1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

AI技術をコアとして、企業のDXを実現する会社


ヒト起点のデジタル変革をSTANDARDにする

ここ数年、急速にAIの注目が高まっています。ビジネスやホビーにおける導入事例も増えており、「AIによってなくなる職業は?」などといった話題がメディアで紹介されたりもしています。
現在、AI技術の活用はほとんどの日本企業の経営戦略の中核となっていると言えるでしょう。しかし一方で、それを完全に実現できている企業はほとんどありません。

株式会社STANDARDでは、企業のデジタル化が困難を極める理由として、「ヒト起点」の視点が欠けていることにあると考えます。

高度かつ複雑に発展したテクノロジーを競争優位に転じていくためには、上辺の施策だけ変えるのではなく、組織を構成する『ヒト』から変わっていく必要があります。

当社では、このような難題に取り組んでいる企業の変革を促し、デジタル時代の豊かな社会を創ることを目指しています。

法人向けオンライン研修サービス「AI_STANDARD」を提供

デジタル技術の活用において最初の壁となるのは「AI・DX人材の不足」。
この課題を解決するために、当社が創業から「超実践・実務視点」に拘って手掛けるサービスが『AI_STANDARD』です。
現在、大手企業を中心として400社以上に導入されるまでとなり、興味を抱いている企業からの問い合わせも多く頂いております。オンライントレーニングを中心として、エンジニア(技術者)だけでなくビジネスサイド・経営層のリテラシー向上もカバーした内容です。

「AIを勉強するとき挫折する大きな要因には、数式が難しい、いつ使うかわからない、質問できる人がいないという3つがあります。専門書を読んでも難解な説明ばかりで理解しにくいし、質問したいと思っても、適切な人は周りにいない。しかも、学んだ手法やアルゴリズムをどうやって実務へつながるのかもイメージしにくい……。そこで『AI_STANDARD』では、東京大学と共同開発し、実務で必要な最低限の知識を網羅的に学べるように構成。動画解説や図解も豊富で、わからないことがあれば、オンラインで質問することも可能です」(代表取締役CEO 石井 大智氏)

同社が提供する『AI_STANDARD』
DX/AIプロジェクト推進に必要不可欠なエンジニアリング、マネジメント、リテラシーの知識を習得できるe-Learning教材

代表取締役CEO 石井 大智氏
大学在学時より、製造業の効率化のための統計解析を学ぶ。東大生のメンバーとともに東大人工知能開発学生団体HAIT Labを設立し、学生AIエンジニア600人の集まるプラットフォームに育てる。AIエンジニアとしてDeep Learningによる医療解析の業務を複数社で経験し、現職。


クライアントと協働する「DXコンサルティング」

当社では、根本課題であるAI・DX人材の育成強化に貢献しつつ、企業成長を飛躍的に高めるためのコンサルティングや開発支援事業にも取り組んでいます。


「AI・DX人材の不足」の壁を突破した後、DXを推進する上での軸足となるのが「戦略の構築」です。
当社のDXコンサルティングでは、環境分析から始まり、課題の抽出、施策の立案、実行ロードマップの策定まで、クライアントの目指すDXを実現し、自走できるまでの支援を実施します。
そして、既存事業の変革支援や、新規事業の立案を中心にクライアントニーズに合わせた幅広いプロジェクトを展開しています。

「DXやAI活用による事業創出の場合、アイディアや妄想力がキーポイントになったりするので、そこが非常に面白いです。もちろん、アイディアを生み出すための知識や情報収集は必須になりますが、『こんなことができたらクライアントの課題を解決できるのに』ということを起点にアイデアを出し、それをAIを活用してどのように実現できるか考えていきます。 そして、これは妄想を具現化できる優秀なAIエンジニアがバックにいる環境だからこその面白さだとと思っています。」(DXコンサルティング事業部 リードコンサルタント メンバー)


潤沢な技術力でスピーディなAIモデル構築を実現する

アイディアや戦略を机上の空論で終わらせず、形にする上で必要不可欠となるのが「技術開発」です。
当社では、東大早慶大学生を中心に800人以上のエンジニアが所属する東大人工知能開発団体「HAIT Lab」と連携し、スピーディに高精度なAIモデルの構築を支援します。
また、AI開発を内製化している企業に対しては実装上の課題解決に向けた技術アドバイスサービスを提供しています。

「クライアントが計画したアイデアが技術的に実現可能なのかを検証したり、コンサルティングやセールスの方々とチームを組んで徹底的なリサーチや意見交換を行います。チーム一丸となりプロジェクトが前進した時は、本当にやりがいを感じます。」(技術開発事業部 テクニカルリード メンバー)

代表取締役CEO 石井 大智(左)、代表取締役COO 安田 光希(右)、代表取締役CTO 鶴岡 友也(中央)

東大人工知能開発学生団体HAIT Lab
当社設立のきっかけとなった学生団体で、東大早慶大を中心に800名以上の学生が所属。当社が運営を手掛けているため、連携して高精度なAIモデルの構築を実現することが可能。

ビジョン、行動指針を共有・実践できる人とともに

株式会社STANDARD 3つの行動指針
(1)まずは自分が学ぶ
(2)価値検証スピード
(3)愛のあるストレート


求める人物像ーー(1)まずは自分が学ぶ
当社が取り組んでいるデジタル領域にはたくさんの技術とビジネスが存在し、それらは日々目まぐるしく進化しています。そのためにメンバーは常に自分の知識をアップデートさせていく必要があります。クライアントの経営の命運をかけるプロジェクトに携わっていくため、半端なことは許されません。
当社で活躍頂ける方は、常に自分から前向きに学び、新しい知識をどんどん吸収できる方、それを楽しいと思える方です。


求める人物像ーー(2)価値検証スピード
当社は常にアジャイルで仕事を進めています。デジタル領域で成功できるのは、誰よりも試行錯誤することで、一番最初に正解に辿り着けた人です。そのため当社では、クライアントと取り組むプロジェクトにおいても、自分たちのビジネスにおいても、大幅な変化やアップデートを恐れません。
常識にとらわれず短いスパンで学習を繰り返し、自分自身で価値を見つけ出すのが好きな方と一緒に仕事をしたいです。

※ アジャイル:アジャイルソフトウェア開発は、ソフトウェア工学において迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法群の総称である。例えばオブジェクト指向開発において、設計とプログラミングを何度か行き来し、トライアンドエラーで改良していく手法を指す。
出典:Wikipedia


求める人物像ーー(3)愛のあるストレート
当社のビジネスは、レガシーな日本企業に変革を起こしてもらうビジネスです。ただ最先端の技術を研究するだけではなく、彼らがそこに踏み切るために背中を押してあげられることが重要です。
一部では、彼らが技術に疎いことや変化ができないことをバカにしたり、最先端の技術を扱えることが偉いことと勘違いをする風潮があります。しかし、実際は、彼らが持つ膨大な資産や顧客網、優秀な人材は宝の山であり、それがあってこそテクノロジーの真価が発揮されます。
そのため、指摘すべきところはストレートに指摘しつつも、その裏には彼らがこれまで積み重ねてきたものや秘めるポテンシャルへのリスペクトと、深い愛情をもって対話することが必要です。本当に求められているのは、世の中に求められるサービスを共創していける人だと考えています。

株式会社STANDARDでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう