農業ベンチャー、アグリゲートの1年を振り返る。

こんにちは!アグリゲート広報の佐藤です。
2017年最後の日に、今年一年を振り返ろうと思います!

ベンチャーの1年はあっという間。
とにかく速い。速すぎます。

なんでそんなに速いかというと、
やるべきこと、やりたいことが多すぎて時間が足りないということなのでは!?
と個人的には理解しています。

そんな農業ベンチャーである弊社の1年の振り返りを、会社を代表して広報よりさせていただきたいなと思っています!

2017年のトピックスといえば数え切れないほどあるのですが、あえて挙げるとしたら、

・「旬八キッチン」の誕生
・雲仙市との取り組み(雲仙市コラボ店舗オープン、雲仙市からの産地直送自社便構築)
・ITを活用したプラットフォーム事業開始
・多数の取材やテレビ放送など

の4つかなと。

私が日々歩き回りながら撮影している写真と共に振り返りいたします。


1、「旬八キッチン」の誕生

2013年10月に旬八青果店1号店がオープンして早4年。
「新鮮・おいしい・適正価格」をコンセプトに、その名の通り野菜や果物を販売しています。
そんな中、2015年の夏頃に旬八青果店大崎店で、野菜を使ったお弁当・お惣菜の販売をはじめたところ、なんとお惣菜の売り上げが青果に追いつくほどに。
(詳しくは、旬八運営事業部のMgrがブログを書いています→https://www.wantedly.com/companies/agrigate-cojp/post_articles/76009

「野菜が摂れるだけじゃなく、野菜がおいしい」
「毎日買える価格なのがうれしい」

と、近隣のオフィスワーカーや住民の方々にご好評いただき、
多くの方に足を運んでいただけるようになりました。

と同時に、
旬のおいしい青果をすぐに食べられる形で提供してもらいたい、というニーズがかなりあるということを実感。

そして2017年3月、
旬八青果店が始めたお弁当とお惣菜のお店旬八キッチンを天王洲アイルにオープンさせました。

あれから早9ヶ月。今でも長蛇の列ができるほど多くのお客様にご利用いただいています。
当初2台だったレジも、4台になって毎日フル回転!


2017年12月時点で、旬八キッチンは天王洲店、有楽町店、虎ノ門店、西新橋店の4店舗に増えました。

ありがたいことにたくさんの出店依頼のお声を頂戴し、
順調に店舗展開を続けておりまして、
これまで以上に都市の方々に旬の食材を楽しんでいただけていると感じています。

また、来年はより多くの方々に旬の青果をお届けできるよう、
セントラルキッチンの稼働に向けてアクセルを踏んでまいります!



2、雲仙市との取り組み(雲仙市コラボ店舗オープン、独自の産地直送便構築)

長崎県雲仙市からの産地直送便を構築し、雲仙市とコラボの店舗を虎ノ門にオープン。
これには約3年ほどかかりました。

長崎県雲仙市は、資源が豊かで農作物も豊富。農業に適した気候で環境もよく、何度も訪問していますが、青果販売目線で見ても本当に美味しものがたくさんあるなと感じています。長崎県雲仙市のおいしいものを、都市に届けたい。そんな想いで、地元の方々とともにこの取り組みを進めてまいりました。

(ちなみに、雲仙市とのお付き合いは雲仙市長が赤坂店にご来店されたのがきっかけ。そこから、実際に青果を仕入れさせていただき店頭で「雲仙市フェア」を開催したり、持続可能な物流構築に取り組んだり、なんども出張に行かせていただき多くの生産者さんや自治体の方とお話させていただきながら信頼関係を築きここまでやってきました。)

課題になったのは、やはり物流。販売をするにも、持続可能な物流を構築しなければならない。そこで、雲仙市に地域商社を設立。熱い想いを持った地元のお茶農家「長田製茶」の代表である長田さんが、雲仙市から東京への産直便の集荷機能を担うための会社を作りました。

