【コンサルティング営業:社員紹介】確固たるビジョンで多くの企業を支援する

岩下 毬茂
コンサルティング営業

アイドマに入る前と、入ったあとのギャップについて

入社理由として「世界の可能性を広げる」という理念に共感したことが1番です。私自身の就職活動の軸が「人や組織の成長に貢献すること」だったので、その軸に合っているとも思いました。
そして就職活動において営業職を希望していた中で、自分が納得してそして自分が広げたいと思うモノ、サービスを売りたいと思っていました。
決め手は、代表との最終面接の際、自社のサービスを広げるために、明確に、そして楽しそうに代表が話してくれたことです。会社の方針がしっかりあり、納得して働けると思いました。なので実際入社して良い意味でギャップがなかったです。サービスの良い所や、会社としてPDCAを回していく中で、社員も改善をしていこうという気概が想像以上なのがギャップなのかもしれませんね。

現在までのキャリアフローについて

大学4年生の7月からインターンを始めていて、そのまま入社しました。インターン時代はセールステクニックからデータ分析、実際のマーケティングまで幅広く学びました。
当時は正直、アポイントが全然取れなかったです(笑) だからこそ数をかけることに集中していきました。電話をかけることに抵抗が無くなったから、社長と話すことが身構えずに出来る様になり、アポイントもとれるようになっていきました。
入社後はマーケティングだけでなく、実際に新規商談に行くことや、お客様のコンサルティング支援に入り、打ち合わせを行っています。現在支援社数は今までで15社ぐらいです。システム系やお花屋さん、特許調査会社とか幅広く支援させていただいてます。

現在チャレンジしていることについて

これから更にチャレンジしたいことは、より幅広い業界の知識を深めることです。
「お客様にもっとアイドマのサービスの価値を感じてもらう」そして「お客様の課題解決が出来るようにする」というゴールを実現する為には、幅広く業界の知識を深める必要があります。
アイドマのサービスは個人の力量によってお客様の満足度が変わる部分もあるので、より幅広い知識を身につける事でお客様の課題解決に繋がると考えています。そのために取り組んでいることは、事例の勉強や、新規商談に行く前の準備段階で、他の社員に聞いたり、成功体験を調べたりすることです。

未来の仲間へのメッセージ

アイドマは、頑張れば評価されるし、社員がそれをプラスに考えている風潮があります。会社として高い目標を持っていて、そこに向かっていく中で、社員一人一人が前向きに考えています。会社の前向きな考えや風土、文化がいいですね。頑張りたい人には頑張れる環境です!

株式会社アイドマ・ホールディングス's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings