1
/
5

START UP competition~2017 winter~が開催されました!

アドウェイズの社内制度の1つである、「START UP competition」。

事業を生み出す事のできる社員を育成するという主旨の元、設けられた育成プログラムです。今回、参加者は約3ヶ月の時間を掛け、役員と度重なるブラッシュアップを行い、新規ビジネスプランを作成してきました。

このビジネスプランを、アドウェイズ代表の岡村や役員、オーディエンス社員達の前で発表し、社員からの投票を元に順位を競うための本戦が、2017年12月11日(月)に本社ビルにて行われました!



2017年8月の社内公募にて、15チームが応募。その中からビジネスプランのブラッシュアップを経て、7チームが当日の本戦に参加しました。

参加者は、過去のSTART UP competitionに参加経験のある社員から既存サービスのディレクター、2017年度新卒社員まで、幅広い顔ぶれ。

自ら声をあげれば、年齢や社歴に関わらず挑戦する機会が与えられるのは、アドウェイズの社風ならではです。


それぞれのチームが、練りに練って考えた新規ビジネスプランを発表します。


事業化したいという想いが、自信のある発表から伝わってきます!


時には笑いもあり・・・


オーディエンス社員も真剣に発表を聴いています。


代表の岡村も、質問に熱がこもります!


オーディエンス社員や、他参加者からも積極的な質問が飛び交います!


そしてとうとう、投票の時が。


どの発表も良かっただけに、オーディエンス社員もかなり悩んでいる様子です。


そして結果発表。

7チームの新規ビジネスプランから、果たして事業化に至るサービスは生まれるのでしょうか?!




今回のSTART UP competitionでは、全チームの事業案とプレゼンテーションを見た結果、役員達によって事業化に至る案がないとの判断となり、惜しくも1位は該当なし、という結果になったものの、2位と3位を受賞したチームには、表彰状と賞金が授与されました!



2位を受賞した「Be Healthy」。子会社取締役と既存サービスのディレクターによるチーム。堂々とした力強い発表と、全チームの中で最も世の中の課題解決ができるビジネスプランだと判断され、更に最多投票数を獲得しました。


3位は「RAINBOW」。営業と人材開発担当から成るチームが受賞しました!



最後は、取締役(新規領域担当)、山田からの言葉で締めくくりました。


今回の約3ヶ月間に渡るSTART UP competitionを通して、この制度をさらに質の高い育成プログラムにするための課題点が明確になりました。次回は、その課題解決に向けた施策も行う予定です。

さらにパワーアップする次回のSTART UP competitionにも、是非ご期待ください!


最後に参加者全員で記念撮影。


参加者の皆さん、3ヶ月間、お疲れ様でした!

株式会社アドウェイズでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
今週のランキング