まちづくりの経験からベンチャーへ! 「地方の勝ち方」を考える

株式会社アラタナに入る前

■□■□■会社や大学の出来事■□■□■ 私は大学在学中に「まちづくり」に関わる仕事をしていました。 具体的には商店街で行うイベントの運営や収益事業の管理業務など。

宮崎の商店街はいわゆる「シャッター街」で、店も通行人も少ないという現状があります。そこで人が集まり、その後も街に来るための仕組みづくりを行っていました。

ここでの取り組みの結果としては、 自分のようにイベントを企画する側が街を好きになり、また大学、社会人の垣根を越えた新しいつながりが生まれたことでしょうか。

■□■□■今の会社に入るきっかけと理由■□■□■ 実は会社に入るまでに社長や役員の方と偶然にもお会いしていました。

創業者の2人とは街で行われていたイベントでご一緒させていただいたり、 役員の方からはクラウドファンディングのプロジェクトで支援いただいていたり、など、つながりが生まれていました。

今考えると宮崎という地方ならではの「コミュニティ感」がそれを生んでいたのかもしれません…

そんなことがあり、前述したまちづくりを通して「場所や時間に制約されない」インターネットを使った仕事に興味を持ちました。

商店街のアーケードだけを商圏にしても良いものが売れる可能性は低い、 良いものは良いと評価される場所で勝負することが宮崎の魅力を発信することにつながると考えに至りました。

※私自身Twitterで1500人ほどのフォロワーを持ち、インターネットのやりとりの楽しさを感じていたこともあるかもしれません。

その中でアラタナという会社がアンテナに引っかかり、入社につながりました。

現在

■□■□■今の仕事の内容はどういうものか■□■□■ 現在はマーケティングコンサルタントの仕事に従事しています。

実店舗と一緒で、どんなにいいものを作ったとしても、お店を知ってもらったり、より買い物がしやすくなるような場所にしないと意味がありません。

そこで具体的な集客の施策を考えたり、データ分析に基づく顧客分析、ページデザイン改善テスト等の施策を行うことで「長く愛され続けるお店づくり」のお手伝いをしています。

■□■□■今の仕事の面白さ■□■□■ 結果がダイレクトにわかり、クライアントと一緒に喜びを共有できることだと思います。

分析を通して、実施ことがどこのどんな数字に反映されたか、売り上げにはどう影響したかということがわかります。 自分が考えた施策が良い結果に結びついた時は、クライアントと一緒にガッツポーズですね(笑)

株式会社アラタナについて

■□■□■今働いている会社の特徴について(ルール・仕組み・カルチャーなど)■□■□■ 言いたいことを言える風通しの良さアラタナの素晴らしいところだと思います。

いわゆる「ベンチャー」なので、整備されていない仕組みがまだまだあります。 その仕組みづくりを自分から行いたい!というようなタイプの方にはぴったりの会社だと思います。

…反面、「あれもないこれもない」環境が「キツイ!」と思う人にとっては大変な職場かもしれないですね。

今後どういうことをしていきたいか

私は「作る」ことよりも「共に成長する」ことを中軸において今の仕事に取り組んでいます。

つまり「0→1」のアクションを起こすことについてはまだまだできていない部分があるので、そのためのアクションを仕事の中で起こしていければなぁと思います!

株式会社アラタナ's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon