1
/
5

創業社長インタビュー🎤 ー後編ー

こんにちは。

アイディオットで総務/マーケティングを担当している田中です。


先日、“社長インタビュー:前編”を公開いたしましたので

今回は後編をどうぞ!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 会社編 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

#登場人物

代表取締役社長 井上智喜

【プロフィール】現在27歳、21歳の首都大学東京在学中に、株式会社アイディオットを創業

営業/要件定義/デザイン/開発/収益化まで1人で従事。起業当初からAIの開発とシステム開発事業を展開、地道な営業を重ね在学中に多数の大手企業との取引を実施。現在は東京・大阪・中国とグローバルに拠点を有している。また、カリフォルニア工科大学、インド工科大学、上海交通大学、ロシア工科大学、 東京大、京都大、東京工業大などでデータサイエンスを学んだ精鋭メンバーとAIについて研究する「人工知能ラボ」を主催している。


総務/マーケティング 新卒入社 田中秀三

【プロフィール】現在23歳、社長が首都大学東京を卒業するのと入れ替わりで、首都大学東京へ入学

私の卒業と入れ替わりで、“女帝”こと小池百合子氏により、首都大学東京が旧名称:東京都立大学に名前を戻される(良いこと)。
洋画/海外ドラマ視聴時間は1000時間をゆうに超えている。



🟠自身の会社をどのような会社にしたいですか?

【今取り組んでいる事業のこと】

アイディオットは会社の指針として

「膨大なデータを紐解いて、未来のアルゴリズムソフトウェアを形にしていく」を掲げています。

データで過去を見て、アルゴリズムソフトウェアで未来を作っていきます。

具体的には2つの柱で会社は成り立っています。

・データ事業

・アルゴリズムソフトウェア事業

データ事業は大きく4つのセグメント(管理・保守、収集・作成・流通、加工(マスキング,前処理 etc)、分析・コンサルティング)で構成されております。

アルゴリズムはソフトウェアが存在しないと利用できませんし、

データが無いとアルゴリズムは作れませんし、

ソフトウェア上にデータは溜まっていきます。

こういった3つの事業がそれぞれ大きなシナジーを生む構造になっています。


【これからの事業展開のこと】

先ほど説明をした事業構造に対して、

そんな中で自社の強みは「データの保有量・収集力」「コンサルティングと実装力」です。

それぞれの分野でのエキスパートが所属している唯一無二の企業だと自負しています。

弊社のコア技術を用いて日本経済のDXを進めていけたらと思っています。


🟠今後の展望を教えてください

新型コロナウイルスが世界に猛威をふるい、経済の全世界同時リセットが起ころうとしています。

そんな中で私たちは「本当に社会に必要なものは何か?」をいつも自問自答しています。

社会とお客様に本当に必要とされるニューノーマルになれるサステイナブルな企業へと成長していきたいです。

・Aidiotカルチャー(社風について)

・作るのは一度

・裁量を持つ

・ロジカルに考えて、大胆に動く

アイディオットは上記を企業体質として持っており、各メンバーがそれぞれのプロジェクトで大きな裁量を持ち、

また車輪の再発明はせずに社内でオープンに情報を共有しあって仕事をしています。

若いメンバーが多く活気ある職場で切磋琢磨しながら仕事をしております。


🟠何か見据えている未来像をお持ちですか?

我が社には「ニューノーマルのノーマルになる」というテーマがあります。

先行きが不透明な昨今の社会情勢において、「本当に役に立つことは何か?」を自問自答していけば自ずと、選ばれる・必要とされる企業になっていくと確信しております。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【インタビューの感想】

田中:

aidiotで普段から感じていた「スピード」と「トライ数」の両刀は
深い知識と思考の基に成り立っているのだなと感じました。

とても学びの多い環境です。

株式会社アイディオット's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings