喜びもある一方で、新卒メンバーにはジョインする前に不安もあったそう。優秀なエンジニアばかり集まっているからこそ殺伐とした雰囲気であったり、若手が意見を言いにくい環境なのではといった思いがあったようです。



「学生時代から積極的にOSSの活動に取り組んでいたのですが、当時からよく知っていた
@marty_suzuki@dekatotoro などと今一緒に働けていることが嬉しいです。
また、「AbemaTV」はサイバーエージェント内のトップレベルのエンジニアが集まっており、平均年齢も他のプロジェクトよりも比較的高いため、ジョイン前は殺伐とした雰囲気なのではと心配していました。でも実際に入ってみるとコミュニケーションの量も多く、チームで頻繁にランチにいくなど業務外でも仲が良いのが印象的でした。」
(横山)


「入社前から知っている先輩ばかりだったので、最初はかなり緊張しました。ただ、レビューのときなど年次に関係なく意見を言い合う雰囲気を先輩方が積極的につくってくれています。」
(石川)


「トレーナーだけでなく周りの先輩エンジニアに気軽に相談できたりと、約10名いるサーバーサイドチーム全体で育成してくれている雰囲気がありがたいです。」
(芝田)


「私のトレーナーの稲見も海外のカンファレンスで登壇するなど国際的にiOS業界で有名ですし、
Androidでも wasabeef「Yukiの枝折」@Yuki312 が在籍しているなどエンジニアとして働くには最高の環境だと感じています。」
(森下)





(3)毎日の朝会など面倒な会議がない

AbemaTVの開発環境については、以前AbemaTV iOSエンジニアの服部が執筆した
「AbemaTVに入社して3ヶ月経ちました」というブログをぜひ読んでいただけたらと思うのですが、新卒メンバーはどのように感じているのでしょうか。



「AbemaTVでは2週間に1回スプリントを切っていますが、開発局全体では2週間に1度スプリントレビューがあるだけで決められた毎日の朝会や夕会ないので気分的にも楽です。ジョインしてまだ1週間ですが、開発に集中しやすい環境だなと感じました。」
(芝田)


「私たちはまだ配属されたばかりなのでオフィスで開発するようにしていますが、先輩方は柔軟にリモートワークを取り入れたりとかなり自由な環境で驚きました。」
(竹田)


「開発局局長の長瀬がエンジニアの考え方をすごく分かってくれているので、エンジニアにとっても働きやすい環境だなと思います。」
(横山)






(4)大規模サービスだけど「すぐやろう」

先日の開発局局長 長瀬の投稿でAbemaTV開発チームの行動指針についてご紹介いたしました。行動指針にある「すぐやろう」「フロンティアスピリッツ」のマインドは配属間もない彼らにも着実に根付いてきているようです。



「AbemaTVにジョインして驚いたのは、この規模のサービスながらプロダクト改善のサイクルがすごく早いこと。先輩方のように、私たちも一つ一つ丁寧に開発しながらも、スピード感を忘れないエンジニアになりたいです。」
(石川)


「iOSエンジニアとしてグロース部分を担当しているので他職種で関わるメンバーが多いのですが、会議は最小限にしてデザイナーの席まで直接相談しに行ったりと、ささいなことでもスピード感を忘れないようにしています。心地よい緊張感の中で日々開発できています。」
(横山)





いかがでしたでしょうか?

「技術でAbemaTVの事業成長をサポートしていきたい」「偉大な先輩方のもとで成長させてもらえるので、早く一人前になって自分も下の世代を育てていきたい」など熱い気持ちをたくさん語ってくれた新卒エンジニアたち。高い志を持った新卒メンバーが入ってくれて、AbemaTVとしても非常に心強いです。

AbemaTVでは引き続き新卒エンジニアの成長過程をこちらでご紹介いたしますので、今後もぜひチェックしてみてくださいね。

株式会社AbemaTV's job postings
Anonymous
Anonymous
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Fb9bbbdb 836e 4e55 90d7 3da180abb832?1500958979
20 Likes
Anonymous
Anonymous
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Fb9bbbdb 836e 4e55 90d7 3da180abb832?1500958979
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon