1
/
5

【何を売るかより、”誰と働くか”】 インサイドセールス/西川慧


マーケティングチームの安藤と申します。

今回の社員インタビューは、インサイドセールスチームの西川さんです!

実は彼もwantedlyがきっかけで入社しました。そんな彼が空き家活用株式会社を選んだ理由や、多様な社会人経験の中で感じたことなどを語っていただきました。

ぜひ最後までご覧ください!



西川 慧

2020年6月空き家活用株式会社に入社。

人材、IT、不動産などの業界を渡り歩いてきた。実は起業も経験している。

現在はインサイドセールスチームにて新規顧客の開拓と商談クロージング行っている。1児のパパ。


--まず、西川さんが空き家活用社に入社するまでの経歴を教えてください。

実は僕、わりと職を転々としているんですよ笑

新卒では人材サービス業の法人営業をした後、起業しました。事業としてはスイーツのサブスク事業を展開していましたが、結婚を期に会社員として再び歩もう!と決断しマーケティングリサーチ会社、法人向け不動産サービスを提供している会社で働きました。


--色んな業界を経験されているのですね。でも、また不動産業界を選んだのはどうしてですか?

まず、不動産業界に興味をもったのは、国交省不動産ビジョン2030(https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000190.html)がきっかけです。

これで空き家・空き地の課題を知り、市場に伸びを感じたんですね。

人材も、ITも、すごく楽しい業界ではありましたが、やはり僕の中で「不動産業界」が性に合うなと感じたのが大きいですね。


--なるほど。働くうえで、自分に適した業界で働くというのは重視したいポイントですよね。

そうなんです。ちょうど自分自身も35歳を迎えるにあたり、自分の中で「節目」を感じていたことも背景にあります。

前述の空き家・空き地問題が社会問題になっている、という認識はあったので、

ならばより社会問題を解決できることを仕事にしたいな、という想いがありました。


--会社がたくさんあるなかで、空き家活用(株)を選んだきっかけとは何ですか?(面接みたいになってきたな...)

それこそwantedlyで色んな会社の情報を見ていたのですが、

その中でも空き家活用社が掲げている”クレド”が最大のきっかけです。


クレドは全部で8つありますが、その中でも

「信頼と尊敬でつながる仲間を作る」「ベクトルを自分に向ける」

これは僕が仕事をするうえで大切にしていきたいと思うことが書かれていました。


僕にとって仕事とは、何を売るか、よりも「誰と働くか」が大事だと考えています。

クレドを見て、自分の価値観とぴったり合う会社だな、と思ったんです。


弊社のクレド


--クレドがきっかけで入社を決められたのですね!では、普段の働き方について教えてください。

--インサイドセールスとは、どのような業務でしょうか?

インサイドセールスは、当社が開発した空き家データベース「AKIDAS」をリード顧客に販売しています。企業へアプローチ~システム・サービス説明~クロージング(契約)に至るまでを担っています。

お客様は不動産業界の方が多いですね。

お問合せいただいた企業へのアプローチはもちろんですが、テレアポでリード顧客にアプローチもしています。

インサイドセールスは、内勤型営業とも言いますね。

従来のフィールドセールスとは違って、Webを使って提案・商談・クロージングまで全部するんですよ。


--なるほど!従来のセールスとは全く異なるやり方なのですね。

--あれ?契約後のお客様は担当されないのですか?

そうなんです!そこが面白いですよね。

契約いただいたお客様は、その後カスタマーサクセスチームに引き継ぎます。

お客様が最大限にAKIDASを使っていただけるための専門チームなんですよ。

チームごとの業務区分が明確なので、顧客獲得に専念できますね。


--どのように勤務されていますか?

僕は東京に住んでいるので、東京オフィスへの出社は今のところ週2回です。

事務所にかかってくる電話の対応などがあるので、社員で出社シフトを回しています。

あとはリモートで週3回勤務しています。


--東京オフィスのメンバーが増えたら、一人当たりの出社回数も減りそうですね!笑

--リモート勤務時の一日のスケジュールを教えて下さい。

はい、リモート勤務の時はこのようなスケジュールです。


9:00~  始業。メールとslackのチェックとお客様への対応

      本日商談のお客様への提案内容を確認&準備

9:45~  WEBにてチーム朝礼。メンバーの商談結果の確認やタスク進捗を確認

10:00~ 商談、商談内容をシステムに入力して社内共有

      見込み顧客へテレアポ

12:00~ お昼休憩

13:00~ 検討中のお客様に再アプローチ架電、見込み顧客へテレアポ、

     お問合せいただいたお客様に資料送付、アプローチ

     新たに検討開始いただいたお客様の企業情報の収集、具体的な提案内容を練る

18:00  明日の商談準備・明日のタスク・スケジュール確認

18:15  退勤、子どもを保育園にお迎え


--リモート勤務のときは、チームメンバーとのコミュニケーションはどのようにとっていますか?

連絡や報告はSlackがメインです。MTGは、zoomやgooglemeetを使っていますね。

インサイドセールスチームのメンバーが名古屋・大阪にもいるので、コロナ禍よりも前からwebを使ったやりとりをしています。


--やはりリモートでの勤務はメリットに感じますか?

そうですね。

僕にはもうすぐ2歳になる息子がいるのですが、我が家は共働きのため保育園に通っています。

前職のときよりもリモート勤務の頻度が増えたので、保育園への送迎を僕が担当することもできるようになりました。

リモートだと通勤時間がないので、退勤後は洗濯物を畳んだり、

家族と過ごすことや家のことに時間を使えるようになりました。



子供の成長を間近で見られるようになった


--まさに、クレドにある「家族を大切にする」ですね!

西川さんが感じる、他社と弊社との違いで”ここ面白いな~”というポイントはありますか?

はい、3つあります。

1つめは、空き家活用(株)はITテックであるため、お客様先には訪問しないスタイルを徹底しているところですね。

不動産業界はまだまだIT化が進んでいない部分もあると感じるのですが、そこは弊社が牽引していきます!


2つめは、全員が中途入社で採用されていることですね。

ほとんどの人が異業種からの転職で、前職で得た知識や経験を仕事に活かしているなー、と感じます。


3つめは、積極的にチャレンジができることです。

以前、AKIDASの新プランを作ったのですが、それが全然上手くいかなくて...

でも、お客様のご意見をヒアリングして、再度新しいプランを作って上司の上田さんに挑んだんです。

そうしたらOKもらえて!

チャレンジさせてくれる会社だな、と実感しました。

しかも、その新プランで、新規のお客様に契約いただいたんですよ!


--それは素晴らしいですね!

--西川さんは、どんな方と一緒に働きたいと考えていますか?

空き家活用(株)はベンチャー企業なので、

・自ら発信して積極的に取り組みたい方

・チャレンジしたい方

こんな方とぜひ一緒に働きたいと考えています!一緒に盛り上げていきましょう!


--ありがとうございました。

空き家活用株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング