本当の意味で世界を変えるには。

起業家がよく口にする「世界を変える」とは何なのか?

彼らはその事例にGoogleやAirbnbを持ってくる。確かにこういった会社のおかげで選択肢が多くなった=生活様式が多様になった。それは自分の人生でも同じだった(参照「GAFAに育てられたからこそ僕がGAFAを改善できる」)。

しかし、はるか昔から存在する社会問題は未だに残っている。例えば戦争・紛争、貧困、差別などだ。そういう意味ではまったくもって世界は変わっていない。ではなぜこういった「伝統的な社会問題」が残り続けるのか?

それは理性度(=長期的視野に立って目的を設定して倫理的に意思決定できる)が低い人間がいまだに多いからだ。

例えば身近なところで言えば、勉強不足、浮気・不倫、DVなどの他者の支配などで、これらがお互いにさらにネガティブな影響を与えあって、貧困や犯罪にまで発展する。

長らくこれらの問題について哲学者たちが理性を手に入れる方法を考えてきたし、政治家たちが富の再分配や平等を制度化してきたし、科学者・工学者たちが生活を豊かにしやすくする製品を作ってきた。しかし100年前の心理学や近年の行動経済学が示すように、人類は予想以上に理性的になるのが難しいことが分かっている

特に貧困層は理性的になることが難しい。親からの愛情が不足しており、劣等感などで精神的に安定せず、勉強や仕事でも成果を出しづらい。それは僕の家庭もそうだったので分かる。

貧困層というのも別に絶対的貧困層だけを意味しない。本人にとって世界がネガティブに見えていれば経済的に相対的貧困である下位中間層の人たちも、上位中間層も、富裕層も、同じである。

(こういうくくり方をすると「全員ではない」という人がいる。当たり前である。しかし集団を切り取って他の集団と比較したら傾向は存在する。)

そこに対して僕が提示する解決策がまさにスマートフォンであり、アプリをプリインストールすることである

スマートフォンを買うきっかけは人それぞれである。流行に後れまいと見栄で買う人もいるし、SNSや無料電話を使いたくて買う人もいる。そんな窓口を超えたところに気づいたらe-learningやマイクロファイナンスなどのアプリが存在していれば、調べるリテラシーがない人にもダイレクトに生活を向上させる方法を教えることができる

さらに彼らの利用履歴=データも把握できれば、データサイエンスによってユーザーを生活が向上しやすい方向に導くことができる。プライバシーとはストーカー犯に渡ったら危険だが、教育としてフィードバックできれば価値となる。

僕はFacebookに何度も投稿していたおかげでUdemyというオンラインラーニングの広告が表示され、自分の能力を向上できた背景がある。Facebook以外の広告ではこんな体験はなかった。

この解決策によって、貧困層や下位中間層のやる気はあるがやり方が分からない一家の大黒柱をエンパワーメントし、その家族を豊かにし、犯罪や戦争をなくすことが弊社のビジョンである。

Blaze Your New Destiny-あなたの運命を切り開けー

※この問題に対して一部の人たちはベーシックインカムとAIによる仕事の自動化を提案するだろう。しかしそれらは絶対に解決策となりえない。なぜなら、AI&ロボットを開発するにはお金がかかる→そのお金を投資する人たちがいて回収したい→回収するために製品は誰かが購入する必要がある→貧困層に無料で配布するビジネスモデルを構築しなければいけない→広告では無理で超富裕層が寄付するしかなくなる。もしくはAI&ロボットによって自動的に開発されることを考えたとしても最初のAI&ロボットは人間が作る=人件費がいる。ベーシックインカムも税金で回収する場合はちゃんと消費者による購入が一定的に行われる必要があるし、消費者がギャンブルや不健康な食事に消費を行えば幸福度が下がって犯罪に至る可能性は否めない。ベーシックインカム下では福祉も制限される可能性があるため、支給されたお金を一気に使ってしまったらどうなるか?

※NPOや社会起業という選択肢を持つ人もいるだろう。しかし彼らのビジネスモデルはスケールしづらい。スケールしづらいということは多数派になりづらいということであり、多数派になりづらいということは多数決で勝てないということだ。多数決の政治体制である以上、多数派に少数派を守ってもらえない限り、少数派は制度的に豊かな生活を送りづらい。

※税金が儲かりづらくなってきた国では、政府によって貧困層を救うことが難しくなり、結果的に大きな政府ではなく小さな政府になりやすくなっていく。小さな政府となれば自由と自己責任となり、理性的に意思決定できない人たちにとってはとてもツライものがある。

株式会社アメグミ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings