興味を持ったらとにかく前のめり!アラタナを創業期から支える異色のガテン系デザイナー

岩切さんは社会に出て働き始めた頃はデザイナーではなかったそうですね。

高校を卒業してから5年くらい土木作業員をしてました。下水道作ったり、工場の基礎を作ったり、解体をやったりと。例えば数メートルくらい「ドドドドドッ」て音がする機械で穴を掘って、マンホールを入れて、そこから下水道のパイプを通していく仕事とかですね。それがめちゃくちゃ面白かったんですよね。自分たちの生活の基盤であるインフラ作るのって凄くないですか?(笑)今でも、その当時の道を通るとき「おー、ここまだキレイやん」と嬉しくなったりしますね。

ガテン系だったようには全然見えませんが、そこからどうしてデザイナーになったのですか?

土木の仕事をしながら、スケボーにハマっていたんですけど、当時仲間内で「スケボーの雑誌を作ってみよう」という話になって。すぐにカメラやパソコンを準備して、何もわからない状態から始めてみたんです。自分たちがスケボーしているところを写真に撮って、Wordやペイントで文字を入れたり、自分の書いたグラフィックを写真と重ねてみたりして。でき上がったものを印刷した瞬間に「自分でもこんなのができるんだ!」と思って、それから僕はどんどんパソコンを好きになっていきました。結局色々あってその雑誌は作らなかったんですが(笑)、それからクラブイベントのポスターとか、色々なデザインをお願いをされるようになりました。

どのようなきっかけでアラタナと出会ったのでしょうか?

デザインで色々と遊んでるうちに、紙でのデザインや静止画じゃつまらなくなってきたんです。「次は動画だ」と思ったので、スケボーの動画を作るためにビデオカメラを買いました。動画を撮って編集して、好きな音楽を入れてというのがもの凄く面白くて。その頃、クラブイベントで音楽や雰囲気に合わせて映像を流す、VJの話を聞いて、「クラブで映像とか絶対モテるじゃん」って思って、すぐにVJを始めました(笑)。 VJをやり始めた頃クラブで偶然出会ったのが、アラタナ創業前の濱渦さん(現アラタナ取締役会長)でした。ちょうどその頃、プログラミングとかWEB系に興味があったので、色々話をする中で意気投合して仲良くなりました。そこから色々あって濱渦さんがアラタナを立ち上げて、創業から半年くらいしたときに「一緒にやろうよ」と誘われるかたちで入社しました。

創業当初のアラタナはどのような感じでしたか?

その頃、僕は紙のデザインは作ったことがあったのですが、WEBのデザインはあまり作ったことがなくて、どういうふうに作ったら良いか分からなかったんです。「ここの色はこうだから真似してみようかな」とか、最初は色んなサイトの真似をしたりなど、独学で勉強してました。 それに、当時はメンバーも4〜5人くらいだったので、サイト制作の一から十までをそのメンバーでやっていたんです。デザインができたら、次はそれをコーディングしないといけない。でも僕はその頃コーディングの知識なんてなくて「HTML、CSS、なんじゃそりゃ?」という状態だったのですが、当時の師匠にみっちり教えてもらいコーディングもぼちぼちできるようになりました。他にも、サーバーの設定からプログラムをインストールするところとか、インフラ系の仕事もやらせてもらったり、色んなことを経験させてもらえましたね。 それから約10年経つので、その間も色々ありましたが...、話し出すと止まらないので、ここからの話は飲みにでも行ってからということで(笑)。

今はどんなお仕事をされているのですか?

最近は、ECサイトのデザインや、他のメンバーがコーディングしたもののデザイン面のレビューだったりをしています。以前に比べるとクライアントの規模が大きいので、そういう意味では今までと全然違う感じもありますが、アラタナがやるべきこととしては、やっぱりECで売る為のデザインを作ること、そしてクライアントとその先のカスタマーの満足度を上げていくことなので、そこは変わっていないと思います。 仕事でやりがいを感じるのは、やっぱりデザインが変わったことでECサイトの売上につながったときですね。結果が見えたときにやっと「よかった」と思えるんです。リリース前までは、僕達とお客様としっかり確認しあって案件を進めますが、それが逆にデザインを主観的にしすぎている可能性もあります。案件にかかわっていない社内の人間をレビューに加えたりしながら第三者的に確認したりもして、サイトをリリースします。最終的に「売上げ」として成果が見えるのが一番のやりがいですね。

休日はどのように過ごしていますか?

最近は子供と過ごす時間が大半ですが、隙さえあれば、すぐに海や川へ釣りに行きます! もう釣り好きにとって宮崎はパラダイスですよ!住んでいる場所から車で10分ほど走れば港や河川があるので、本当にすぐにいけますし。港や河川以外に、宮崎はやはりサーフ(砂浜)がいっぱいあるので、青物、キス、ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュ、そして何と言っても釣り好きな人なら、一度は宮崎でオオニベを釣ってほしいですね。最大で200cmくらいに成長するような、大きいやつが釣れるんです。 そのオオニベを狙いに、70代くらいの方が関東から遠征に来たり、それを釣るために移住してきた人もいたりして、幻のオオニベと呼ばれてますね。最近は当たり年って言われていて、まあまあ釣れるんですが。 あと、海も近いけど、会社も近いので通勤の時間が短いんです。なので、終業後に帰ってからサクッと釣りに行けちゃうというのが一番のメリットですね。 今は冬だからあまり行っていないんですけど、暖かくなると早朝釣りに行って出社したりしてます。ユニークな朝活「エクストリーム出社」として新聞社に特集を組んで頂いたこともあります! もう毎日釣具を背負って出社したいです(笑)。

今後やってみたいことがあれば教えてください。

「おれこんなん作ってるんやでー!」みたいに、デザインや技術をみんなでドヤ顔で語り合いたいですね。デザインやプログラミング以外にも電子工作とか、ちょっとしたIOTを作ってみるとか、何かモノづくりをみんなでワイワイやりたいです。例えば会社のエントランス入ってきたところに人感センサーをつけて、プロジェクターからから「おはよう」「おつかれさま」って映像や効果音を出したりだとか、忙しい人の席のランプが赤く光ったりとか、色々面白いことを考えて、遊びたいから、エンジニアの技術も学びたいと思っています。

最後に、これからどんな人と仕事をしてみたいか教えてください。

何にでも興味を持って、仕事やプライベートに関係なく何でも「やろうよ!」って言ってくれるような前のめりな人、僕たちをアツくさせてくれる人と会いたいな、一緒に遊びたいなと思います。ぜひ一緒に切磋琢磨していけるといいですね!

株式会社アラタナ's job postings
Anonymous
1b78ac2d b711 4d88 8264 d2a30fab7f18
14055048 1357117067650672 1721834783338808149 n
82f4753f da74 4207 89c9 bc65530ee070
22528168 2193898737302229 8385961046901591979 n
Picture?1522981672
7 Likes
Anonymous
1b78ac2d b711 4d88 8264 d2a30fab7f18
14055048 1357117067650672 1721834783338808149 n
82f4753f da74 4207 89c9 bc65530ee070
22528168 2193898737302229 8385961046901591979 n
Picture?1522981672
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon