【メンバー紹介】ICU看護師→エムスリーキャリアを経て、全国約80施設での臨床研究を束ねるプロジェクトマネージャーから見たアイリス

中村 実穂(なかむら みほ) / アイリス株式会社 薬事推進部

1992年生。国立大学卒業後、聖隷浜松病院ICUに看護師として従事。その後、エムスリーキャリア(株)経営支援事業部へ転職。全国200以上の病院訪問をしながら、複数の病院の採用コンサルティングに従事。社内受賞歴等あり。並行しDPC領域の新規事業立ち上げに従事。 2018年10月アイリス株式会社へ入社。薬事推進部に所属し臨床研究・治験のプロジェクトマネージャーを担う。

看護実習で受けたショック

大学時代は、医学部保健学科看護学専攻に所属。しかし、医療に強い思い入れや原体験がなく進学したため看護師になるか迷いがあり、他学部の学生と交流したり東京の企業のインターンに参加したりしていました。休学や転部も考えましたが、何かしたいことがある訳でもなく・・・。
看護師になろうと覚悟ができたのは、他大学が主宰する中米での医療ボランディアに参加してから。現地の医療事情を学ぶうちに自分が思っている以上に看護師は人の役に立つ仕事だと気づくことができ、腹を括ることができました。

「医療者とマネジメント」についての課題意識は、大学1年の実習の時から持っていました。

医療の現場では、属人的な業務・その人がいなければ回らない状況が往々にしてあります。個々人の思いやりや自己犠牲でかろうじて成り立っている現場もあります。そうした中には、無理をしてうつ状態なのかなと思われる看護師もいて、実習で実際に目にした時には物凄いショックを受けました。
医療現場ではマネジメントを学んだ人がマネージャーに就くのではなく、年齢や一定の実務経験を積んでマネジメントの立場になる人がほとんど。そのため、組織・チームとして個々のパフォーマンスを最大化・再現しづらいのではと感じました。以来、医療者がマネジメントを学ぶことの必要性を考えるようになり、卒論もそのことをテーマに書きました。

看護師→エムスリーキャリアへ

卒業後は聖隷浜松病院にICU看護師として入職。院内で実務に励みながらも、やはり「医療者とマネジメント」の課題にもっと取り組みたいと思い、エムスリーキャリアへ転職しました。
エムスリーキャリアに入社してからは病院の採用コンサルティング業務に携わっていました。この業務を通して訪問した医療機関の数は全国累計250ほど。週の半分は出張で、地方から羽田空港に戻り空港で一泊してまたほかの地方へ出張という日もあり、ハードながら充実した日々を過ごしていました。しかし、訪問する病院の事務長や院長とともに病院の未来を考えながら提案を行ったり、実際に担当した病院に貢献したりできた経験は自分にとってとても大きな成功体験でした。同時に、25歳で事務長や院長と話をするにはそれ相応の知識や現場感が必要で、必死にドメイン知識を獲得し、話す価値がある人間になろうともがいていました。この頃に多数の医療機関の経営に外の人間として関わったことで得られた知見は大きいです。また、その後に新規事業のプロジェクトマネージャーに抜擢され、事業を設計するところからPM経験を積めたことも今に繋がっています。
一方で、PMとして働くことをきっかけに、このままでいいのかキャリアへの迷いも感じていました。

TwitterのDMからアイリス入社が決まる

もっと事業人として成長したい、できるだけ裁量権を持って仕事がしたい。
同時に、トップレベルの人たちと近い場所で仕事をしてたくさんのことを吸収したい。

その両方を叶えられる場所を探し始めた時に出会ったのが、アイリスです。

アイリスはもともと知っている人が多く、興味を持っていたスタートアップの一つ。すぐに転職するとは考えていなかったのですが、まずはキャリア相談のつもりでCOOの田中にTwitterでDMを送ってみたところときどき情報交換をするようになり、それからアイリスのオフィス見学にも誘ってもらいました。
オフィスで話を聞くと、ちょうど医療のことがわかりビジネス経験がある人をアイリスが探しているところ。当時は少人数で事業を進めており、プロダクトの形が見えてきたばかりで本格的な臨床研究をスタートする前の時期でした。チャレンジするなら今だ、と思って飛び込むことにしました。

初めての臨床研究で直面した困難

入社して最初に迎えた臨床研究のプロジェクトは、初めて経験することばかりで正直うまく行かないことがたくさんありました。なぜ思った通りにならないのかがわからない。だから対処の仕方もわからないし、テコ入れをしたらなんとかなるのかならないのかもわからない。今考えると、計画や戦略も立てきれておらず、もはや『手探り』『手当たり次第』という状態になっていたかもしれません。

一番きつかったのは、マネージする対象が多すぎてどこがクリティカルなステークホルダーなのかわかっていなかったことです。もはやそれが課題ということも最初はわからなかったですね・・・。必要な症例数は膨大。けれどそれは1件1件の積み重ねです。現場の医師や看護師、事務、治験コーディネーターといった方たち、繋いでくださるCRO・SMOの方たち、社内のエンジニアなど、一人ひとりに少しでもズレがあると、1件も集めることができません。

しかし、初年度に苦労した経験があったからこそ、次に繋がる学びを得ることができたと感じています。考えてみれば当たり前なのですが、スタートアップはうまくいくことばかりではなく困難の連続です。それが面白さでもあります。これまでの学びが個人としてもチームとしても財産になっています。

500人規模のプロジェクトを束ねるマネージャーとして

最近まで行っていた臨床研究・治験のプロジェクトでは、一定の緊張感を持ちつつ昨年より自信を持って進めることができました。チームや会社全体も去年よりパワーアップして心強いメンバーがさらに増え、何かうまくいかないことに直面しても相談したり教わったりしながら前進でき、プロジェクトの進行という面では手応えを感じています。

今回の臨床研究・治験は、全国約80施設で行う大規模なもの。それぞれの施設に医師・看護師・事務・治験コーディネーターなど4〜5名の関係者がおり、社内も含めるとプロジェクトに関わる人は総勢500人ほどになります。プロジェクトマネージャーとして日々集まる情報を適切に判断して約500人を取りまとめるやりがいの大きいプロジェクトで、無事故で乗り越えることができ今はホッとしているところです。

それから、まずはアイリスの臨床研究・治験に携わっていただいたパートナー企業のみなさんにお礼をしたいです。このプロジェクトは国内では最大級の規模ですし、非常に短期間で実施したためそれだけでも難度が高く、かつ疾病に流行時期があるという非常に高難度のものでした。また、スタートアップとしては準備期間や資金の面で大企業に比べて決して余裕があるわけではなく、パートナー企業のみなさんには本当にさまざまな場面で弊社に寄り添った支援をしていただけました。アイリスは医療従事者が多く、その視点では「もっとこうしたほうがゴールに近づくのでは」とたくさん言えるのですが、やはり臨床研究や治験となるとその世界で必要な経験・知識があります。そこを安心できるほど支えていただいたお陰で、この結果に至っているなと感じます。

いかに関係者全員がモチベーションを維持できるか

多数の人が関わるプロジェクトだからこそ、一人ひとりがやる気を起こして動けるようにすることがプロジェクトマネージャーとしての欠かせない役目だと思っています。予定通り・予算通りに実現するためには、結局、一人ひとりのモチベーションがカギになります。

例えば、臨床研究・治験に参加している医療機関で医師が不安を感じているところがあったら、医師である福田が訪問して医師同士で話すことで、その先生が不安に思っていることを言語化しながら一つずつ解消していく。また、CRO・SMOへはどこに頑張っていただきたいのか契約書の一言一言でも伝わるようにする。本当に積み重ねですね。

あと、去年の臨床研究で「予期せぬことは起こる」とわかったので、予期せぬことに対応できるようにするためにも、戦略・オペレーション設計に時間を割いて予期できることには徹底的に動いておくということも意識しています。

アイリスは性善説で成り立っている

アイリスの好きなところは、組織全体が性善説で成り立っているところです。お互いをしっかり信頼し合っているし、尊敬し合っている。

医療系の事業に取り組んでいると、倫理と収益の天秤に揺れることはよくあると思っています。収益性は短期的にはプラスに作用しても長期的な視点で見ると倫理的なところが大切。アイリスは会社の正義感と私個人の正義感も一致して、倫理と収益の天秤でモヤモヤ迷うこともありません。だから日々いい仕事ができているのだと思っています。

また、今集まっているメンバーは複数の企業・組織で働いてきてチームで働く苦労をそれなりに経験しているからか、信頼感を一層大切にしようという思いが強いです。スタートアップならではの業務上の困難はたくさんありますが、いい人間関係に恵まれているので乗り越えられる予感がしています。これからも「みんないい人」ということを忘れずに仕事をしたいですね。

アイリス株式会社's job postings
【メンバー紹介】ICU看護師→エムスリーキャリアを経て、全国約80施設での臨床研究を束ねるプロジェクトマネージャーから見たアイリス
Chika Horike
アイリス株式会社 / コーポレート本部
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings