届けるのは“モノ”だけじゃない アグリゲートが展開する『都市型八百屋』のおはなし

八百屋の店頭で開催!‟旬”な新茶の試飲会

こんにちは!たびたび失礼します、広報の佐藤です。

私たちは現在、東京都内に10店舗の八百屋とお惣菜店を展開しています。
その名も「旬八青果店」と「旬八キッチン」。


さて先日、
その旬八青果店・旬八キッチンの店頭にて、長崎県は雲仙市よりお茶の生産者さんにご来店いただき、店頭試飲会が開催いたしました!

以前よりお取り扱いのある雲仙茶ですが、5月は“新茶”の季節ということと、
実はつい先日、旬八オリジナルのパッケージをつくらせていただいたこともあり、
リリース記念も兼ねてイベントを行いました。

▽長田製茶「雲仙茶」 旬八オリジナルパッケージ


緑茶とほうじ茶をセットで買うと、背景の山が連なります。何も言わなくてもセットで買うように促すスタッフはさすがです。(笑)


これまで、旬八青果店の店頭で試食会などを実施したことはありますが、
今年3月にオープンした旬八キッチンでの開催は初。
ランチタイムのお忙しい時間、行列のお客様にちょっと恐縮になりながらも、
水出しの新茶をお試しいただきました。

▽長田製茶さんの新茶。緑茶ティバッグは、水出しがとても速い。ランチタイムはお客様が続いたので、私は店頭でひたすら水出し業務に徹しました。



実際、旬八青果店スタッフも愛用している、手軽で美味しい長田さんの雲仙茶ティーバッグ。

試飲会を実施したことで、普段私たちのお店では野菜しか購入したことのない方々にもお試しいただけました。皆様のお気に入りの一品になると嬉しいです。


新鮮でおいしい適正価格の農産物とともに、食を豊かにする『情報』もお届け

弊社で取引をさせていただいている生産者さんは皆、
ご購入されるお客様の声を聞こうととても積極的です。

自分たちが作りたいものを作るにしても、
どうしたら現代の食生活にうまく取り入れられるのか、
どうしたら食を豊かにすることに貢献できるのか、
もっとこの商品を多くの方にお届けしたい、では多くの方に求められていることはなんなのか。

産地までなかなか届かないリアルな声を拾いに、
産地からはるばる東京の旬八青果店まで来てくださる方も多いのです。

また、都市の生活者の方々は、
普段なかなか顔を合わせることのない生産者さんと交流することで、
新しい食の楽しみ方を発見したり、おいしさが増すような嬉しいうんちくを教えてもらったり。


しかしながら、普段から生産者さんに来ていただくのは難しいので、
旬八青果店が代弁者。


旬八青果店は普段から、その商品に関する情報をかき集めては全体で共有しています。
わからないことがあれば、お店のスタッフがバイヤーに気軽に直接質問できるような環境にしています。
だから生産者さんの代わりに、栽培方法や生産者さん情報、おすすめの食べ方などをお届けできているのです。


「この野菜はこんな素敵な農家さんが作っているんですよ!」

「完熟で収穫し、農家さんから直送していただいているので、今がまさに食べごろです!」


そんなことを聞くだけで、なんとなく現地の風景が目に浮かんで、さらにおいしく感じちゃうのではないかなって思うんですよね。(私がまさにそれです。笑)


そして、私たちが常に消費者の方と会話することで、
実は見えていなかった潜在的なニーズを引き出すことにもつながって、
本当に求められているモノやコトを見つけられる、
そしてより良いサービスを生み出せるのだといつも感じています。


私たちが運営する旬八青果店や旬八キッチンは、都市と地方をつなぐ一つのメディアだと考えています。

そのメディアを最大活用し、地方を活性化して都市の食生活を豊かにする、
そんな想いで一緒に頑張ってくれる仲間を募集しています!

株式会社アグリゲート's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
5c31195c dd58 4727 8db6 ed256405e20a?1531312059
89f913ec 4aea 4fa9 b2c2 77673d696cb7?1532495357
3 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
5c31195c dd58 4727 8db6 ed256405e20a?1531312059
89f913ec 4aea 4fa9 b2c2 77673d696cb7?1532495357
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon