「スーパーフレックスタイム制度」の使い心地はいかに!?

こんにちは!広報の山本です。

アメリエフでは2018年4月から、スーパーフレックス制度を導入しました。

過去の記事:「スーパーフレックスタイム制度」導入でワーク・ライフバランスを大切にした働き方へ

現在まで10カ月ほど運用してみて、どのように活用したかや、働きやすさはアップしたのか、一般的に課題とされている問題点をクリアできたのか・・・。エンジニア代表として堀口さん、管理部門代表として私の感想をお届けします。


(左から、ライフサイエンス部門/ゲノム医療部門 堀口、管理部門 山本)

山本:堀口さんはエンジニアとして働いていますが、フレックスタイムをどのように活用していますか?

堀口:平日は働く時間を柔軟に調整しているので、ある程度残業時間(所定労働時間を超過した時間)を溜めて、溜まった時間分で平日にお休みできることもよくあります。

この方法で、残業自体が減りました。

以前は、9:00~18:00で時間が縛られていたので、例えば会議が長引いて定時を超えてしまうと、その分が残業となっていました。
フレックス制度が導入されてからは、事前に18:00からの会議などがある場合、朝の出社時刻を遅らせたり、別の日を休みにすることができるようになりました。

山本:管理部門は月末月初が忙しい傾向があるので、忙しい時は少し長めに働いて、その分を使って、子供の行事や体調不良の時のお休みに充てたりしています。有給休暇を使わなくていいところがいいですよね。

山本:便利だと感じていることはありますか?

堀口:小さなところでいえば、朝少し遅めに家を出ても連絡しなくてもよいところです。あと、たくさん働いた分はお休みをとれるので、精神的に休まるので働きやすいと感じています。

山本:私もそこはメリットと思っています。子供がいるので、朝突然の対応が入って家を出る時間が遅れてしまうことがあります。大幅に遅れる場合は、slackで連絡して全社に共有していますが、多少の遅れや電車遅延なども、遅刻などにカウントされないので、精神的に楽です。何よりも、子育てに理解があるメンバーというところでも感謝しています。

山本:難しい点や、デメリットを感じましたか?

堀口:やみくもに時間を調整すると、月内の総労働時間に満たなくて減給になってしまうので、毎月の最終週に、その月の労働時間を満たせるかよく確認するようにしています。時間を調整できる裁量がある一方で、業務はしっかりと進めていかなければならないので、都度仕事量を調節して、本当に休んでも業務を完了できるのか確認するようにしています。なので、業務の優先順位付けができることが前提になると思います。

山本:定時を過ぎることが多いなと感じたことがあったのですが、自分の出社時間を振り返ってみると、朝少し来るのが遅くなっていたので、そのせいで後ろにずれているのだと自分なりに反省し、改善しようと考えています。

山本:フレックス制度のデメリットとして、一般的に労働時間が重ならないので相談したいときに相談ができない、というようなことがあるようですが、そこら辺はいかがでしたか。

堀口:すれ違いで相談しにくい、ということはなかったです。僕の上長はslackのレスが速いので(笑)

山本:テレワーク制度導入の動きがありますが、期待はありますか。

堀口:僕はコーディングは相談しなくても書けるようになったので、在宅勤務も可能と上長からもいわれています。通勤時間が1時間くらいかかるので、それがなくなったら、とてもいいなと思っています。一方で、対面でのほうが進め易い仕事もあるので、仕事の進め方を先に考えて、段取りよく打ち合わせなど設定しながら進めたいと思っています。

山本:テレワーク導入は楽しみですね。子供が小学校に入ったら、朝送ったり、帰ってくる時間に家にいてあげたいと思ているので、移動時間が短縮できるメリットは大きいと思っています。時短勤務ですがもう少し長く働く時間を確保して、取り組みたい業務もたくさんあります。

今後も、アメリエフは会社の生産性の向上を保ちつつ、社員がワーク・ライフバランスを大切にしながら働ける環境づくりに柔軟に取り組んでいきます。

アメリエフ株式会社's job postings
Anonymous
Picture?1523068179
Picture?height=40&width=40
21d1fad1 d706 4ec0 a952 e7f858743aac?1540296319
3 Likes
Anonymous
Picture?1523068179
Picture?height=40&width=40
21d1fad1 d706 4ec0 a952 e7f858743aac?1540296319
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon