Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

挑戦し続け、やりたいことが出来る今

駆け出し広報のひろたによる「社員インタビュー」第4回目は、弊社ゲーム事業部第弐部部長である石澤さん。現在は部長として、人やお金の管理をしたり、ビジネスの土台を作り上げたりとモノづくりの環境を整える仕事をしています。

直近ではオリジナルBLタイトル「SecondSecret」リリースを部長として支えてきた彼女。まずは今までの経歴を振り返ってきてもらいました。

ゲームのグラフィッカーを夢見て

――:まずは「SecondSecret」リリースおめでとうございます!念願のオリジナル、且つ女性向けのコンテンツのスタートですね。 石澤:ありがとうございます。やっぱり純粋に女性としてコンテンツへの興味があるし、作る側が本当にやりたかったものを制限なくオリジナルとして展開できるので、凄く楽しいし嬉しいです。

――:ここまで色々な挑戦と経験を積まれてきているかと思います。まずは弊社に入ったきっかけから振り返っていただけますか。

石澤:大学在学中から、ゲームのグラフィッカーになるのが夢でした。夢見ている中で大学の講師の方を通じて乙女ゲームのシナリオライターのお仕事を頂きました。グラフィック関連の仕事ではなかったのですが、とにかくゲーム業界に近づきたい思いで引き受けたんです。そのお仕事の1つがオルトプラスの前身の会社が作ったゲームで、そこから今の役員たちと繋がりました。

色々あり、そのままオルトプラスの創業期から新卒として入社することになったのですが、なんと直前になり「ライターのお仕事が無いので、とりあえずphpを覚えてほしい」と……全く経験がなかったのですが、とりあえず1ヶ月間、辞書のような分厚さの技術書を暗記して、どうにかマークアップエンジニアとして仕事をするようになりました。

ただ、ずっとグラフィッカーの夢は諦めてなくて、しつこく上長に「私、絵が描けるんですよねー」とアピールしていました(笑) アピールしていくうちにゲームのweb広告を打つことになりまして、その広告バナーを作るチャンスを手にしたんです。小さなバナーとはいえ、高いお金を払って広告枠を買ってるので、その価値を私のグラフィックバナーで出さなければいけない。 その責任を果たすため、毎日泣きながらバナーを作りまくりました(笑)まず1つの広告枠に対して3パターンのバナーを必ず作って、それを上長に提案するんです。そしてまた作って…を繰り返してブラッシュアップをしていきましたね。上長に何度も何度もNGを出されて…悔しくて静かに涙を流す毎日でした(笑) 泣いてない日があったら「珍しいな」と思うくらい。

ただ、何度も何度も話し合って完成させ、広告のKPI(効果測定数値)を見て改善していって…を重ねるうちに、ノウハウが溜まり安定して効果的なバナーを作れるようになりました。 その後広告バナー制作から離れて、アルバイトさんが作るようになってからもずっと私の作ったものが使われていたので、継続的な効果の出せるものを作れたことは、自分の自信に繋がりました。

すべての数値を丸暗記!

その後は、色々紆余曲折あり私ともう1人のスタッフでオリジナルゲームのリーダーの役目を担うことになり、私は主にKPIを見て解析していくことに注力しました。

毎週KPIの報告会があるのですが、それを乗り越えるのに必死な毎日でしたね…私は元々数字が得意ではないので、悩みながら数値を報告するのですが、アナライズの人に「そこは違う」「そもそも意図がない」など厳しく、そして正しい指摘を何度も何度も受けていたんです。 次第にその人にいかに突っ込まれないように、数値分析を完璧なものにしていくかに没頭していました (笑)

結果、日付と項目を言ってもらえれば、その数値が瞬時に出るまで自分を追い込んでしまいまして。つまり、出ていた何百項目ある数値を全部丸暗記しちゃってたんですよね…(笑) その当時はソーシャルゲームの黎明期なので、参考事例や参考書などなかったから、とにかく「何で?」「どうして?」を考えぬいて数値を見ていました。そういう振り返りと、あとはその振り返りからの改善案をチーム全員で考え抜き、大きな目標の売上を突破することができました。

「昨日の自分とは働きたくない」と思えるほどの成長速度

――:マークアップエンジニアからデザイナー、そしてリーダーまで…おそらく1,2年の間の出来事だったかと思いますが、本当に短い間で経験されましたね。その後もまた違うことをやられてたと聞いています。

石澤:はい。上長と一緒にいろいろな会社様を回って企画提案営業をしたり、他ゲームのリーダーも少しやったり…一気に色々な仕事を兼任していた感じです。当時自分の技術の限界を感じていて、モノづくりへの思いもあったけれど「ゼネラリスト」になろうと決めて進んでいきました。 正直会社に何か結果を残せたかと言われれば、無いのかもしれませんが、「昨日の自分とは働きたくないな」と思うくらい毎日毎日大きな成長が出来ていたように思います。

――:そのタイミングでしょうか、あるゲームでの大きな売上アップに貢献されていましたよね。

石澤:そうですね。ある時、別のゲームのKPIを見ていて「あれ、これもっとやり方を変えれば売れるなぁ」っていう勘が働き、上長に「リーダーをやらせてくれ」と直談判しにいったんです。この「勘」はただの勘ではなくて、以前の数値の振り返りの経験とノウハウが土台にあったことにより、そこから見えたものでした。 リーダー就任後はゲームのターゲットの軸を少し変えてみて、チームメンバーと一緒に新しいチャレンジをした結果、売上を3ヶ月で5倍まであげました。勿論これは私の力だけではなく、チームのみんなが全力で頑張ってくれた結果でもありますよ。

コンテンツへの愛情とビジネス感覚の「バランス」を大切にしたい

――:あの快進撃は私も見ていて本当に驚きました。そこから今のお仕事に繋がるんですよね。

石澤:はい。その後まだいくつかリーダーをやってみて、今女性向けサービスに携わる部署の部長として働いています。色々な経験とノウハウを積んでいって「やりたいことがやれる」自信と能力がついてきて、今自分の好きな分野に携われるチャンスをもらうことが出来ました。

自分の好きな物に触れるのは本当に楽しいです。今後はこの楽しさを大切にしていきたいし、もちろんお客様にも楽しんでいただける、愛していただけるようなコンテンツにしていきたいと思っています。

そのためには、その好きなものに対する熱量と、やりぬく力、あとはビジネス観点も忘れてはなりません。「やりたいことをやる」だけでなく、自分の譲れない部分を持って、ビジネスとして成功に持っていけるような、「バランス感覚」が大切だというのが私の意見です。

私は人を動かす立場として、そのコンテンツへの愛情、ビジネスへの情熱を持ってる人、それぞれを集めて「バランスの良いチーム」を作りたいと思っています。コンテンツが大好きな方、ビジネスで成功したいと思ってる方とはぜひ一緒に働きたいですね。 あとは純粋に一緒にオタクなコンテンツについて語れる人もいいですね(笑)

株式会社オルトプラスでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
0af340fa 92bb 43c0 a053 981961988b36
Picture?height=40&width=40
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
91b5feb0 d604 4f5d a25d 15fb485fe17b?1513156861
5 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
0af340fa 92bb 43c0 a053 981961988b36
Picture?height=40&width=40
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
91b5feb0 d604 4f5d a25d 15fb485fe17b?1513156861
5 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon