気がづいたら定時!って思えるくらい熱中できる仕事と熱中している人たちに出会った。

株式会社Arinosに入る前

自由に色々やっていました。芸人やったり作家を目指したり、ラジオのパーソナリティやったり。どれも食べていけずに一旦は就職しますが、当たり前のように給料をもらっている自分の姿に嫌気がさしてました。芸人とかやっていた頃は「収益を生み出す」ために必死になって脳みそを絞り出していましたが、「業務をこなせばお金がもらえる」という感じが自分の中ですごくカッコ悪かったんです。その時に出会ったのがArinosでした(青汁の宣伝みたいですが本当です)。

実際に古家社長やArinosの社員さんと面談した際、こちらが話す内容に対し、すぐに核心をついてくる頭の回転速度、話し方、目力を見て「おっ、いいね。こと人たち」って。恐れながら申し上げましたが…。


浦島太郎現象!!

そうして入社したArinosですが、私はHR事業部という新規事業部にジョインしました。新規事業なのでほとんどゼロからのスタートです。さらに「売上となるものが何になるか」それさえも本当に自分たちが考えて作っていかなければなりません。まだ入社して1週間ですが、「1週間前の神宮よ、もっと考え直してみろよ」と自分自身に言いたいくらい今までの私にとっては無謀な挑戦でした。業務中は収益を生み出すために必死になって脳みそを絞り出しています。気がついたら「うわっ!!定時だ!!」みたいに。私は勝手にこの状態を「浦島太郎現象」と読んでいます。しかし、思い起こすと「収益を生み出すために必死になって脳みそを絞り出す」という行為は、芸人時代にやっていたことと同じです。なので、「そうそう、こんな感じこんな感じ」と思いながら仕事をしています。周りの先輩方が優秀すぎて、ついていくのがやっとですが時間管理をきっちり行って早く「浦島太郎現象」を解消したいですね。


これからやりたいことは?

目標として30歳までに個人で「神宮啓」として企業や人と交渉できるようになりたいです。「神宮さんだからお願いします」みたいに。なので、今のHR事業部を成功させることは、会社的にも個人的にもマストなんです。絶対にHR事業部は成功させます。会社でそんなことを言うと「具体的にどうするの?」と聞かれますが、この場では「気合いと根性で!」と答えておきましょう。


最後に見ている人に向けてメッセージを

株式会社Arinosは本当に優秀な方が多く、有名企業出身でさらに前職でご活躍されていた方ばかり。さらに新卒の方も優秀な方が多い。「田舎の高卒の芸人崩れ」がいられる場所としては現実的にありえないような場所ですが、そんな「田舎の高卒の芸人崩れ」でも受け入れてくれる寛大さがあります。しかし、誰でもというわけではなく、入社するにはご自身のそれなりの覚悟が必要です。でないと私みたいに「浦島太郎現象」になるので。それでも成長したいと思っている方は是非ともArinosへお越しください。ご連絡おまちしております。

株式会社Arinos's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
15894341 1868709150075768 7671242656148206961 n
096c9431 9524 440d 94a0 8682b73b1e78
C7a7a4bf 8295 4db6 b980 0ceabdf92c7d?1508334854
51c3c691 b5e2 4c13 b293 7d49e08f0139?1518158635
5 Like
Anonymous
Picture?height=40&width=40
15894341 1868709150075768 7671242656148206961 n
096c9431 9524 440d 94a0 8682b73b1e78
C7a7a4bf 8295 4db6 b980 0ceabdf92c7d?1508334854
51c3c691 b5e2 4c13 b293 7d49e08f0139?1518158635
5 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon