Takamasa Ohara
代表取締役社長
当社はスマートフォン事業を軸とし、その日常の中にちょっとした&(+)を届けられるようなFactoryとして様々なサービス・アプリケーションに取り組んでいきます。
生活インフラになるスマホサービスを続けていきたい!
Takamasa Ohara's story

Corporate Strategy Div.

Page top icon