1
/
5

【インフルエンサーマーケティングって何?】 A Inc. CEOが語る、消費者視点を取り入れたPRの強み

こんにちは!A Inc.広報担当の佐藤です。

だんだん寒さが厳しくなってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今回は、A Inc.のメイン事業である「インフルエンサーマーケティング」とは何かについて、特集していきたいとおもいます!

AInc.のWantedlyを訪れてくださった方の中には、インフルエンサーマーケティング未経験の方や全くの異業種からの転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて、A Inc.の事業により具体的なイメージを持っていただけるよう、弊社CEO中嶋にインタビューしながら、インフルエンサーマーケティングの基礎についてご紹介していきます。

A Inc.CEO 中嶋泰  通称やすさん

代表インタビューはこちら https://www.wantedly.com/companies/acetokyo/post_articles/290624


―こんにちは。早速本題に入るのですが、ずばり“インフルエンサーマーケティング”とは何なのでしょうか。(笑)

中嶋:

わかりやすくお伝えできるように頑張ります(笑)

みなさんはインフルエンサーと聞いて頭に浮かぶ人はいるでしょうか?あまり思い浮かばない場合でも、Twitter,Instagram, YoutubeなどのSNSを日常的に使っている人は多いと思います。そうしたSNS上で、特にフォロワーが多く、他のユーザーに対して影響力をもつ人たちを「インフルエンサー」と呼びます。

インフルエンサーマーケティングとは、そうした「インフルエンサー」に商品やサービスをPRしてもらい、口コミによって、購買や使用などの消費者行動に影響を与えるコミュニケーション型のマーケティング手法です。

2017年ごろから徐々に注目され、2020年現在のインフルエンサーマーケティング業界の市場規模は約317億円ほどですが、2028年には933億円ほどの市場規模が見込めると言われており、急成長中の業界と言えると思います。


―なるほど。かなり拡大の見込める業界といえますね。では、なぜそこまでインフルエンサーマーケティングが注目されるのでしょうか?

中嶋:

まず一つは、従来のマスマーケティングに比べ、より確実なターゲティングが可能になることがあげられると思います。インフルエンサーにはそれぞれファッション、グルメ、旅行などの特化しているジャンルがあるため、そのジャンルへの興味関心を強く持ったフォロワーがついています。起用するインフルエンサーによって、ジャンル別、年代別、男女別にターゲティングできることは、従来のマスマーケティングに比べた強みであると言えると思います。

あとは、口コミの拡散とUGC(User Generated Contents)の獲得が期待できることは大きいかな、と。

企業が消費者に向けて直接メッセージを発信する従来型のマーケティングと比べ、インフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサー自身が実際の感想などを交えて商品を紹介してくれるため、消費者の視点を取り入れた、共感性と訴求力の高いPRが可能になります。

こうしたPRは広告臭も少なく消費者に受け入れられやすいため、商品やブランドに対する認知や購買意欲を自然に向上させることができるんですね。

そうすることでターゲット間において質の良い口コミが拡散されることも多く、またそうした口コミ自体もSNS上で拡散されることが多いため、UGC(ユーザーが生成するコンテンツ)の獲得が期待でき、ブランドの信頼性を高めることも可能になります。

PRを通じて消費者間でムーブメントが起きることは、ブランドや製品にとっても大きなメリットとなるので、そうした動きを生み出せることはインフルエンサーマーケティングのかなりの強みであると言えます。



―ありがとうございます。注目されている業界なので、それだけ携わる企業もたくさん存在すると思うのですが、A Inc.が考える“信頼できるPRやインフルエンサーマーケティング”の特徴とは何でしょうか?

中嶋:

そうですね。特に大事なのは、起用するインフルエンサーのフォロワーが多ければ多いほどいいというわけでは全くないということ。信頼できるインフルエンサーマーケティングにおいて重要となるのは、フォロワーの有無というよりは、フォロワーの質、そしてブランドや商品とインフルエンサーとの適切なマッチングです。

どれだけフォロワーが多くても、男性のフォロワーが多いインフルエンサーに女性向けの商品をPRしてもらったところであまり売上には繋がりません。また起用したインフルエンサーの信用度が低ければ、実際の購買には繋がらず、どれだけPRを打っても効果が出ないという事態が起きてしまいます。

A Inc.ではそうした事態を防ぐために、過去の膨大なPR施策のデータをもとに、インフルエンサーの信頼性や、どんなブランドとどんなインフルエンサーの相性がいいのかについて分析を繰り返し、より費用対効果の高い施策を実施できるよう、取り組んでいます。



―どれだけ適切なマッチングを行えるかが重要となってくるのですね。ありがとうございます!では最後に、A Inc.やインフルエンサーマーケティング業界に興味を持っている方にメッセージはありますか?

中嶋:

インフルエンサーマーケティングは、消費者により多くの素敵な商品との出会いをもたらすだけでなく、才能を持ったインフルエンサーたちの可能性を伸ばすことにも繋がります。A Inc.のミッションである「人の可能性に光を当てる。」という言葉どおり、それぞれの得意なジャンルで活躍する人々と協力し、信頼に値する商品を世に届けられることはとても素敵な仕事だと、わたしは考えています。

また、A Inc.が展開するインフルエンサーマーケティング事業では、インフルエンサーさんやクライアントとのコミュニケーション部分も重要視しており、マーケティング未経験の方でも比較的挑戦しやすいかと思います。分析面に関しても、実際の施策を経験し、他社員から学ぶことで力つけられる環境です。

コミュニケーション力に自信があり、自分の頭を使って考え行動することが好きな方、アパレル分野に興味のある方、お待ちしています!ぜひ一度お話をしましょう!

―やすさん、ありがとうございました!


みなさん、いかがだったでしょうか。少しでもインフルエンサーマーケティングとは何なのか、またA Inc.の手がける事業についてのイメージを持っていただけると幸いです。

A Inc.では、mission/vision/way に共感し、一緒に事業を拡大していける仲間を募集しています。

ぜひエントリーお待ちしております!

A Inc.'s job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more