ジョブホッパーエンジニアに非ず!キャリアビルダーエンジニアがand factoryにコミットする理由

and factoryには、様々な領域の精鋭たちが続々とジョインしています。今回のand factoryインタビューでは、様々な領域でエンジニア・テクニカルディレクターとして活躍してきた越前谷をご紹介します。

越前谷 俊人プロフィール

ITサービス会社、広告制作会社、エンターテイメント企業などを経て2017年and factoryに入社。日本初のIoTホステルブランド【&AND HOSTEL】で注目を浴びるIoT Divisionで、新規サービスの開発に邁進している。プライベートでは11歳, 6歳, 1歳 の子を持つパパ。

IoT divisionのエンジニア募集→コチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーエンジニアと目指したのは何がきっかけですか?

僕、とくにエンジニアになろうと思っていたわけではないんです。大学では映像学んでいたのですが、そこで始めてPCに触れたのがきっかけです。今でこそPCを扱えて当たり前の世の中ですが、僕が学生の頃はまだそこまで普及していない時期でした(※)。PCを目に前にして「いったいこれは何をするものなんだろう?この箱で何ができるんだろう?」と。わからないなりにいじっている内に、ネットでいろんな人がいろんなフリーソフトをシェアしている事に目がとまりました。PCとは、そうやって自分で制作したものを世界に共有するためのものなのか・・と感じ、であれば自分もやってみようと思い立ちました。そこから独学でC言語を学び、Windows のネイティブアプリなどをつくってみたのがエンジニア人生の原点です。基本的に自分のことを晒すことに抵抗がある性格なので、作ったものをWEBにあげることはありませんでしたけどね 笑。

(※現在一般世帯におけるPC普及率は85%を超えると言われていますが、当時は20数%程度。インターネット普及率は10%にも満たない状況でした。)

ーーーーーーーーーーーーーーー独学で習得できるものなんですね?

検索すると、プログラミングに関する情報が山ほど落ちていたんです。講座などもあり、試しに作ってみると案外自分でできるものでした。いろいろ経験を重ねた今も、自分の想像しうる機能であれば、何かしらの解がある、と感じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーこれまで幾つもの職場で経験を重ねられていますよね?

先にもお話したとおり、プログラミングの基礎やエンジニアリングの概念が理解できていれば、アウトプットはできるものです。でも、より効率的だったりより運用しやすいつくりなど、よりよくするためには日々スキルを磨かなくてはなりません。自分のスキル向上やその時にやりたいことを優先して転職してきました。

「ARや3Dといった技術を身に付けたい」「ユーザーの反応が直接みられるサービスを作りたい」「現場の絡むイベント物をやりたい」など、その時々で挑戦したいことを実現させてきました。クライアント常駐、単身赴任、受託案件、自社開発、通信端末、広告、音楽、ゲームetc・・・業界も領域も、働き方やポジションも様々。営業 + 自分で案件を回さないといけないこともあったり、数十名の開発チームに入って開発に専念することもあれば、開発マネージャーを経験したこともありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーこれまで、どのようなことをきっかけに転職してきたのですか?

同じ組織に留まっていると同じような領域での仕事が多くなり、新しい領域での仕事をしづらくなります。新しい技術や物事に触れる機会が少なくなくなることで、「仕事が単純作業になってきたな」「技術以外で学びや気づきが減ってきたな」と感じるタイミングで転職を考え始めます。

転職することで、自分がリニューアルされたり、すべてリセットされて1から始まるという訳でありません。技術面でいえば、今まで培ってきたものの上にアドオンされるので、知識やスキルが向上していくと思います。環境面でいえば、立ち位置・チーム体制が新しくなります。周りの人も新しくなり、やってきたことや、考え方が違うので、勉強や参考になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーー and factoryに興味をもったポイントは?

前職はベンチャー気質もあり良い会社でしたが、ある程度大きくなった組織でしたので、1つ1つのジャッジに時間がかかったり、1人1人の役割が細分化していて自分の裁量が狭かったりといった窮屈さを感じていました。もう少し裁量のある環境でのびのびと仕事をしたいと転職先を探していたところ、Wantedlyでand factoryを見つけて応募しました。

カジュアルに会社に来てみて、まずオシャレなオフィスがいいなと思いました。

オフィスって、会社の風土や文化がにじみ出るものだと思うんですよ。and factoryはオフィスから、開放的で自由な風土、細部へのこだわりや、プレゼンテーション力の高さやセンスの良さ、フラットにコミュニケーションできる環境があるように感じました。

ーーーーーーーーーーーーーーー and factoryに決めたポイントは?

まず、面接官だったCOO青木の、アツさに魅かれました。事業に対する誠実な姿勢と情熱が溢れていたんです。思い描く未来や、未来のために今やるべきこと対して、アイディアを絞り出しコツコツとやり抜いていることが伝わり、これまでのスキルや経験を活かして面白い仕事ができると感じました。

ジョインするまでに何度かオフィスに行き、青木以外にもキーマンと話をさせてもらいました。ビジネスセンスに長けた人材の多く、市場をしっかり分析把握したうえで大手企業では取り組まない隙間や手法などを見出し、地に足を付けて自分たちの勝ち筋を確立していると感じました。これまでは自分のスキルを磨くことを目的に転職してきましたが、and factoryに対しては「会社の成長・事業の成功にコミットしたい!」と感じ入社を決めました。

ーーーーーーーーーーーーーーー今はどのような仕事に携わっていますか?

飯村、栗原と一緒に、2018年始ローンチを目指す新規サービスの開発に取り組んでいます。ゼロから自分たちで決めていかなくてはいけないことも多く、自分としても新しい領域のプロジェクトなので、大変なところもありますが、先にもお話したとおり、そう言った状況を楽しいと感じる性格なのでやり甲斐をもって取り組めています。市場のニーズに応えられる商材だと思うので、成功させたいですね!ローンチ後も運用が必要になりますし、一緒にビジネスを育ててくれるエンジニアが仲間になってくれると嬉しいです。

(ゼロ→イチで新ビジネスを創りたい!という方はぜひこちらの募集をチェック!https://www.wantedly.com/projects/76934)

転職すると、仕事の進め方や信頼関係などに慣れるまでは、窮屈や漠然としたやりづらさを感じることはありますよね。慣れないうちはパフォーマンスが十分にでなかったり、会社にコミットできなかったりしするものです。でも、and factoryは月次締め会ハッピーフライデーなどカジュアルにコミュニケーションが取れる機会があるので、社の雰囲気に慣れるのにもあまり時間がかからないと思いますよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーところで、プライベートでは3人のお子さんのパパですよね!仕事や職場を選ぶにあたって3児の父として考慮するポイントありますか?

3番目の子が生まれてより一層、ライフワークバランスがとれる会社を選ぶようになりました。今は子供が起きている時間に帰宅できています。遅くまで頑張っているメンバーもいますが、それも個々の裁量に任されていると感じます。

あとは、子供たちに恥ずかしくない仕事をしたいですね。やはり家族の存在によって背筋がのびるというか、仕事に真摯に向き合う原動力になっていると思います。そうやって頑張っている結果が子供達にもわかりやすいと良いなと思います。そういう意味では、and factoryがメディアにたくさん取り上げられていることは家族に「父さんの会社だよ」って言いやすいです。

今のプロジェクトがひと段落したら、to C向けのサービスを開発したいdすね。子供達に「これ、父さんがつくったヤツ」って自慢したいですね。次から次と面白いビジネスを創出できる土壌のある会社だからこそ、こんなにワクワクしていられるのだと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

越前谷は、転職回数で言えばいわゆるジョブ・ホッパーとして、転職市場においては異端児的な存在かもしれません。それは言い換えれば、時代に応じて必要なスキルを習得したいという【飽くなき向上心】と、様々な環境の変化に順応できるコミュニケーション力の高さが備わったキャリアビルダーと呼ぶのが適当だと感じます。

そんな彼が選んだのがand facotoryでした。越前谷の【飽くなき向上心】を満たす土壌がand factoryにあるという証拠ではないでしょうか。また越前谷が、単に開発だけではく、ビジネスを創造することに意識を傾けられる思考のエンジニアであることも、急成長を続けるand factoryにマッチした背景であると感じます。

越前谷と一緒にand factoryで新しいビジネスを創りたい!と感じた方は、ぜひお気軽にご連絡ください!

<Androidエンジニア>IoTをもっと身近に感じる未来を創りませんか?→https://www.wantedly.com/projects/76934

andfactory株式会社's job postings
Anonymous
8dec6210 1860 4d01 b498 c1379729d57d?1519810667
3525 470180003043660 1419345902 n
1001487 346355025467815 990077727 n
11999088 129178324096844 7937487114174195567 n
7806bbb0 8b59 4a77 bc34 483e0d61da94?1518589650
14 Likes
Anonymous
8dec6210 1860 4d01 b498 c1379729d57d?1519810667
3525 470180003043660 1419345902 n
1001487 346355025467815 990077727 n
11999088 129178324096844 7937487114174195567 n
7806bbb0 8b59 4a77 bc34 483e0d61da94?1518589650
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon