1
/
5

組織やサービスにとって必要な「健全さ」とは? アンドパッドEMがエンジニアに寄り添う理由

「スピードと品質を重視しすぎて健全さが損なわれることは、あってはならない」そう語るのは、アンドパッドEM(エンジニアリングマネージャー)の土方哲雄さん。現在はQC(品質制御)チームとSOC(内部統制)プロジェクトのマネジメントをしています。一見、地味に思われがちな品質制御や内部統制といった業務を通して彼が目指しているのは、どのような世界なのでしょうか。組織やサービスの「健全さ」に対する思いを聞きました。

土方 哲雄 | Engineering Manager
エンタメ系企業、通信キャリアサービス系企業などを経て、アンドパッドにジョイン。元々はtoCのサービスをメインとしていたが、現実世界の業務の中で起きている問題をシステムで改善したいという気持ちが強くなり、toB SaaSの領域へ。
現在は、エンジニアリングマネージャーとしてアンドパッドのQC(Quality Control)チームを率いるとともに、過去の幅広い知見を生かして採用技術イベントやSOCプロジェクトなどにも携わる。


世の中にある問題をシステムで改善したい。幅広い経験を経てアンドパッドへ

――2020年4月にアンドパッドへ入社されたとのことですが、それ以前の経歴について教えてください。

キャリアのスタートは社内SEです。途中で会社の業務システムに関わる機会があり、Webアプリケーション開発に携わることになりました。そこではサーバーサイドの開発を行っていました。その後さまざまな会社で経験を積み、スマホが普及し始めたタイミングで、顧客に対するサービスレベルをあげていくためにBtoC領域でのフロントエンドの開発へ移行しました。

10年くらい前からマネージャー職にシフトして、今に至ります。マネージャーになったきっかけは、ある程度の年齢になったからというのと、当時運良くポジションが空いていたからです。当時としては自然な成り行きではありましたが、結果として、今はコードを書くよりもマネジメントが向いていると感じています。

――土方さんはコミュニケーション能力が高いなと感じるのですが、若い頃から他者とのやりとりや意志疎通が得意だったのでしょうか。

そんなことはないですよ。変わったきっかけは、「周りの人は、思ったほど私のことを気にしていないんだな」と気づいたときです。それまでは失言を気にして、思ったことをうまく発言できずにいました。でも、格好つけたところであまり意味がないなと気づいたら、仕事に対して積極的に動けるようになり、失敗を恐れなくなりました。

――これまで経験されてきたtoCから、toB領域であるアンドパッドへ入社した理由を教えてください。

デジタルコンテンツを生み出す事業に携わってきましたが、「今後は現実世界の中で起きている課題を、システムで解決したい」という気持ちが強くなったからです。そこで、Vertical SaaS(業界に特化した課題を解決するサービス)であるアンドパッドへ転職しました。

――現在はQCチームのEMとして働かれているのですね。

はい。今は担当チームのマネジメントと同時に、プロジェクト軸でもチームを受け持っています。QCチームの前は、社名変更に関わるプロジェクトを担当していました。このときルールに沿った改修をやりとげた実績が、今の配属に繋がっているのではと感じています。

ほかにもテックブログの運営※1 やSOCプロジェクト※2 も担当しています。

※1 ANDPAD TECH BLOGでは多くの発信を行っています。


※2 参考)プレスリリース:内部統制の保証報告書「SOC1 Type1報告書」を受領




エンジニアの「迷い」を無くすのがEMの役割

――約10年ほどマネジメント職として働くなかで、大切にされていることや意識されていることはありますか?

基本的な考え方として、「EM(エンジニアリングマネージャー)とエンジニアは、上司・部下ではない」と思っています。あくまで役割が違うだけの、フラットな関係性。EMの仕事は、メンバーのパフォーマンスを発揮させるために体制を整えたり、状況をコントロールしたりして、迷いなく業務にあたれる環境を整えることです。

正直、エンジニアとしての能力でいえば、私よりも若い人の方が高いはずです。だからこそ、能力ある若い人たちが集中してワークに取り組めるようにしなければなりません。バックオフィスとの関係性を含め、迷ったり悩んだりしなくていい環境を整えるよう心がけています。

――一般的にイメージされるマネジメント職とは違う、と考えているのですね。

一般的な「営業職のマネジメント」と「エンジニアのマネジメント」は、やや異なると思います。この考え方は、自分が経験した中で嬉しかったことや、嫌だったことを反映しているのかもしれません。マネジメントについては、先輩や上司たちから教えてもらったことを実践している部分が多いですね。

――EMはこういうものだ、と感じた先輩や上司がいらっしゃったんですか?

