36歳の私がコンサル業界への転職を決断し、Arinosを選んだ理由

一言で言うと、「ここなら想いが叶えられそう」と思ったからです。

。。。。

と、まとめてみたものの、やはり一言では言い表し切れてない感があるので、

少し広げてお伝えしますね。

前職での経験と出会い

実は、Arinosで4社目になります。

これまで、学習塾の教室長、小売や専門商社での物流担当、そして業務改革を経験してきました。

「どうして、その経歴になったの?」と聞かれることもありますが、自分の中では筋の通った経歴なんです。(ここでは説明を割愛しますが。)


学習塾にて。

前職の学習塾では、小中高生と顔を合わせ、彼らの将来を考える日々を送っておりました。

「彼らがどんな大人になるんだろうな」、「どんな仕事に就くんだろうな」と。

しかしニュースでは「ブラック企業」や「過労死」など、彼らの輝かしい未来と相反する言葉を見聞きすることも少なくなく、

「自分の生徒をこのような世の中に送り出していいのか?いや、彼らが社会に出てくるまでに、少しでもいい世の中に変えておきたい」

と思ったんです。思ってしまったんです。


では、なぜ、「世の中を変えておきたい」なんて大それたことを考えてしまったのか。

それは、それができる職業があることを知っていたからです。


↓ 学習塾のときの写真。たくさんの生徒との出会いがありました。


遡ること数年。

専門商社に勤めていたころ、自社の業務改革プロジェクトに参画することがあり、会社が変わっていく様を体感したことがあったんです。

この業務改革を一緒に進めてくださったのが大手会計系のファームで、パワポの使い方、考えるということ、周りの人との関わり方など、プロジェクトを通して仕事の取組み方を教えていただきました。

いま振り返っても、素晴らしい方々と一緒に仕事をさせてもらえたと感謝しています。

この経験が、自分がコンサルタントになって、一社でも多くの会社を変えていくことができれば、きっと世の中を変えていくことができる、という想いの源になっています。

そんなこんなで、自分の中のコンサルタントへの想いが沸々し始めたのでした。


↓ 業務改革プロジェクト時代の机上。考えるときは赤ペンでの手書きが好きでした。


なぜ、Arinosを選んだのか

理由は、この3つかなと思います。

・代表の古家と社員の人柄の良さ

・業界未経験者もOKな受入れ体制

・自分の経験に合致した業務領域


当時の一次面接では、いきなり代表の古家との面接でした。

とは言え、カフェでお茶しながらお互いの想いを交換する場であったため、変に飾ることなく、自分の経験や想いを話すことができました。

古家の根アカな性格もあってか、学生時代や創業期の大変だったことも明るく笑いにのせて話を聞かせてもらい、「コンサル業界のハードワークも、この人となら一緒に乗り越えられるはず」と、強く感じた記憶があります。

その後、数名の社員との面談を経て、社員も人柄のよい方が集まっている会社だと知りました。

実際、入社後の今も、全社ミーティングや事業部会などで、暫くぶりに同僚と顔を合わすと、なぜか、親戚の集まりみたいな雰囲気になり、とても安心します。(個人の感想です)

業界未経験者も受入れていたり、自分の経験と領域が合致するのもArinosを選んだポイントではありましたが、最大の理由は、代表と社員の人柄が大きかったような気がします。

Arinosへ訪問をご検討中の方へ

コンサルタントという職業に就いてみたい方であれば、業界経験も年齢も関係ありません。

私自身、古家との一次面接をしたのが36歳の時でした。

コンサルタントの経験もありませんでした。

あったのは想いだけです。

想いがあれば、きっとあなたにも活躍の場があります。

会社説明に来られた方の中には、興味レベルだった方も、会社説明や社員との面談を受けて、
興味が想いに変わって、面接に進まれる方もいらっしゃいます。

ぜひ一度、Arinosを訪問してみてください。

お会いできるのを楽しみにお待ちしております。

株式会社Arinos's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings