農学部からITの世界へ!未経験から成長し続けるアラタナの新卒女性エンジニア

~志賀 綾乃~ 

ECマーケティング事業本部 カゴラボ事業部 開発グループ エンジニア

宮崎大学農学部 卒業

志賀さんは2016年に新卒でアラタナへ入社しましたが、学生時代は何をしていましたか?

 勉強やバイトなど他の学生と特に変わらない大学生活を送っていましたが、一番楽しかったのはサークル活動ですね。農学部だったので、農業サークルに所属し、野菜などを育てていました。自分たちで育てた枝豆をおつまみに飲み会を開いたりして楽しかったです(笑)。また、宮崎大学には宮大チャレンジプログラムという、学生の挑戦を大学側が支援してくれる取り組みがあるのですが、その制度を使ってサークルみんなでプロジェクトを企画し、大学近くの小学校の子供たちと一緒に芋ほりをするイベントを開催したりもしていました。

就職活動はどのように進めていましたか?

 本格的に動き始めたのは大学3年生の1月くらいからですね。でも、大学3年生の10月くらいからインターンには参加していました。「自分が何をしたいのか?」「どこに行きたいのか?」などもこの頃はまだ決まっていなかったので、まずは自分の興味があることを見つけるために、いろいろな企業でインターンをしていました。農学部に関係するところだと花屋とか、全く関係ないところだと車屋とか。職種はバラバラでしたね。  私は山口出身なのですが、絶対に山口に帰りたいと考えていたわけではないので、就職活動も地域を絞っていませんでした。でも、今考えると、山口・九州辺りの企業ばかりでしたね。山口出身といっても下関なので九州にとても近いですし、大学進学と同時に宮崎に住み始めたので、自然とそうなっていたんだと思います。だから、宮崎で就職することに対しても不安はありませんでした。

どのようなきっかけでアラタナと出会ったのですか?

 就活イベントで初めて知りました。アラタナの人事担当者の話を聞いて「面白そうだな」と思ったのがきっかけです。イベントが終わった後に「インターンできますか?」と自分から聞いて申し込みました。それまでアラタナのこともIT業界のことも全然知らなくて、IT系の知識はまったくのゼロでしたが、とりあえず飛び込んでみようと思ったんです(笑)。「簡単なゲームを作ってみる」という内容の技術系のインターンだったのですが、もちろん私はそれまでプログラムを組んだ経験なんてなく、すべてが初めての体験で新鮮でした。もともと知識がなかったからこそ、良い意味でギャップを感じず、単純に楽しむことができたのだと思います。  その後も業種を絞らずいろんな企業を見ましたが、一番行きたいと思ったのはアラタナでした。なので、選考を受けて内定が出た時はとても嬉しかったです!「なぜ一番行きたかったのか?」と聞かれると答えるのはなかなか難しいですが…直感ですかね(笑)。アラタナという会社にも惹かれましたし、IT業界も楽しそうだなと思ったので。正直、もうちょっと就活を続けた方がいいのかな…とも少し悩みましたが、やはり「行きたい!」という自分の想いを一番大事にしたかったので、アラタナに入社することに決めました。最初から技術職を希望していたので「技術職」に対する不安はありませんでした。未経験の分野でしたし、何をやるのか具体的にはわかっていませんでしたが、それでも「やってみたい!」と思いました。

今はどんな仕事をしていますか?

 ECサイトの構築や運用における開発業務を担当しています。新卒で入社したメンバーはバックエンドかフロントエンドかまだ決まっていないので、今はどちらにも携わっていて、そのおかげでいろいろな仕事にチャレンジできています。上司としては、しっかりと時間をかけて私たちそれぞれの特性を見てくれているのかもしれません。もちろんお客様の案件も担当させていただき、ECサイトのカスタマイズ業務もおこなっています。一つ一つ勉強しながら仕事を進めることもあって、期限通りに終わりそうになく「どうしよう…」と困ったりするときもありますが、そういうときは周りのメンバーが助けてくれるんです。  例えば、先月からずっと取り組んでいたカスタマイズ案件があって、実際に作業している最中は「本当に終わるのかな…」といった不安もあったのですが、周りのメンバーの力も借りながら、先日ようやくやりきることができました。仕事を終えてみると「やっと終わった!」という安心感と共に「やってやった!」という達成感があって、いつも助けてくれるチームのメンバーには本当に感謝しています。  苦労したことと言えば、入社当初は分からないことがありすぎて、「何が分からないのか」を伝えるのに苦労しました。先輩に相談しても「何が分からないかが分からない」と言われて(笑)。そりゃそうですよね、自分でも分からないことが分かっていなかったので、先輩も何を教えたらいいのかわからなかったんです。それでもどうにか一生懸命伝えて周りにも理解してもらえるように努力したのですが、そのおかげで、今こうやって大きいカスタマイズを実装できているのだと思います。私って成長したな~(笑)。

私のここをほめて欲しい!というところがあればどうぞ!

 開発チームの飲み会の幹事を積極的にやっています。先輩に聞いた話ですけど、私が入社するまでは、あまりチームでの飲み会をやっていなかったようなんです。業務に直接関係しているのかは分かりませんが、いつも仕事を一緒にしているメンバーとのコミュニケーションの場を増やすことで、みんながより仕事をしやすい環境づくりができたらいいなと考えています。少なくとも私は飲み会でいろんなメンバーと話すことで、業務中も相談しやすくなりました。例えば、仕様を見ただけですぐに頭の中で設計ができる人、仕様の漏れもすぐに察知できる人、効率化・自動化できるシステムを作っている人など、開発チームのメンバーにはいろんなすごい人たちがいるので、いろんなメンバーと話したり相談したりしながら、私も技術者としてもっと成長していきたいと思っています。

休日はどのように過ごしていますか?

 友達と遊んだり、ドライブしたりしています。滝とか自然を見に行くのが好きですね!宮崎は自然が豊かですし、ドライブには最適です。他には、最近読書をしていることも多いです。遅いと言われるかもしれませんが、社会人になってから自分の語彙力の無さに気付き、勉強しなければ…と危機感を感じ始めたので(笑)。仕事の勉強もあるので、少なくとも毎月2冊は本を読むことが今の目標で、今のところ順調に目標達成しているので「趣味は読書です」と言えるくらい読み込んで語彙力を上げたいです。やっぱり語彙力が低いと、相手に伝えることも相手の言葉を理解することも難しいですからね。

今後チャレンジしてみたいことがあれば教えてください。

 この前、東京で開催されたフロントエンド技術のイベントに参加してきました。抽選制の限られた人しか参加できない人気のイベントだったんですけど、私は抽選に当たって参加することができ、とても刺激を受けました。今は知識が足りず、LTのときにその場で質問もなかなか思いつかなかったので、まずはそういったイベントで思いっきり質問できるように知識を身に着けたいですね。そして、人前で話ができるような力も身に着けて、登壇できるようになりたいなと思っています。そのためにはやはり「勉強」ですね!がんばります!

【先輩からのメッセージ】 入社した頃は普通の大学生だなと思いました。コミュニケーション力はあったのですが、IT業界やプログラミングなどに関する知識やスキルはなかったので、正直、大丈夫かな…と心配でしたね(笑)。でもこの一年で着実に基本技術を習得できていて、自分なりの問題解決に対するアプローチ方法が見えてきたのか、行動に移るまでの時間も短くなりましたね!今後はもっとチャレンジ精神をもって、いろいろな業務を経験し、より多くの知識を身に着けていって欲しいと期待しています。

2016新卒メンバーインタビュー

Vol.1 農学部からITの世界へ!未経験から成長し続けるアラタナの新卒女性エンジニア

Vol.2 PHPとJSと仲良くなれた一年間。WEBとベースを愛するアラタナ最年少エンジニア

Vol.3 大阪大学から縁もゆかりもない宮崎のアラタナへ。ベンチャー×地方に惹かれた理由とは?

Vol.4 「デザインを極めたい!宮崎で働きたい!」を叶えることができたアラタナとの出会い

Vol.5 「採用は人事だけではできない」。元研究者志望の新卒は、採用担当になった1年間で何を学んだのか。

Vol.6 就活掲示板で見つけた衝撃の書き込みに惹かれてアラタナへ。お客様の「なぜ?」に徹底的に答える新卒マーケッター

Vol.7 高専から大学へ。PC好きの新卒バックエンドエンジニア(予定)

株式会社アラタナでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
14055048 1357117067650672 1721834783338808149 n
2 いいね!
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
14055048 1357117067650672 1721834783338808149 n
2 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon