一歩踏み出して変わった景色〜新たな挑戦から得たもの〜

#TeamAnyMind のフレッシュでアグレッシブな新卒メンバー、#AnyMindRookies
彼らによる自主企画で、
進路に悩んでいる就活生や、AnyMindにちょっとでも興味がある人たちの相談にも乗っちゃいます!
この記事の最後にあるリンクからお問い合わせください!
今回記事を執筆してくれたのは、2018年3月に中央大学を卒業し、2018年4月からAnyMind Groupの
株式会社フォーエムへ入社する、大久保 友生さんです。

幼少期からの夢に向かって一直線

小学生の時、ある放送局でアナウンサーの体験をしました。

それがきっかけで“将来はアナウンスの仕事がしたい”と漠然に思い、小・中学校では放送委員会に、大学生でアナウンス研究会に所属していました。その他にもアナウンススクール2校に通い、演奏会やスポーツ大会での司会、バスのツアーコンダクターなどを務めました。

アナウンスとしての知識や経験を積むにつれて、上手に原稿を読むだけではなく、“心に響く伝え方”に興味を持つようになり、「伝え方が9割」の著者である佐々木圭一さんの元で伝え方を学んだり、ベンチャーの広告代理店で企画に関わる短期インターンをしたりしていました。

就活真っ只中、反対を押し切って新たな挑戦をした

大学4年生になり、それまで熱中していたアナウンス活動から学んだ、“心に響く伝え方”のスキルを活かして、この先は

自ら色々な情報を集めて、魅力あるものを世の中に発信したい!

と思うようになったんです。
その時、中央大学商学部にある「ビジネス・チャレンジ演習/実習 サッカークラブ経営」というゼミ形式の講座を見つけました。名前の通りビジネスに挑戦するもので、商学部の2年生から4年生に参加資格がありました。
この講座では、東京23FCという関東リーグ所属のサッカークラブの経営に半年間携わり、「2017年9月9日の試合で5000人を動員し、会場を満員にする」というミッションがありました。例年とは違い、有料試合を開催することになり、このミッションを実現する為にはどうすべきかを自分達で試行錯誤しながら、企画し行動するという課題が与えられていました。この活動に惹かれ、大学4年生の4月、私は周りに反対されながらも就職活動と並行して挑戦することを決めました。
結果的にこの挑戦が、今の私に大きく影響を与える事になりました。


自分で作っていた限界に気付く

就職活動もしながら私は、総勢19名いる「サッカークラブ経営」メンバーの代表を務め、半年後に行われる試合の魅力を伝えるために、イベントの企画や、飲食店誘致、広報活動を行いました。

東京都内のゆるキャラとのグリーティング企画をしたり、飲食店計10店舗を誘致してグルメ祭の開催を企画したり、色々なアイディアを出し合いながら、実際に営業活動のようなことも行っていました。また、メディア50社ほどにメールでのアプローチも行いました。しかし返信がきたのはたったの数件…。その中でもいくつかのメディアに私たちの活動について取り上げていただけました!(実際の記事

ここまでで自分ができることは全て行ったと思っていたら、教授からまだやれることがあると指摘されて驚きました。そこで、これまで問い合わせしたものの連絡が返って来ないメディアに対して電話をして企画書を送ったり、メールの再送もしました。

すると、なんと大手新聞記者の方から連絡が来たんです!
そして、私たちの活動について取材をして頂き、全国紙に掲載されました!



この時私は、「自分で勝手に限界を決め、諦めていたら何もできない」ということに気づきました。

失敗の先に見えた景色

 2017年9月9日、私は大学生活で最も悔しい思いをしました。学生最後の夏を懸けて挑戦したこの活動が、5000人という目標値に対して、実際の動員数1450名、というかたちに終わったからです。

しかし、失敗の中にも得るものはたくさんありました。

中でもこの講座を通して、一歩踏み出すことで景色が変わることを実感しました。就活と並行しつつもこの挑戦をしたことで、学生ながらも自分以外の人たちを巻き込んで企画を考えたり、スケジュール管理や効果的な人員配置など全体を統括するビジネスに挑戦することができました。

また、魅力を発信するための方法に限界を作らず、様々な方法でアプローチした事で全国紙に取り上げてもらうこともできました。

これまで私はあまり失敗をしたことがありませんでしたが、挑戦したことにより大きな失敗を経験し、その失敗から多くのことを学びました。

挑戦することにより、得られた選択肢

魅力あるものを発信したい!人の心を動かしたい!という想いから、就活中はメディアや広告、PR関係の企業を中心に受けていました。
就活当時、フェイクニュースについて多く報道されていたことや、「サッカークラブ」の広報実務をしたことで、“情報を発信する媒体自体が、信頼されるものである必要性”に気付きました。

そんな時、媒体の収益化を支援しているフォーエムという会社に出会いました。
「そもそも媒体自体がきちんと収益化をしていなければ、時間を割いた取材に基づく正確な情報を読者に伝えることができない」と思ってはいました。でも就活を始める前までは、フォーエムのような「媒体の収益化を支援している会社」があることは知りませんでした。

もしフォーエムに入社出来たら、自分の手で信頼される媒体社の支援をすることができ、一人でも多くの人に良質な情報を発信できると思い、内定を頂き入社することを決めました。

就活を始めた頃は、大手やベンチャーに関わらず、人数を多く採用する企業で同期と競い合いながら成長していきたいとういう想いがありました。そのため、もともとは人数の多い環境を選んで就活していたのですが、「サッカークラブ経営」の際、たった19人でプロジェクトを遂行した経験から、一人一人の重要性や責任の重さを感じ、少数精鋭のフォーエムでいち早く活躍する!という選択が良いと思い、入社を決めました。

フォーエムへの入社は、学生最後の夏の挑戦がなければ決まっていなかったかもしれません。さらにフォーエムには、「サッカークラブ経営」の記事を取り上げていただいたメディアとお取引があることを知り、私の中でとても縁を感じています。これからも限界を決めずに突き進み、自然と周りを巻き込こめる存在になりたいです!

この記事を読んで、#AnyMindRookies から直接話を聞いてみたい!と言う方は、
下記のリンクよりお気軽にご応募ください!たくさんのご応募お待ちしております(^ ^)

【就活生限定!】#AnyMindRookiesの話を聞いてみたい!

中途採用も積極的に募集しています!#TeamAnyMind まだまだメンバー募集中!!

AnyMind Group's job postings
Anonymous
5b7b785b 5fc0 4848 a24b b0291146881c
Picture?height=40&width=40
Picture?1523111978
F422463c a704 462a b61b e9d1cb3a083d?1512037620
Picture?height=40&width=40
8 Likes
Anonymous
5b7b785b 5fc0 4848 a24b b0291146881c
Picture?height=40&width=40
Picture?1523111978
F422463c a704 462a b61b e9d1cb3a083d?1512037620
Picture?height=40&width=40
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon