1
/
5

アイリスのインターン生が司法試験に合格!

2019年司法試験の合格発表があり、見事、医療AIベンチャーアイリスのインターン生が【合格】しました!(歓喜)


司法試験に合格した松岡くん ↓ ↓

松岡くんは東京大学法学部在学中に2018年予備試験に合格し、大学卒業後、2019年に司法試験を受験しました。通常、合格率4%と言われている予備試験を合格し、見事一発で司法試験にも合格しました!!(おめでとう!!)

松岡くんは、アイリス社員で元アンダーソン毛利友常法律事務所で【スタートアップ弁護士】の崎地とともに、アイリスのリーガル部門を担当してもらっています。

松岡くん「長年夢見てきた司法試験合格を果たせて嬉しいです!将来は崎地先生のようになりたいです!」

崎地の紹介はこちら ↓ ↓


アイリスでは、法務知財領域を、これまで崎地さん・松岡くんで担当してくれていましたが、さらに嬉しいことに、本日もう1名法科大学院の学生がインターン生としてジョインしてくれました!

元準ミスインターナショナルで現在早稲田大学法科大学院に通う大倉さんです。
大倉さんは2018年~2019年8月の1年間サンフランシスコのロースクール(UC Hastings LL.M.) に留学し、スタートアップでの法務やリーガルテックに興味をもち、アイリスにジョインしてくれました!

大倉さん「私の目標とする弁護士像である﨑地先生のもとでインターンできる機会を頂けたこと、とても感謝しています。日本のスタートアップ業界に貢献できる弁護士に近づけるよう、アイリスでのインターンを通じて精進いたします。」

アイリスでは法務知財部門も「攻め」の部門として今後もパワーアップしていきます!

アイリスでは、法務領域はもちろん、他領域に専門性をもつインターン生、任される環境で働きたいインターン生を募集しています!

興味のあるかたはお気軽にご連絡ください^^

学生インターン
大手メディアの掲載歴多数!急成長中の医療ベンチャーがインターン生を募集!
< 事業内容 > *人工知能技術を用いた感染症診断用AI医療機器の開発 アイリスでは現在、AI画像診断技術を用いて感染症の診断を行う医療機器の開発に取り組んでいます。 ファーストプロダクトとして、自社開発の咽頭撮影専用カメラで撮影した患者の咽頭画像をもとに、インフルエンザの「陽性」「陰性」をAIで判定する機器の研究開発に取り組んでいます。これまで咽頭は医師が直接目視できることから、胃カメラ等のようなカメラが一般化しておらず画像データベース化がなされていない部分でした。また、咽頭視診は医師が長年の経験をもとに行っていることの一つで、例えばインフルエンザの場合に咽頭にできる「インフルエンザ濾胞」と呼ばれる腫れ物の見極めはベテランの医師にとっても簡単なことではありません。 アイリスではAI化に適した咽頭撮影ができるカメラを自社で開発、のべ100以上の医療機関と共同で咽頭画像を収集・蓄積し、AI画像診断の開発に繋げてきました。今後はこれまでに蓄積した感染症データベースを生かしたインフルエンザ以外の感染症や感染症領域以外の疾病判断への展開、新たな社会課題の解決を目指しています。 ★アイリス株式会社 公式サイト https://aillis.jp/ ★アイリス掲載情報 Forbes:業界に新しい風を起こす医療AIベンチャー「アイリス」が描く医療の未来とは( https://forbesjapan.com/articles/detail/41054 ) Business Insider:医療データという「価値の源泉」を扱う“世界一のチーム”づくり( https://www.businessinsider.jp/post-233598 )
アイリス株式会社
アイリス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
アイリス株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?