1
/
5

アイリスのインターン生が司法試験に合格!

2019年司法試験の合格発表があり、見事、医療AIベンチャーアイリスのインターン生が【合格】しました!(歓喜)


司法試験に合格した松岡くん ↓ ↓

松岡くんは東京大学法学部在学中に2018年予備試験に合格し、大学卒業後、2019年に司法試験を受験しました。通常、合格率4%と言われている予備試験を合格し、見事一発で司法試験にも合格しました!!(おめでとう!!)

松岡くんは、アイリス社員で元アンダーソン毛利友常法律事務所で【スタートアップ弁護士】の崎地とともに、アイリスのリーガル部門を担当してもらっています。

松岡くん「長年夢見てきた司法試験合格を果たせて嬉しいです!将来は崎地先生のようになりたいです!」

崎地の紹介はこちら ↓ ↓


アイリスでは、法務知財領域を、これまで崎地さん・松岡くんで担当してくれていましたが、さらに嬉しいことに、本日もう1名法科大学院の学生がインターン生としてジョインしてくれました!

元準ミスインターナショナルで現在早稲田大学法科大学院に通う大倉さんです。
大倉さんは2018年~2019年8月の1年間サンフランシスコのロースクール(UC Hastings LL.M.) に留学し、スタートアップでの法務やリーガルテックに興味をもち、アイリスにジョインしてくれました!

大倉さん「私の目標とする弁護士像である﨑地先生のもとでインターンできる機会を頂けたこと、とても感謝しています。日本のスタートアップ業界に貢献できる弁護士に近づけるよう、アイリスでのインターンを通じて精進いたします。」

アイリスでは法務知財部門も「攻め」の部門として今後もパワーアップしていきます!

アイリスでは、法務領域はもちろん、他領域に専門性をもつインターン生、任される環境で働きたいインターン生を募集しています!

興味のあるかたはお気軽にご連絡ください^^

学生インターン
大手メディアの掲載歴多数!急成長中の医療ベンチャーがインターン生を募集!
< 事業内容 > * AIによる「次世代インフルエンザ検査法」の開発 私たちは、AIを使った画像診断により、簡便・正確・早期にインフルエンザ判定をする医療機器の研究開発・実用化を目指しています。 【インフルエンザの感染拡大を防ぐために】 世界中で毎年猛威をふるうインフルエンザ。現在の検査法は、発症初日だと診断精度が十分に上がらず、またその精度自体も6〜7割程度と言われています(※1)。実際には感染しているのにインフルエンザではないという判定が出ると、通勤通学などでさらに感染を拡大させてしまうリスクがあります。 【日本の医師が発見したインフルエンザ濾胞】 これまでインフルエンザは特徴的な臨床所見がないとされてきましたが、インフルエンザにかかると「インフルエンザ濾胞」と呼ばれる特有の腫れ物が発症直後からのどにできることを日本の医師が発見しました。 しかし、インフルエンザではない風邪をひいている人や健康な人も、のどの奥には似たような膨らみがあります。のどの膨らみの表面の色調や艶やかさ、大きさ、盛り上がり方など、さまざまな特徴の組み合わせからインフルエンザ濾胞であると見極めるのは多くの医師にとって容易ではありません。 そこで、のどを撮影し画像解析のアルゴリズムを用いてインフルエンザ濾胞の特徴を検出することで、発症直後から高い精度で陰性・陽性を判定でき、痛みや苦痛を伴わない新たな検査法を考えました。 ★アイリス株式会社 公式サイト https://aillis.jp/ ※1 Bruning AHL, et, al. Rapid Tests for Influenza, Respiratory Syncytial Virus, and Other Respiratory Viruses: A Systematic Review and Meta-analysis. Clin Infect Dis. 2017 Sep 15;65(6):1026-1032.
アイリス株式会社
アイリス株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more