This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

抜群のホスピタリティでアラタナを支える敏腕ディレクター

◆小杉和也◆ カゴラボ事業部 開発グループ ディレクター

2013年4月新卒入社。入社当時は営業メンバーとして奮闘するも、その適性を見抜かれディレクターに転向。ディレクターとは思えない柔らかな物腰とベビーフェイスでメンバーを惑わすアラタナの癒やし担当。

小杉さんは入社当初、営業をされていたのですね。現在はディレクターとしてご活躍されてますが、配属された当初は大変でしたか?

覚えることが多いという点では大変だったかもしれませんが、それ以上に「楽しい!」という気持ちのほうが上回ってたのでそんな気持ちはなかったかもしれないですね。 ディレクターって、いわば会社の中では「潤滑油」のような役割だと思っています。社内外含めてたくさんのメンバーと関わることが多くて、色んな意見を取り入れたり、調整したり、時には衝突し合ったりっていう場面が出てくるわけなんですけど、それを苦だとは思ってないですね。むしろ「どうすればみんなの仕事がしやすくなるか?」「どうすれば早く帰れるか?」ということを常々考えているので、「キツイ」とか「大変」とかいう前に、日々精進だな、まだまだ勉強しなきゃなって思わされるばかりです。

では、そんなディレクターのお仕事内容について聞かせてください。

仕事内容は細かく分けると、案件の進捗管理や新規案件の個別見積り、社内での要件相談対応、社内資料整備、社内業務フロー整理などなど多岐に渡ります。総括すると社内のスタッフがスムーズに仕事ができるように最善をつくすポジションですかね。最近では営業さんとタッグを組んで、受注前の要件定義や顧客折衝もやらせていただいているんですが、そこまで踏み込むとなると責任も大きいので、結構やりがいも感じています。 同じチームのメンバーを見ていると、わりと人当たりがいいというか、とっつきやすいというか。話しかけやすい、柔らかいイメージのメンバーが集まっているような感じなので、おそらくアラタナのディレクターってホスピタリティを持って、社内外のみなさんとお付き合いする、くらいの感覚のお仕事なのかもしれないです。

最後に、これから入社を考えていらっしゃる方にメッセージをお願いします。

ディレクターというポジションはその仕事柄、必要となる知識が多岐に渡ります。だからこそ常に勉強をしないと追いつかないし、正直それを楽しい・面白いと思える人でないと続かないと思います。ただ、その分メンバーやお客さまから「やるじゃん」と言われたときには感動もひとしおです。何より、アラタナの「潤滑油」になりたいといった方にはおすすめですし、そういった方にぜひ来ていただきたいなと思っています。

株式会社アラタナでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
14055048 1357117067650672 1721834783338808149 n
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
2 いいね!
Anonymous
14055048 1357117067650672 1721834783338808149 n
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
2 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon