1
/
5

一級建築士の資格を持ち、設計・インテリアコーディネイト・営業もこなすマルチなワーキングママ社員!GRApP社員インタビュー#5 開発事業部・猪子知里

2019年から株式会社GRApPに入社した土屋と申します。主にGRApPの企業広報を担当しています。

Wantedlyでは、弊社で働く人たちをインタビュー形式でご紹介していきたいと思います!

第5回目は、開発事業部・猪子知里さんにお話をお伺いしたいと思います。


---自己紹介をお願いします。

猪子知里と申します。出身地は愛知県一宮市です。


---どんな学生時代を過ごされていましたか?

中学からずっと女子校だったんですが、そのままエスカレーターで大学に進学しました。
高校時代は何も考えずに遊んでばかりいましたが、高3になりやっと進路を本気で考え(笑)、建築学科に進学することにしました。人気の学科だったので高3で猛勉強して無事進学できたという感じです(笑)

大学時代では、ホームページを作って自分の作ったパースを掲載したりしてネットの世界で遊んでいましたね。完全に昼夜逆転していました(笑)


---なぜ建築学科に進もうと思ったんですか?

小さいころから絵を描くことが好きだったのと、家の間取りを見るのが大好きだったんです。小学校1年くらいから自由帳に平面図をかいてました(笑)


---個性的すぎる小学生ですね!平面図好きになったきっかけはなんですか?

実家が材木店を営んでいる友達がいて、その友達に「家の間取りを作る遊び」を教えてもらったことがきっかけです。家を作る過程で平面図に興味を持ちました。それからは住宅のチラシの平面図を見るのが大好きになりましたね。



---小さなころから建築に関する興味があったとは驚きです!大学卒業後のキャリアについて教えてください。

在学中に教授の薦めで受けたコンテストで、パースで最優秀賞を取ったんです。それで教授の推薦もあって、地元で3本の指に入る組織設計事務所に入りました。パースを作る担当として面接を受けたんですが、わたしが「設計をやりたいです」といったことでハードコースの設計担当になりました(笑) 大きな設計事務所とだけあって、大きいオフィスビルや公共建築の設計を主に手がけました。設計の仕事は大変でしたが、とても楽しかったですね。その会社には6年勤めました。


---一級建築士はその頃に取得されたんですか?

実は、一級建築士を取得したのは2年前なんです。結婚・出産を経たので、勉強時間もなかなか取れず、時間がかかりました。


---両立しながら取得されたんですね!どのようにして取得されたんですか?

結婚と同時に以前の会社は辞めて、旦那の転勤で大阪に引越したんですが、大阪にある大手の設計事務所で派遣として働きました。その頃に、多少時間もあるので一級建築士の勉強を本格的に始めたんです。でもその年は1点で落ちてしまいました。

その後第一子を妊娠・出産したので翌年は受けれず、ブランク覚悟で臨んた翌々年の試験でも2点で落ちてしまったんです。その後さらに第二子を妊娠したんですが、妊娠中に気合で受けた学科試験にやっと合格できました。でも、妊娠36週で受けた製図試験で体調面で力尽きてしまい、結局落ちてしまいました。

それからは、悔しさもあり意地もあり、第二子出産後に子育てをしながら短い時間で勉強を続けて、2年前にやっと一級建築士に合格できました。


---わたしも現在2歳半の息子を育てていますが、子育てしながら難関試験の勉強をするなんて想像できません・・・。取得後はどういった経緯でGRApPに入社されたんですか?

実家がジュエリーショップを営んでいるんですが、昨年にその店舗のリニューアル工事の設計を手がけました。工事が終わり、本格的に仕事がしたいなあと思っていたタイミングで、WantedlyでGRApPを見つけました。

インテリアプランの募集で入社したんですが、当時わたしのほかに誰もインテリアプランナーがいなかったので、仕事をとってくるところからできる点でもやりがいがあると感じたことと、「これからがんばっていこう!」というベンチャーの雰囲気が自分に合っているなと思い、入社を決めました。



---現在の具体的な仕事内容はなんですか?

部屋の壁紙を決めたり家具を決めたりするようなインテリアプランの作成や、パースの作成が中心です。そのほかに、今はもっともっと会社を大きくしなければいけない時期なので、営業もしながらプランニングをしています。でも設計の経験もあるし、土地から建物を設計して内装デザインもできるので、今後はそれをもっとやっていきたいです。一番売りにしていきたいのは、設計もできるし運営もできるところですね。ワンストップでできるので、オーナー様の負担が減ります。

オーナー様の要望をヒアリングし、さらにGRApPが培ってきたノウハウから、いちばん収益が良いと思われるプランを提案できる点は他と差別化できるところだと思っています。


---今後はどのような仕事をしていきたいですか?

ゲストに喜ばれる部屋を作ること。部屋に宿泊されるゲストに素敵だなと思ってもらえる空間をつくることですね。ゲストに喜ばれるということは、オーナー様にも喜んでいただけるということでもあるので、みんながHappyになれる空間をどんどん作っていきたいです!



---今後いろんな空間ができていくことはすごく楽しみです!猪子さんから見て、この会社の雰囲気はどう感じますか?

最初に思ったのは、すごく「自由」な社風なこと。そしてみんないじりあうくらい仲がいい。
そして、スキルがあれば本当に自分のやりたいことができます。時間の管理も自分でできるので、ママにとっては本当に働きやすいと思う!

あとは、インターナショナルな職場なので、いろんな言語が飛び交っていてすごく刺激的(笑)


---社会経験があるけど、結婚出産を経てしまうとやっぱり女性としては制約ができてしまう人がまだまだ多い現状がありますよね。

そういう意味では本当に融通が利くと思います。


---今後会社が大きくなっていくにあたって、人材は非常に重要だと思いますが、猪子さんの考える、GRApPに来てほしい人材はどんな方ですか?

テンションが高い人(笑) そして前向きな人がいいと思います。ものすごくオープンな社風なので、全員がフランクに話せてすごく接しやすいです。
大きなものをみんなで作り上げたい!と思っている方は大歓迎!

あとはスキルを持て余している人。経験はあるけど時間的に今はできない、って人は本当に多いと思うんです。ガッツリ働くにはハードルが高いっていう現状はまだまだあると思う。でも、絶対そのスキルの活用方法はあるので、GRApPのように自由に自分のスキルを生かせる場所は本当にありがたい存在だと思っています。
あとは、私と一緒に設計やインテリアの仕事をしてくれる方大募集です!有難いことに私一人では手が足りなくなってきました。


---未だにいろんな制約があって悩まれているワーキングママは多いと思います。そうゆう人たちにとっても非常に働きやすい環境であることは間違いないですね!わたしもものすごく自由な就業スタイルで働かせていただいているので、純粋に楽しく仕事させていただいています。

猪子さん、ありがとうございました!

株式会社GRApPでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社GRApPからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?