【人は見た目が9割!?】
 
 
みなさん、こんばんは!
土方です!
 
実は大学時代「コミュニケーション学」という
なんとも珍しい専攻を勉強していました。
※社会学と心理学と言語学を足して3で割る感じです。
 
その当時衝撃的だった事があったのですが、
最近その知識が、営業にも使えるなー、とふと思い出しました。
 
それが「メラビアンの法則」と呼ばれる法則で
当時覚えていた事は「人の会話は93%が見た目で判断される」という事でした。
 
●  7% が ‘Verbal’ (言語情報:言葉そのものの意味・話の内容等)
● 38% が ‘Vocal’  (聴覚情報:声のトーン・速さ・大きさ・口調等)
● 55% が ‘Visual’ (視覚情報:見た目・表情・視線・しぐさ・ジェスチャー等)
 
アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが行った実験は、
「視覚」「聴覚」「言語」それぞれ矛盾した情報が与えられた場合に、
聞き手がどれを重要視し、話し手の感情や本心を判断するのかという内容。
 
例えば、「笑いながら叱る」とか、「浮かない表情で褒める」とか。
 
⇒前者は、話し手が笑っている以上「叱りの言葉」よりも「笑い」が優先され、聞き手は反省しない。
⇒後者は、浮かない表情の与える印象が強く「褒め言葉」が伝わらず、聞き手は落ち込む。
 
といった具合に、矛盾の中では『 言葉 < 視覚・聴覚 』が成立する。
簡単に言えば、そんな感じの実験だったようです。
 
竹中直人さんを思い浮かべた方も少ないはず(笑)
 
 
ただ、注意しなければいけない事は
これが「全てのコミュニケーションに適応されるわけではない」
という事です!
 
 
矛盾している時や、
就活、面接やプレゼン等、自分自身やアイディア・商品を売り込む場合
接客業など、応対時間が短い場合
など、コミュニケーションの時間が限定されている時ほど
メラビアンの法則の効果は発揮されるようです!
 
例えばみなさんも、顔をみて「ありがとう」と言ってみると
普段より思いが伝わるかも知れませんね!
 
是非ご活用あれ!

Eae36798 c130 4c36 9a27 55dfe570347c

Page top icon