Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Transfer to the page for users in United States.
80人のフォロワー

メンバー

全員みる(12)

なにをやっているのか

アジケはUXデザインのプロセスを用いて、お客さまのビジネス成長に貢献するパートナーです。
いままで、多数のサービス開発や新規ビジネス開発に携わってきました。
お陰様でUXデザイン分野での認知度も徐々に上がってきています。サイト経由で「新規ビジネスを作るパートナーになってほしい」という問い合わせが増え、人材不足が深刻です!
ウェブビジネスの立ち上げや、成長に貢献する一員になりたい方、ぜひアジケの門を叩いてください!

----
【求められる力】
お客さまの意見を鵜呑みにするのではなく、「本当の課題は何なのか?」「ユーザーにとって最も大切なことは?」など常に疑う力。
考えたことを机上の空論で終わらせるのではなく、実現するためにチームを動かし、同じ方向に向かって進めることができる力。
アジケではその2つの力が求められます。
意欲のある方、能力を身に着けたいと思っている方大歓迎です!

なぜやるのか

●アジケのビジョン
「ITやコミュニケーションのちからを使って世の中をワクワクさせる集団になる」

ajikeでは、クリエイターひとりひとりがクライアントやユーザーと直接向き合いながら、様々なプロジェクトに参画するスタイルをとっています。

お客様からのご相談は単発の受託開発というのはあまりありません。
短くとも半年、長くて数年に渡って事業責任者の方とその事業の可能性や方向性を確認しながらデザインを担当します。

お客様は世の中に大きな価値を提供しようと一生懸命取り組んでおられます。
ただ、ユーザー体験のデザインや、その体験を提供するためのUIデザインをどうすればいいのか?そのような悩みを抱えておられます。

そこで私たちがユーザー体験のデザインからUIデザインでお手伝いをします。

私たちが提供するデザインでその悩みを解決できたときは、お客様の事業が社会に対して貢献できる可能性が見つかった時です。

多くの事業やデザインを通して社会に貢献したい。
ユーザー体験のデザインを通して、私たちも事業やサービスの学習をし、ユーザーとなって便利で楽しい世の中を作っていきたい。
そんな思いをもってメンバーみんながUXデザインを行っております。

近年はサービス開発のプロジェクトを中心に、世の中の当たり前を変えてしまうような、情熱的な気持ちとアイデアを持ったクライアントと共にプロジェクトに取り組んでいます。常にわくわくとプレッシャーの狭間です!

新しいサービスの企画戦略からUXデザイン、実際のプロダクト開発まで、少数先鋭のチームメンバーがプロジェクトにコミットすることを大切にしています。

どうやっているのか

UXデザインを事業として取り組んでから5年目に入りました。Uその間に培った、ユーザー体験をデザインするためのフローや、似たようなケースがないかなどを常に社内で共有しています。

最初は制作ディレクターやWEBデザイナーとして入社した人も、UXデザインが求められるPJに参画してもらうことで、徐々に業務フローやどうやってユーザーの体験を数値化し、UIに落とし込むのかというのが理解できてきます。

UXデザインをやろうと思っても、それが求められるプロジェクトと実務経験があるメンバーがいないとなかなかできません。

私たちは実務を通して培ってきたノウハウを共有化することにより、志をともにするスタッフたちがUXデザインを体系的に学べるようにしています。

私たちと一緒に社会的影響度が大きいUXデザインPJで、本当にユーザーが求める課題に対して一緒に解決していきませんか?

ぜひご応募お待ちしております。

ソーシャル

私たちについて

株式会社アジケはユーザー体験のデザインをする会社です。アプリケーションやWEBサイトを作るだけでなく、お客様と一緒にデザイン思考でサービスを改善していくことを得意としております。

株式会社アジケの募集

もっとみる

地図

東京都渋谷区神泉町11-10 平野ビル5F

Page top icon