ペット共生型障がい者グループホーム わおん

保護犬・保護猫と暮らす障がい者グループホーム「わおん」

株式会社アニスピホールディングスが展開する、"障がい者グループホーム「わおん」"は、保護犬・保護猫と暮らすグループホームです。ペットケア設備と専門知識を持つスタッフによって実現した日本初のサービスで、「わおん」のグループホームができるごとに、殺処分される犬猫の命が救われます。また、元々ペットを飼っていた方が、一緒に入居することも可能です。

そもそも障がい者グループホームとは?

障がい者グループホームとは、平成元年に制度化されたもので、都道府県知事により「障がい者総合支援法」に基づく「共同生活援助」の事業所指定を受けて、障がい者の方に福祉サービスを提供するものです。わかりやすく表現すると、「障がい者向けの支援付きシェアハウス」といったところでしょうか。

わおんの入居対象者は?

「わおん」では、軽度の「知的障害」「精神障害」「身体障害」「発達障害」を持った方を入居対象としています。(詳しくはお問い合わせください!

わおんで引き取ったワンコたち

「わおん」では、殺処分される保護犬・保護猫を引き取り、グループホームで障がい者の方たちと一緒に暮らします。

「わおん」で引き取った保護犬や保護猫も、人間の身勝手な都合による悲しい過去を持った子たちばかりですが、わおんファミリーとして迎えられた現在は、入居者により大切に育てられています。あたたかいお家でたくさん遊んで、お腹いっぱいご飯を食べて、幸せいっぱいに暮らしています。

動物が人間にもたらす効果

また、動物たちと一緒に生活することで、動物介在活動(動物とふれあうことによる情緒的な安定、レクリエーション・QOLの向上等を主な目的としたふれあい活動)によって、入居者の方々のQOL(生活の質)の向上も期待できます。

実際に「わおん」入居者の方々からも

「帰宅した時にわんちゃんが出迎えてくれると癒される」
「わおんに入居してから発作が起きづらくなった」
「犬の散歩に行くと、地域の人と犬友達になったり話すきっかけができる」

といった前向きな言葉をたくさんいただいています。


私たちアニスピホールディングスは、

「人間福祉と動物福祉の追求(人間もハッピー、動物もハッピー)」

を企業理念として、障がい者の方たちが安心して暮らせる場所の提供と、犬猫の殺処分減少に事業で取り組んでいます。

株式会社アニスピホールディングス's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more