昔、大規模な障害を経験したことがあるのですが、当時のマネージャーの対応には大きな学びがありました。

障害解消に向けてすぐに調査、対応作業を開始したのですが、原因特定や解消がなかなか進まず、突貫で徹夜作業を進めていたんです。そのときのマネージャーは、帰宅せずに泊まり込みで同席してくれていました。

失敗について叱責されるわけでもなく、静かに寄り添って応援してくれ、とても心強かったことを覚えています。その姿を見て、マネージャーはメンバーの失敗を責めるのではなく、自らが責任を持って寄り添うことが大切だと感じました。

もちろん、障害を起こさないよう努力しなければなりませんし、そのための事前準備を怠ってはいけません。でも、起きてしまったことについて責任を持って対応することが、マネージャーとして非常に大切なことだと学びました。

内部統制やセキュリティ面を向上するSOCプロジェクトに参画

――メインのQCチーム以外に、SOCプロジェクトにも関わっていたそうですね。まずはSOCプロジェクトとは何かを教えてください。

SOC(System and Organization Controls)とは、米国公認会計士協会(AICPA)が内部統制報告について定めた3つの枠組みのことで、クラウドサービスに特化した世界で通用するセキュリティ基準となります。今回、弊社のクラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」が受領したのは、3つのうちのひとつ「SOC1 Type1報告書」となります。

これは、企業が「財務報告に関連する業務」を外部に委託している場合、その受託会社の内部統制について、監査法人又は公認会計士が第三者の立場から客観的に検証した結果を記載した報告書です。つまり、「ANDPAD」が財務諸表を取り扱うクラウドサービスとして、世界的なセキュリティ基準を満たしていることが認められたということになります。

私はアンドパッドの内部統制やセキュリティ面を向上するSOCプロジェクトに、2021年7月からジョインしました。

――なぜ土方さんが途中から参加することになったのでしょうか?

この業務では、専門外の方々とのやりとりが多く、第三者にうまく伝える能力も求められます。関係者も多く、調整力が問われるプロジェクトです。

参画時にSOC1基準に則った社内規程は既に作成されている状態でしたが、その規定に沿った運用がされているかどうか、証跡となる文書ややり取りが必要でした。

またSlack、Confluence、GitHub、AWSマネジメントコンソールなど社内で使っているシステムを徹底的に洗って、マッチするやり取りや記録を探して提出資料を作成しなければいけませんでした。

規約の記載内容の意図を汲んで、本質的にどういった内容のドキュメントが必要であるかの判断をしなければならない点は、非常に難しいポイントです。これまで培った開発フローの知見やルールの読解力、あとは社内SE時代に承認系を取得した経験が生かされました。

現在は一段落した状態ですが、SOCにはまだ他にも枠組みがあります。今後も、世界的なセキュリティ基準を満たすクラウドサービスとして、さらなるセキュリティ向上を目指して次のマイルストーンに向けて活動を継続します。

テスト=品質管理ではない。品質を「保証」するのでも「管理」するのでもなく、「制御」していくチームにする

――土方さんがメインで受け持っている「QCチーム」は、具体的にどのような業務を行っているのでしょうか?

このチームは2021年4月に立ち上がり、私は10月からEMとしてジョインしています。

我々はQuality Assurance(品質保証)ではなく、Quality Control(品質制御)を行うチームです。もしかすると「なぜQAではなくQCなのか?」と疑問に思う人がいるかもしれませんね。

アンドパッドでは、「アンドパッドにおける品質とは何なのか?」「品質を向上するために何が必要なのか?」をソフトウェアエンジニアと共に考え、実践しています。そのため、ただテストするだけではなく、品質を向上していくために活動しています。したがって、アンドパッドのQAエンジニアは「品質保証」でも「品質管理」でもなく、「品質制御」をするエンジニアとして定義しています。