地元の方々と私たち、どちらも本気で取り組まないと成り立たない事業です。それを理解し、自ら名乗りをあげて会社を設立し、雲仙市のおいしい食材を都市に広げていくために毎日私たちと連携を取りながら流通を構築していこうとしている長田さん。これだけ地元のために全力を注いで関わってくださる方が現地にいるということは、本当に誇りだと思います。

雲仙市との取り組みを書いていたら想いが高ぶってきたのでここまでにしますが、このようにして作り上げてきた産直便、そして旬八キッチンの雲仙市コラボ店。
私たち自身もこの取り組みを通じて、業界の流通に携わる方々の考え方や根強い課題を痛感することになり、本当に勉強になりました。

来年はさらに雲仙市のおいしい産品を都市の方々にお届けできるよう、産地と一緒に頑張りたいと思います!

3、ITを活用したプラットフォーム事業開始

弊社では、2017年からIT事業を展開しています。

アグリゲートはこれまで、かなり泥臭く農業界の各所に自ら足を踏み込んできました。多くのプレイヤーが存在する食の流通構造の中で起きていること。本当に届けるべき情報が届けられていなかったり繋がっていなかったり。繋がっていたとしても産業の拡大とともに変化を仕切れておらず、拡大の障壁となるシステムのまま今も非効率な作業をおこなっていたり。

これらの改善策として、ITの活用に着手しました。
ITを利用したプラットフォームの構築、それによる課題解決。
この業界で伸びたいと頑張る生産者さんをサポートすべく、相変わらず泥臭く、いかに効率化し生産性をあげるかを、弊社のプラットフォーム事業は担っています。
これからアグリゲートが成長する上でも、非常に重要な事業です。

来年はさらに加速させたい!!!
目から鱗なこともたくさんあるので、積極的にメディアにも取り上げていただけるよう頑張ります。


4、多数の取材やテレビ放送など

気づいたら、年間で65本もの様々なメディアに取り上げていただいておりました。
本当に本当に感謝です!

おかげさまで、多くの方にアグリゲートの取り組みを知っていただくきっかけが増えました。

特に、12月に放送されたカンブリア宮殿の反響はとても大きく、
私たち自身かなり気持ちが引き締まりました。

会社全体で連携を取りながら、効果的な広報活動を2018年も頑張りたいと思っております!


2017年のメディア露出(一部)

・cross road(テレビ東京)

・この差ってなんですか?(TBS)

・たけしのニッポンのミカタ(テレビ東京)

・ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)

・日経MJ

・農経新聞

・ガイアの夜明け(テレビ東京)

・カンブリア宮殿(テレビ東京)

などなど…(2017年は、テレビ東京さんにかなりお世話になりましたm(_ _)m)

2017年、本当に素敵な出会いとつながりに感謝です。




改めて、1年の間にいろんな動きがありました。

アグリゲートが掲げる「未来に「おいしい」をつなぐインフラの創造」のために、
1歩1歩着実に進んでいます。

会社の説明会等も実施していますので、興味のある方は是非ご参加ください!

(次回開催は 2018年1月25日(木) 19:30~21:00を予定しています。詳細は追ってwantedly上でお知らせいたします。)

▼先日開催いたしました会社説明会の様子はこちら
https://www.wantedly.com/companies/agrigate-cojp/post_articles/103199


さて、まもなく2018年突入です。
来年はもっともっと豊かな食をお届けできるよう、アグリゲートスタッフ一同邁進してまいりますので、引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします!

株式会社アグリゲート's job postings
Anonymous
Ce564ab6 5418 4232 b39f 8ff47ab72e14?1529508342
415976 3040317369588 243306430 o
Picture?1523054579
19748810 891278324357686 412147956343749945 n
12109225 1063486843675024 2803830850535169277 n
18 Likes
Anonymous
Ce564ab6 5418 4232 b39f 8ff47ab72e14?1529508342
415976 3040317369588 243306430 o
Picture?1523054579
19748810 891278324357686 412147956343749945 n
12109225 1063486843675024 2803830850535169277 n
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon