1
/
5

父親の育休取得率は・・・75%!!

皆さまこんにちは。

再び登場、小澤です。

ベンチャーでワーク・ライフバランスとか子育てって、実際どうなの?!

という方のために。

現役ワーママの厳しい視点で、揚羽をチェックしてみます。



揚羽は創業者の湊が若かりし頃、映像制作業界の理不尽な下請け構造による

長時間労働や仕事に見合わない低賃金、また

制作会社自体の原価意識の薄さといった様々な既成概念に疑問を感じ、

「この業界を変えてやる!!」

という強い想いとともに、2001年に生まれた会社です。


その創業精神から、“働きやすさ”をとても重要視しているのですが、

中でも私が最も驚いたのは、

【男性の育児休暇取得者が社内に4人もいる】 

という事。


「・・・ふーーーーん」と、思った方、

「最近は男性の育休が増えてるらしいしねー」と思った方、

少々お待ちください。



2015年度の厚労省の雇用均等基本調査によると男性の育児休業取得率は、

2.65%。

(これでも、調査開始以来、過去最高値を記録しています)


揚羽は、2017年2月末現在

男女比6:4、平均年齢32.2歳、100人強  の組織。


2016年だけで見ると、なんと

新生児を持つ男性4人中 3人、育休取得率は75%なのです!!



世の中より、一歩進んでいる制作会社 揚羽です


実際、休暇として取得できた日数は少ないかもしれませんが、

これが世のママ達にとってどれ程心強いことか。。。


また、1日1日成長するこどもとじっくり接する機会を持てる

パパ社員が得るものは、相当なモノです。

(実際はそれどころじゃないかもしれませんが)


他にも、家族の誕生日には早く帰れる「誕生日早帰り制度」や

家事代行などのライフサポートが割引価格で受けられるなど、

揚羽らしい取組みが沢山あります。


今後、さらに働きやすくて楽しい職場づくりのための新制度が

できる予定です。


世の中より、一歩進んでいる制作会社 揚羽です。


新しい制度は順次HPに掲載していきます。

乞うご期待!です。

株式会社揚羽では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
今週のランキング