目的を成し遂げる意思

アールビバン株式会社に入る前

絵にもともとそんなに興味がある訳ではなかった。 しかし、どこかで「これからはメーカーの作る大量の商品には価値はなくなるだろうなあ、、、」とは考えていました。 就活も開始時期になって、少しずつ何かしなきゃと考え、何の気なしに行ったインターンシップフェア。会社紹介で見たアールビバンの“日本の文化を創出する絵の商社”という壮大で摩訶不思議な謳い文句。

「すごく気になる。なんだこの会社は」

これがファーストインプレッションでした。 インターンシップにいざ行くと、そこに待っていたのは壮絶な三日間。苦しかったけれど、自分たちの抱えた問題に心から寄り添ってくれる社員さん。真剣にうんうん頷きながら私たちのプレゼンを聴いて下さる会長、社長。

「こんな会社があるのか。選考に進もう」

選考が進み、最終面接前に立ちはだかったのはビジビリテという極限にまで難易度の高められた課題(詳しくは採用HP URL http://www.artvivant.net/ )。 担当で付いて頂いたメンターの方2人との共同作業で課題に立ち向かう、楽しくも辛い日々。しかしそれを乗り越え、晴れて内定を頂いた時は泣くほど嬉しかったのを覚えています。

現在

多くの周りの人の協力があり、満足度100%で就活を終えることが出来た。 10月1日と2日の内定式で、私は来年4月1日を新入社員としてではなく、即戦力で迎える事を目標にした。 目標を達成する上で第一優先は、絵が売れる状態になる=相手の価値観を変えるほどの情熱の伝え方を手に入れるという事だ。 即戦力になる為、実際に今行っているのは、 ①17卒の採用イベントの場では一社員として、アールビバンとインターンシップの魅力を最大限にして伝える発表者として登壇している。 ②採用チームに志願し、チームとしての力と個人の力を合わせてインターン参加がどれだけ後輩にとって役に立つかを伝えきることで、目標人数を集めている。 ③17卒のみなさんが受けているアールビバンのインターンシップに参加し、自分の糧とし、日常レベルで活かせる事を周りに発信し、実践している。

内定者となり、今後は入社までの期間にどれだけ多くの実践を伴った経験が積めるか、そして情熱を持った伝え方を手に入れる事が出来るかを考え、様々な課題や実践の場を一つ一つこなしていく。 来年4月1日に後悔しないよう、全力で今を駆け抜けています。

今後どういうことをしていきたいか

ズバリ、“3年で一億の売り上げを達成する!” 誰よりもお客様の心豊かな生活に寄り添い、日本に新しい文化をもたらす。

私はこれまで、如何に考え先行で物事をみてきたか、実践をおろそかにしてきたか、人間として貫いた信念が無く生きてきたかがアールビバンの選考を経て実感した。 自分の感情を心から揺さぶる原体験もさしてなく、フラットで平坦な、平均して80%だった生き方は、もうこれからは辞める。

現在から未来にかけてまさに私に必要なのは、最高の成功体験を手に入れて未だ見ぬ景色を見る事。

しかし一方で心の隙間に過去の弱い情けない自分もいる。そんな自分は捨てたと言いつつも、影のように自分の心に忍び込んだそいつは今この瞬間も、

“そんな高い目標出来るの?やめた方が良いんじゃない?”

“今までずっと80%だったのに、これからいきなり100%なんて無理だよ”

絶えず脅しをかけてくる。絶対に負けるわけにはいかない。自分が立てた目標に対して全責任を持ち、周りの協力に感謝しながら突き進む。 3年で1億、これを成し遂げる事が自分を常に温かく見守ってくれる家族、自分を快く受け入れて下さった野澤会長、岩本社長、本気で自分に向き合ってくれた上司、先輩、切磋琢磨しあえる同期への何よりの恩返しにもなるんだ。

アールビバン株式会社's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
D316e121 740d 46db a406 81404b45c03e
2 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
D316e121 740d 46db a406 81404b45c03e
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon