This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

大学研究員からベンチャー転職の第二新卒プログラマーが語る、地方からのキャリア形成|アラタナ田中翔太インタビュー

田中さんは、入社する前は大学で研究員をされていたと聞いたのですが、どういった経緯でアラタナに入社されたのでしょうか?

 大学院を卒業後、九州工業大学で研究員をしていたのですが、半年経って任期が終わるタイミングで就職活動をしたんです。主に東京の企業を探していたんですけど、東京の新卒採用イベントでアラタナに出会い、話を聞いていいなと思ったのがきっかけですね。

そういう意味だと、第二新卒での就職活動だったのですね。どうしてアラタナをいいなと思ったのでしょうか。

 東京の採用イベントなのに、一社だけ九州の企業が参加していて、それがアラタナだったんです。IT系の企業で働くのなら、都心や福岡というのが自分のイメージだったんですけど、地方創生×ITという領域で展開していくという想いを聞いたときに、自分も地方でがんばってみたいと思いました。自分が九州の長崎出身というのもあるかもしれません。

IT企業も色々とあると思うのですが、WEB系の企業でプログラマーとして働こうと思ったのはどうしてですか?

 自分は”モノを作り出す”ということが好きなので、最初から手を動かす仕事をしたいと考えていました。自分が考えたアイデアをそのままかたちにできることが、プログラマーという仕事の楽しさだと思っています。

田中さんの仕事について教えてください。どのような仕事をしているのでしょうか。

 実際の仕事は大きく3つあります。  一つ目は、「こういう機能を作ってください」という依頼に対してプログラムを書くという、プログラマーの仕事です。  二つ目が運用保守。お客様からの問い合わせによってバグが見つかったときに、それらの対応を管理し、手を動かす他にエンジニアにタスクとしてふっていく仕事です。   三つ目はデータ抽出です。お客様からの「こういうデータを見たい」といった要望に沿って、データを抽出してリストにしたり、それを集計したりしています。  殆どがその3つですね。あとは後輩や新しく入ったメンバーに色々教えたりしています。

プログラムを書くだけでなく、色々な仕事をされているんですね。

 そうですね。守備範囲が広いと言ってもらえることもあります。他にも、担当者が休みのときはリリース作業をすることもあります。タスクや進捗管理などのマネジメント的な役割を担っている部分もありますね。ECテクノロジー事業部でも色々やっているほうだと思います。  この会社では「もっとこれもやってみて」というように、自分たちみたいに入ったばかりのメンバーでも色々任せてもらえるんです。それがスキルアップにつながっていると思います。

プログラマーにとって、アラタナの働く環境はどうでしょうか?

 自分は毎週水曜に勉強会をやっているんですが、どの会議室でも自由に使えますし、勉強会で必要なサーバーやPCを会社が準備してくれたりもします。なので、スキルを伸ばす環境が整っているなと。  あとは、社外の勉強会に行くときに補助が出ることもあって、助かりますね。自分たちのような地方にいるエンジニアは、自分で情報や知識を取りに行かないと入ってこないんです。自分の場合は、SNSで知り合いのエンジニアの方がシェアしていたイベントを見て、自分も行きたいと思い、上長に相談してみたら「行っていいんじゃない?」と言われたので、すぐ会社に申請しました。

スキルアップに関して、他にどういったことがありますか?

 新しい言語を習得したい人たちは自分で動いていますね。勉強した言語について勉強会を開催したりしています。仕事では使っていない言語や技術でも、新しいものを取り入れる動きは盛んにやっていますね。  社内ツールをつくるときは新しい言語を使っていて、例えば、事業部内で使用するリリースカレンダーを作った人もいました。Backlog(プロジェクト管理ツール)から情報をとってきて、それを「締切はここまで」というように、カレンダーにして表示しているんです。  エンジニアって、自分たちがいかに楽するか?というのが目標なところがあって。習得した技術が業務以外のところにも使えるというのがエンジニアのいいところなので、自分たちにとって便利なツールは自分たちで作っています。

仕事で大変だなと思うことはどういうところでしょうか?

 自分が扱っているサイトはシステムの規模が大きいので、全体を俯瞰して、網羅的に理解するのが大変ですね。自分たちが作った機能は大きなサイトの一部なんですけど、そこだけを知っていても意味がなくて、システム全体を見る力が必要なんです。例えばAの機能があって、それに関連するBの機能を作るときに、Bだけ完璧に作っても、Aと合わせたらバグが出る、など、AがわかっていないとBもうまくいかないとなってしまいます。  また、既存のシステムを作り直すような場面では、他社のエンジニアが書いたソースコードを読み解いて、自分たちのカスタマイズを入れていく必要があります。そういった全体を理解するために常にインプットし続けないといけないのが大変ですね。

仕事で面白いなと思うのはどういうところでしょうか?

 プログラマーってお客様と話すイメージはなかったんですけど、この会社だと実際にお客様のオフィスまで出張して、細かな要件についてはプログラマーも参加しながら話し合いをする場面も多くて。自分も何回かお客様のもとへ行ったのですが、そこは他社とは違うプログラマーの姿なのかなと。  顧客折衝の第一線の人たちに混じって一緒に話せるというのはいいですね。単に言われたことを整理して納品していくという流れではないんです。「こういう機能を追加したいんですけど、技術的に可能ですか?」と訊かれて「それはこういう理由で可能です」と答えたり。話し合いに参加して自分も意見を言えるのがいいですね。

入社してから一年少し経ちましたが、今後はどんな仕事をやってみたいですか?

 自分は”データサイエンティスト”になりたいです。そういう職種の方がこの会社にはいないんですよね。その第一人者になりたいなと思っています。 ”データサイエンティスト”は今後一番仕事が増えると言われていて、自分で作るし、解析もするし、そのデータを見せながらお客様と話すこともできる、エンジニアとマーケッターを掛け合わせた職種と言えるかもしれません。そのためにはエンジニアとして技術力も必要だし、マーケティングスキルも必要だし、お客さんに論理的に説明できる力も大事になってきます。  実際に、そういう人材になりたいと上長に話してみたら、そのためのアクションも既に起きていて、少しずつですけど動き出しています。そういうチャンスを与えてくれるところもいいですね。

最後に、いまアラタナへの入社を考えている方に一言メッセージをお願いします。

”知ること”が大事ですね。会社がどういうビジネスをしてどのように売上を上げているのか、どういう人たちが働いているのか、何の言語を使って、どういう技術で開発しているのかなど、まずはその会社を”知ること”が大事だと思っています。 情報を自分で取りに行ってほしいし、何も知らないままに入社してほしくはないですね。この会社のことをよく知った上で興味を持ってもらえたのなら、ぜひ入社していただきたいなと思います。

株式会社アラタナでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
9d080da7 fc96 4534 83ed 8f20ddf36010
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Picture?height=40&width=40
713de164 a40c 4132 9b37 ff1fad43b96c?1508256162
4 いいね!
Anonymous
9d080da7 fc96 4534 83ed 8f20ddf36010
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Picture?height=40&width=40
713de164 a40c 4132 9b37 ff1fad43b96c?1508256162
4 いいね!

ココロオドル瞬間

私がこのシゴトでココロオドッている理由

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon