Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(25)

なにをやっているのか

■AnyPay株式会社について
アトランティス、Gunosyを立ち上げ成功に導いてきたシリアルアントレプレナーである代表の木村が2016年6月に設立。「テクノロジーに包まれた社会を実現する」をミッションに、スマートフォンやPCで「誰でも、どこでも、いつでも簡単に、販売・支払いが出来る」オンライン決済サービスAnyPay(https://anypay.jp)と毎日が楽しくなる割り勘アプリ「paymo(https://paymo.life)」を提供しています。

■オンライン決済サービス AnyPay(エニーペイ)とは
「AnyPay」は、ECサイトのない小規模な事業者の方にも、簡便にクレジットカード決済が導入できるプラットフォームです。結婚式の2次会参加費の集金やカフェでの英会話レッスン費用の集金など、今まで現金でしか集金できなかったサービスにクレジットカード払いが利用できるようになります。

■割り勘アプリ paymo(ペイモ)とは
友だちとスマホでかんたんに割り勘することができるアプリです(iOS/Android)。飲み会や食事会・ランチ・女子会などでお支払いの時に友だち同士で使うことができます。手元に現金がなくても、面倒な手続きなしにダウンロードからすぐに使え、いつでも・どこでもアプリから気軽にお支払いができます。
iOS:https://goo.gl/lRaZtu
Android:https://goo.gl/oYfZnl

なぜやるのか

私たちのミッションは、テクノロジーに包まれた社会を実現し、日本の支払いを便利に・楽しくすることです。人びとの生活の一部になるようなサービスを一緒に作り、育てていく仲間を募集しています。

▼理念
1. 社会、消費者の代弁者として行動する
2.社会の効率化の為に行動する
3.テクノロジーと生活を融合させる

▼背景
インターネットを中心とした電子決済分野で日本は非常に遅れを取っております。紙や硬貨以外のキャッシュレス決済の割合では日本は20%であり、先進国であるスウェーデン(80%) やアメリカ (55%)と比較しても、2017年現在でも非常に多くの取引を現金で行っていることが分かります。

中国では2016年時点で電子決済で1500兆もの取引高が発生しており、それを支えるのがAlipayやWeChat Payといったインターネットをベースとした企業です。中国の深センを代表とする一部地域では、ECサイトから屋台での支払い、お年玉もスマートフォンを通じて行い、現金を使うシーンは殆どありません。

私たちは、自然と人々の生活の一部に溶け込むようなサービス、それでいて当然お金に関わる安心感は担保したサービスを作ることを目指しています。

どうやっているのか

シリアルアントレプレナーの木村新司が代表をつとめ、その他まだ21人の小さな会社ですがサービスを本気で拡大しています。メンバーも外資系コンサルティング会社、大手広告代理店、スタートアップ企業出身など、各業界の少数精鋭なプロフェッショナルなメンバーが日々事業推進しております。

事業の目標を達成するために、それぞれが自分の得意領域を生かしながら、何がベストか考える。自分の仕事の成果にプロフェッショナル意識を持ちながら、チームとして協力して働いていくことを楽しめる、そういうメンバーと会社を目指しています。

2017年3月からはオフィスを六本木の東京ミッドタウンに移転し、さらなる事業拡大を予定しています。スタートアップの立ち上げを経験してみたい、会社のカルチャーを自分で作っていきたい、自分でどんどん案を出してサービスを育てていきたい、そんな方には今がとてもおすすめのフェーズです。

ソーシャル

私たちについて

私たちのミッションは、日本の支払いを便利に・楽しくすることです。
人びとの生活の一部になるようなサービスを一緒に作り、育てていく仲間を募集しています。

スペース

AnyPay株式会社's Blog

アルバム

投稿

AnyPay株式会社の募集

もっとみる

地図

東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー8階

関連記事

Page top icon