今回のインターン紹介は一橋大学大学院のYSさんです!
 
Q)葵のインターンに応募した理由は何ですか?
1つは私が経済的な理由で塾に通えなかったことから、当社の理念の1つである「高品質な教育を、圧倒的な低価格で提供する」に共感したからです。
もう1つは私の研究テーマとの関連から、小・中学生の教育に関わりたいと思ったからです。
 
Q)葵のインターンで何をしていますか?
チューターとして、主に①(塾・学校問わず)学習上の質問に答え、課題管理をする ②各生徒専用のチャットで会話しながら信頼関係を築き、モチベーション維持を図る ことが仕事です。
生徒の“成長”を感じる瞬間は多くあり、できないことができるようになる過程に携われること、さらに言えば少しでもそのお手伝いができたと思える時にやりがいを感じます。
一例ですが、今までテスト前に計画的に勉強をしてこなかった生徒が、私と相談しながら立てた勉強スケジュールに沿って勉強を進められているとき、とても嬉しくなりました。
 
Q)将来にどう活かしたいですか?
ここで身につけた「伝達能力」が様々な交渉の場で活かせると考えています。
生徒との応答は往々にして、論理的であるだけでは伝わらなかったり、やる気を削いでしまったりします。これはビジネスの場でも同様で、クライアントへの提案時にロジックがしっかりしていることは前提条件で、その上で相手の気持ちを削がない伝え方が重要だと想像しています。
 

8ff67361 5746 4b74 a822 45b8e07b65a6

Page top icon