夢はでっかく!起業のラストステップに選んだAppre Inc.の魅力とは?【社員インタビュー】

エンジニアインタビュー第二弾は、Appre Inc.の第一号社員であるサーバサイドエンジニアの柴倉さん(通称柴倉くん)です!

第一号社員ということで、まだオフィスに誰もおらず、Wifi環境もなくて、Poket WifiでMacのセットアップしてたら低速になっちゃったよオイという時代に入社。
初めてお会いした時から、鼻息荒く、プロダクトオーナーとして起業するんだ!と語っていたのが印象的でした。

柴倉くんは、エンジニアとしてどんなキャリアを積んできたんですか?

専門学校でC、C#、Javaなどを学びました。とりあえずエンジニアになろう!と思って入学したため、卒業後、エンジニアとしてどんなキャリアがあるのかあまり意識してなかったんですよね。学校に貼られていた求人票をみて、漠然とSIerに就職するものなんだなぁと思っていました。
スーツとか着たくなかったんで、自由度の高そうな会社に就職しました。

なんか、若干人生舐めてますね。

はい。なんとかなるだろうと。
この会社ですぐに案件にアサインされ、ニュースメディアの開発をやらせてもらいました。
正直、学生の時から授業以外でもゴリッゴリにコードを書いてたので、コーディングには自信がありました。
ただ、ある日ふと気づいたんですよ。これ、つまんねぇなって。入社して半年くらいでした。

はぁ。何がつまらなかったですか?

自分が考えたものをすぐに形にできるのがエンジニアリングの面白さじゃないですか。なのでドキュメントの通りに作った物が上長の検収通ったらそれで仕事が終了、みたいな状況がつまんなくなったんですよね。
起業を考えたのはこの時でした。自分が作ったものが売れたら嬉しいじゃないですか。

なので速攻で辞めました!

…採用した人間の顔が見てみたいですね!
まあ、ほどよく人生舐めてないと起業なんて出来ないのかもしれませんが…
SI屋さんを辞めた後は?

はい。それでまずは自社プロダクトを作っている会社に行こう!と思い、不動産のポータルメディアやマッチングサイトを作ってる会社に転職しました。
この会社では新規の自社プロダクトの立ち上げを行いました。BtoCのマッチングだったんで、自分から手を上げて法人営業までやらせてもらいました。これはすごく面白かったですね。自分がイチから作ったプロダクトで初めてマッチングが起きた時には本当に嬉しかったです。

なるほど。成功の原体験ですね。楽しかったでしょう!

はい!ただ、この会社では、プロダクトを作る楽しさは得られたんですが、また違う勉強が出来ました。
僕はただただ面白いプロダクトが作れれば全員ハッピーになるものだと思っていたんですが、やはり会社は組織として動いている以上、部署同士の向いている方向が違うとチグハグになります。不動産会社ということもあり、かなり営業部の力が強い会社だったんです。
詳しく語ることは避けますが、僕はやっぱりエンジニアなので、エンジニアドリブンで面白いと思えるプロダクトを作っていくべきだし、そういう会社を作りたいとの思いから、この会社を後にしました。

その後紆余曲折あって、Appre Inc.にジョインしました。

Appre Inc.にジョインした理由はなんですか?

起業にあたり、会社立ち上げの経験が圧倒的に足りないのを自覚したので、0→1フェーズというのが一番魅力でした。
この会社でサービスローンチ〜スケーリングを体験したら、どの会社に行くより勉強になるという確信があったのでジョインを決断しました。



では、Appre Inc.の魅力を語ってもらえますか?

チームがフラットというのがとてもいいと思います。一人一人の裁量が大きいので、仕様が決まっているところでも、実装に入った時に「こっちのほうが良くないですか?」とどんどん意見が出せますし、実際によくそれで仕様、デザインが変わります。
全員で走りながら作ってる感がハンパないですね。

あとインフラやライブラリの選定、開発フローに関することはもちろん、社内ルールや採用、机の配置に至るまで意見がすぐ取り入れられるのが良いと思います。
会社ってこういう風に出来ていくんだ、っていう。
リアルタイムに色々と作ってる感がヤバいですね。働く人ももずいぶん増えましたしね。

転職時に狙った通り、といった所でしょうか。
今後の目標を聞かせてもらえますか?

もちろんプロダクトオーナーになる!という目標は変わっていないんですが、起業というのもいろいろな形があるだろうな、と思ってきました。
自分が考えたサービスが伸びれば、別に自分が社長じゃなくても良いかもな、とか。

とにかく今、形がないものを早く規定して、その伸びを感じることが今の目標です。30歳までに。
そういう意味では、このアプリを使う人をたくさん獲得することも凄いと感じると思いますが、
今7人の会社が、500人くらいの会社になったら、もっとその「凄さ」を体験出来るかなぁとも思います。

最後に、転職を考えているエンジニアに向けて一言お願いします。

人生つまんないと思っている人、来てください。この会社なら、面白く出来ますよ。

人生舐めてる割に、話す言葉は真面目な柴倉さんでした!(一応フォロー)

Appre Inc.では一緒に突っ走れる仲間を募集中です!

Appre inc.'s job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more