実際の業務は、開発チームからテスト依頼を受けて実施するだけではありません。各プロダクトチームの仕様定義や設計から関わり、顧客へ適切な価値を届けるための改善、品質制御を行っています。

――一般的なQAのイメージとは、また少し異なるミッションを持ったチームなのですね。

従来の品質管理は「テストして管理して……」というイメージですよね。でも、それだけでは本当の改善とは言えません。品質管理にテストは必要ですが、「ただテストして終わり」ではダメなんです。

――今後、QCチームをどんな組織にしていきたいと考えていますか。

品質制御や内部統制は、開発エンジニアからすると「面倒なもの」と捉えられがちです。でも本当は面倒なものではなく、健全さを保つためにあります。だからこそ、みんなで取り組むことでより良い事業、開発ができるようにしなければなりません。その点が共通認識となっている組織を作っていきたいですね。

ここまで品質に力を入れている会社は、あまりないと思います。アンドパッドは組織として品質に力を入れているので、QCとしてやりがいを感じられるはずです。

建設や建築の業界は規模が大きいですし、古くからある業界なので特有の課題も多いです。システムで問題を解決しようにも、数年で終わるレベルではありません。そのような中で品質を改善していくのは、大変かつ重要なミッションです。

だからこそ我々のチームは、面倒なことを下支えし、巻き取り、エンジニア組織の文化となれるよう日々努力していかなければならない、と思っています。

――なるほど。ほかに今後の目標があれば教えてください。

「スーパーテスター」と「自動化テスト推進」、2チーム体制を目指したいですね。もしくは、各チームにQCエンジニアがアサインできるようになればいいなと思います。

アンドパッドとしても、QC組織としても、今は成長の真っ只中です。アンドパッドにおける品質制御が業界の新たなスタンダードとなることを目指しています。

スピード感、品質とともに「健全さ」を重視する組織へ

――土方さんはSOC(内部統制)とQC(品質制御)に関わっていますよね。両者に共通することは何でしょうか。

「健全」だと思います。

品質制御においては、お客様へ提供する価値を高めるために品質向上を目指しつつ、同時に品質の低下を防がなければなりません。そのためには要求仕様や設計、日程に齟齬やリスクがなく、開発チームが健全な状態であることが必要です。その状態を維持できるよう状況を制御していくことがQCチームのミッションとなります。

一方で内部統制は、事業と開発が適切な意思決定のもと、適切な記録を残して進行していることをコントロールするためのものです。事業と開発がともに健全さを保った上で進行していけるよう、ルール作りや運用を進めています。

――アンドパッドがそれらを大切にしているのは、なぜでしょうか?

アンドパッドは急成長の真っ只中にあり、事業展開においても開発においてもスピード感が求められています。同時に、品質も損なわないよう進めていかなければなりません。しかし、スピードと品質を重視しすぎることで健全さが損なわれることは、あってはならないと思います。

健全さを保つことで、疲弊することなく急成長の先にある世界へ到達し、さらに新たな成長を目指していくことができるだろうと考えています。

テストをして品質を守ることや、ガイドラインやルールを守ることは、一見、地味で堅苦しく、開発者にとっては面倒な事柄です。「大きな声では言えないけれど、そこに時間をかけるよりも新しい機能開発をどんどん進めたい!そのほうがユーザーのためでもある」と思うエンジニアもいるかもしれません。

しかし、組織にとってもプロダクトにとっても、そしてユーザーにとっても、セキュリティや品質は非常に大切な事柄です。一つのセキュリティリスクが企業に大きな損害を与えることもあります。

だからこそ、かつてのマネージャーが私にしてくれたように、プロダクト開発をするエンジニアに寄り添って、その意識を高めていく応援をすることが、EMである自分の責務だと考えています。

――組織やサービスの健全さを保つことは、一人ではできないということですね。お話ありがとうございました!

アンドパッドでは、 1つのアプリで課題を解決するのではなく複数のアプリを展開することで、建築・建設業界全体の生産性を改善するプラットフォーム化の実現を目指して開発を進めています。

急成長するサービスと比例して開発チームも日々増え続けています。社会で現実に起きている課題を自分の手で解決したいと思うエンジニアの方、ぜひご応募お待ちしています!

株式会社アンドパッドでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング